2015年04月21日

地域活性化に RESAS を使おう

RESAS -地域経済分析システム- | Chrome ブラウザ(ダウンロードページ)Google が作った高速ブラウザをパソコンでも、モバイルでも。
◇ 首相官邸−まち・ひと・しごと創生本部 > 地域経済分析システム(RESAS(リーサス))  Regional Economy (and) Society Analyzing System
RESASとは | outline.pdf(1,167 KB)
以下もPDFファイルです
操作マニュアル【簡易版】 | 操作マニュアル【詳細版】 | −FAQ(よくあるご質問)
地域経済分析システム(RESAS(リーサス))」の提供を開始しました 担当・ 経済産業省 地域経済産業グループ 地域経済産業調査室 公表日・平成27年4月21日(火)
J-Net21−中小企業ビジネス支援サイトの広報ページ

◇ 操作マニュアル【動画版】−政府インターネットテレビ 地域経済分析システム(RESAS)の使い方〜
その(1):産業マップ〜
『地域経済分析システム(RESAS〜リーサス)は、地方自治体のみなさまが地方版総合戦略を作成される際に参照いただける、地域の産業、人口、観光等のデータを可視化する形で整備した情報提供システムです。その(1)では、地域の産業の全体像や取引状況を可視化した「産業マップ」の使い方についてご紹介します。(※産業マップは地方自治体職員の一部の方しかご覧いただけません)RESAS https://resas.go.jp/(Google Chromeよりご覧ください)』

その(2)人口マップ〜
『地域経済分析システム(RESAS〜リーサス)は、地方自治体のみなさまが地方版総合戦略を作成される際に参照いただける、地域の産業、人口、観光等のデータを可視化する形で整備した情報提供システムです。その(2)では、地域の人口のこれまでの推移や今後の見通しについて可視化した「人口マップ」の使い方についてご紹介します。RESAS https://resas.go.jp/(Google Chromeよりご覧ください)』

その(3)観光マップ〜
『地域経済分析システム(RESAS〜リーサス)は、地方自治体のみなさまが地方版総合戦略を作成される際に参照いただける、地域の産業、人口、観光等のデータを可視化する形で整備した情報提供システムです。その(2)では、地域の人口のこれまでの推移や今後の見通しについて可視化した「人口マップ」の使い方についてご紹介します。RESAS https://resas.go.jp/(Google Chromeよりご覧ください) 』

その(4)自治体比較マップ〜
『地域経済分析システム(RESAS〜リーサス)は、地方自治体のみなさまが地方版総合戦略を作成される際に参照いただける、地域の産業、人口、観光等のデータを可視化する形で整備した情報提供システムです。その(4)では、各自治体のさまざまなデータを他の自治体と比較することができる「自治体比較マップ」の使い方についてご紹介します。RESAS https://resas.go.jp/(Google Chromeよりご覧ください) 』

2015年4月21日夜のテレビ東京番組で知りましたので、確認してみました。Google Chrome については全く不勉強ですからコメントは差し控えます。自分なりに「粛々と」テストしてみたいと思っています。
ちなみに RESAS.GO.JP ドメイン登録は経済産業省 経済産業政策局 地域経済産業政策課です。
RESAS が提供するというビッグデータを使った山梨県リニア活用活性化計画が公開されることを待ちたい、いつもコンサル頼りじゃ心もとない。

posted by ict工夫 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162699741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック