2015年10月05日

東百合丘非常口新設工事入札開始情報 2015年10月2日

2015年10月2日、JR東海の「建設工事(公募競争見積方式)の発注予定」に公表された工事予定です。

中央新幹線東百合丘非常口新設
工 事 名 中央新幹線東百合丘非常口新設
工事場所 神奈川県川崎市麻生区東百合丘
工事区分 土木(設計・施工一括)
工事概要 立坑の設計及び施工
工 期    契約締結の翌日から平成32-2020年4月20日まで
手続き開始時期 平成27-2015年10月2日
(公開されているPDFファイルから引用)
2.契約手続きの方式
 本工事は、施工方法などの一次技術提案を受付、価格以外の要素と価格を総合的に評価し、その評価の高いものから順に二次技術提案の実施順位を決定して、順位1位の者からの二次技術提案を受け付け、協議を行い、協議が成立した場合に、その者との契約を締結する方式(公募競争見積方式)の工事である。
4.担当箇所及び手続き日程
 (4)一次技術提案による見積書の提出日時 平成28-2016年2月26日(金)
 (5)二次技術提案による見積書の提出日時 平成28-2016年5月31日(火)

JR東海トップ jr-central.co.jp > 企業・IR・採用 > 企業情報 > その他 > 建設工事(公募競争見積方式)の発注予定
company.jr-central.co.jp サイトに置かれているこのページには、私が2015年08月05日記事にした 中央新幹線南アルプストンネル新設(長野工区) の公表資料も未だ掲載されています。
尚、jr-central.co.jp サイトと company.jr-central.co.jp サイトとは情報機能が異なる構成になっています。

東百合丘非常口新設工事

大深度地下使用の非常口の構造については、JR東海、名古屋でリニア説明会、非常口の構造も(2013年07月16日)の記事に画像を載せています。大深度地下使用で地下トンネル部分の地代は不要でも、非常口敷地の確保と建設は費用莫大であり、その維持管理、警備システムにかかる費用も大きいと思えます。

リニア中央新幹線工事に関する調査や工事の情報は、独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)の調達情報 にも次々に出てきます。
変電所や送電線工事については、東京電力や中部電力からの情報発信もあると思いますが、私は未確認です。リニア沿線南アルプス静岡県地域に関しては、特種東海製紙株式会社 が地権者として関係している記事を見ています。
山梨県では大規模商業施設の新増設に関しては公報が出ているのに気付きます。しかし、リニア事業主体であるJR東海、鉄道・運輸機構はもとより、これら民間企業がリニア中央新幹線に関連して行なう工事などについても、地域行政の下で情報が集約され、地域の人々に明確に伝えられるシステムがあるか無いか、この点は私には未だわかりません。

関連記事 東百合丘非常口新設工事は2016年11月7日に契約締結された

posted by ictkofu at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165078431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック