2014年10月16日

10月22日高速鉄道国際会議開催、17日に工事認可

2014年10月22日(水)、東海道新幹線開業50周年 高速鉄道国際会議 〜飛躍する高速鉄道〜 が開催される、そこでは 「SCMAGLEV」(Superconducting Maglev, Superconducting Magnetic Levitation Railway)=リニア中央新幹線 がメインテーマの一つになっているはずだ。
国際会議の会場は ホテルオークラ東京

この日に先んじて、国土交通大臣太田昭宏氏はリニア中央新幹線工事を認可するだろう。17日(金)は可能性大、21日(火)では遅い。9月26日(金)定例会見の記事【編注】は記者質問の応答部分が未公開、会見での発表本文には書かれていない。
国土交通大臣の定例記者会見は火曜日と金曜日なので、臨時記者会見は無いだろう。

以上は10月7日の記事に書いていた内容を更新した。10月17日に認可発表されるという情報がネットで流れた

リニア、明日、認可されるのか?(樫田秀樹さんのブログ 2014/10/16 11:13)
リニア新幹線沿線住民ネットワークの共同代表、天野捷一さんから連絡があったとのこと。この件は、Facebook の 「リニアを考えよう!コミュニティー」 でも流されていた。
10月17日(金)に開催される院内集会の案内記事
院内集会の詳細は、10.17(金)リニア新幹線の工事認可をするな! 院内集会 この記事が最新版の情報を伝えているようだ。
17日(金曜日)の国土交通大臣記者会見は、9月26日などと同様に定例として午前中に行なわれるはずだ。認可発表後でも院内集会は粛々と行なわれるだろう。

10月15日から新聞週間がはじまっていたことを産経新聞の「主張」 新聞週間 信頼向上と報道の自由を で知った。
『新聞は情報をいち早く伝えるだけでなく、解説記事や調査報道を通し、分かりやすく深く伝える工夫をしている。情報が多い時代に多様な意見をふまえ、読者に考える指針を示す役割が増している。それだけに事実をゆがめて伝えることがあってはならない。』

新聞週間の今年の代表標語は 「ふるさとが 元気と知った 今日の記事」 とのこと。
リニア中央新幹線工事認可の発表記事と同時に、同日の院内集会の詳報も記事になり、併せて、15日衆議院国土交通委員会と16日参議院国土交通委員会の2件の質疑応答についても同じ紙面に書かれていることを期待する。
全国津々浦々の人々は、それらの記事から「ふるさとが 元気と知った 今日の記事」 を実感するであろう。即ちこの件については、全てがネット記事としても掲載されるべきだ。
以下に 第187回国会10月15日国土交通委員会ニュースから抜粋しておく。本文は(PDF 295KB)

穀田恵二君(共産)
・環境大臣は、リニア中央新幹線の整備についてJR東海が作成した環境影響評価書に対する意見の中で、運行に伴う電力消費量が従来型新幹線の3倍から5倍に達することは看過できないとの認識を示している。JR東海は環境影響評価書の補正においても電力消費量を1割削減することとしたに過ぎず、この程度では全く不十分と思われるが、環境省はどのように評価しているか。
・リニア中央新幹線の整備にあたっては沿線住民の合意形成が不可欠であるが、地元からは、JR東海の住民対応は不誠実であると聞いている。国土交通大臣は、環境影響評価書に対する意見の中で、沿線住民への丁寧な説明を求めているが、さらに、住民の要望に応じて説明会を開催するよう指導するべきではないか。

新聞社サイトを精査していないが、もしも、この質問について掲載したのが、2014年10月16日しんぶん赤旗 だけだったとしたら、新聞週間の標語が泣く。
自分は産経新聞が嫌いでは無い。スタンスがはっきりしていて、その上で情報は片寄らずに伝えていると思っている。それを判断するのは読者であり、産経新聞の「主張」が異なると感じたら、同じ情報から異なる主張を構築する考え方のプロセスについて考察する点でも参考になるのだ。


【注】 この件は産経新聞 2014.10.2 17:04 の記事で気付いたので、国土交通省の記者会見ページを確認したら、その時点では26日分が未掲載だった。その後の2回分は掲載されていたので、未掲載の理由に疑問を感じたということ・・・・
リニア着工、「難工事予想される」と慎重に審査 国交相、近く認可へ『太田国交相は9月26日の記者会見で、認可時期について「難工事が予想される。しっかり審査するように指示している」と述べた。』

ネットを見ていて気付いたが、17日の鉄道建設関連の株価の動きが何かあるかも知れない。株式市場のことには全く知識が無いが、こういうケースはインサイダー取引云々ということにも関わるのだろうか。いちおう追記しておく。
以下のニュースが出ていることに気付いた・・・・

リニアの工事計画 きょう認可発表へhttp://www.ytv.co.jp/press/society/TI20155426.html
 東京−名古屋を40分で結ぶリニア中央新幹線について、国土交通省が17日、JR東海の工事の実施計画を認可し、太田国土交通相が閣議後の会見で発表することがわかった。
 リニア中央新幹線は東京と名古屋を最短で40分で結び、2027年の開業を目指してJR東海が国土交通省に工事の実施計画を申請している。この計画を国土交通省が17日に認可し、太田国交相が閣議後の会見で発表することが、国交省関係者への取材でわかった。
 認可を受け、JR東海は用地買収などを進め、来年以降、着工する見通し。リニア中央新幹線は、トンネル工事で出る大量の残土の処理など、課題も残されている。しかし計画の認可で、夢の超特急といわれたリニア新幹線は、開業に向けて本格的に動き出すことになる。(10/17 02:01)

posted by ict工夫 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会・国政
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161802824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック