2014年03月25日

環境影響評価準備書に対する各都県知事意見一覧、3月25日

年度末でパニクッている日々なので、落ち着いたらWebページの情報整理をする予定ですが、とりあえず知事意見のリンク一覧としてブログに残します。
3月20日に長野県知事がJR東海社長に手渡したのが最初で、同日山梨県知事も社長に渡したのです、それが二番目でした。
各都県ともに知事意見書は即日ネット公開しました。それほどこの事案は国・地域の死命を制する重要問題だという理解があるのだと感じました。

◇ 東京都 平成26.3.24 「中央新幹線(東京都・名古屋市間)」環境影響評価準備書〔案件番号:法11〕として都知事意見書がアップロードされました。(PDFファイル 54 KB、23ページです)

◇ 神奈川 中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書に対する意見について(掲載日:2014年3月25日 )(PDFファイル 92 KB、14ページ)

◇ 山梨県 事業者に環境影響評価準備書に対する「知事意見」を送付しました(更新日:2014年3月20日)(PDFファイル 1,237 KB、53ページ)

◇ 静岡県 中央新幹線(東京都・名古屋市間)に係る環境影響評価手続情報 平成26年3月25日(知事意見書 PDFファイル 77 KB、23ページ)

◇ 長野県 リニア中央新幹線に関する意見(PDFファイル 403 KB、10ページ)
このページには、意見書に併せてJR東海社長宛に提出された「リニア中央新幹線整備に対する意見」(PDFファイル 220 KB、5ページ)もアップロードされています。

◇ 岐阜県 事業概要・中央新幹線(東京都・名古屋市間)  〇準備書に対する知事意見(PDFファイル、400 KB、12ページ)

◇ 愛知県 中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書【愛知県】に対する知事意見の通知について、(知事意見はPDFファイル 205 KB、6ページ)

3月23日に、「知事意見から垣間見える超電導リニア中央新幹線構想の本質的な問題」 というブログ記事が出ています。環境影響評価とリニア事業実施の関係について読みごたえがあります。環境問題にドシロウトの私でも拝読して見えて来るものがありました。リニア推進の方々からの反論も読めると勉強になります。私の探索が不十分だとは思いますが、環境影響への批判に対する反論が読めないのです。(日比谷公園、上野公園、六義園・・・そういう自然しか知らなかった東京時代の私は都心部や湾岸の再開発を見ながら、自然環境はゼニにならないが人工環境はゼニを生む、そう思っていたような気がします・・・)
最終決断は国土交通大臣だと思いますが・・・・さて、どうなさるでしょうか。

posted by ict工夫 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境影響
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161791381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック