2015年12月16日

山梨県早川町で南アルプス・トンネル起工式 2015年12月18日

山梨県早川町での南アルプス・トンネル起工式が2015年12月18日(金)に開催されます。おそらく正午を挟んだ1時間程度かと思いますが、この日が六曜でいう「赤口」だから私の推測です。
この起工式報道が中央マスメディアを賑わすでしょうが、前記事に書いた 東京・日比谷のパネル展 「リニアが壊す!南アルプス」 を報じるマスコミは無いと思います。JR東海が大安の17日を外して18日起工式にした理由はワカリマセンが、対マスコミ戦術としては賢い。

ちなみに、山梨県知事の今週の知事・日程(平成27年12月16日現在)には、12月18日(金)の予定はありませんので、国策公共事業の山梨県内起工式に参列されないのかと思います。これは意外でした。山梨県議会12月定例会は12月17日閉会です。JR東海はこれで18日にしたのかも知れませんが・・・

山梨県知事日程

南アルプス・トンネルの山梨工区については2015年03月17日、「山梨県早川町南アルプストンネル工事が始まる」として2015年3月13日のJR東海による入札公募について書きました。
入札の結果については2015年08月28日に 「南アルプス・トンネル山梨工区の工事着工」 として8月26日に大成建設・佐藤工業・錢高組JVと契約されたことを書きました。
私がこの起工式開催を知ったのは2015年12月10日付け 日刊建設工業新聞の記事でした−−「JR東海/リニア南アルプストンネル、12月18日起工/初弾の山梨工区で」
今後の予定も書かれていましたのでメモしておきます。

2015年12月中にも早川非常口の準備工事を始める
2016年3月には斜坑の掘削に着手
2016年1月に広河原非常口の準備工に取り掛かる
2016年8月ごろに斜坑掘削に取り掛かる
2016年秋ごろに本線トンネルの掘削が始まる予定

この新聞報道は 早川町での工事説明会【2015年10月27日(火) 13:30〜 早川町民会館】で示された工程表と一致するものと思いますが、土木事業に関する業界用語(jargon)には全く無知なので解説はできません。Ⅰ = 4〜6月、Ⅱ = 7〜9月、Ⅲ = 10〜12月、Ⅳ = 1〜3月 と四半期で表示されています。

山梨工区の工事工程

説明会資料では、JR東海の立場として発生土置き場は「塩島」と「早川・芦安連絡道路」とされています。連絡道路については山梨県の事業なので別途説明会が行なわれ、JR東海事業とのタイミング合わせについても説明されたものと思います。これら工事に関係する富士川町、南アルプス市での動向も私には判りませんので、後日、行政広報が確認できたらWebページで整理してみる予定です。

リニア中央新幹線事業は全国新幹線鉄道整備法(全幹法)の下で行なわれる国家事業だと私は理解しています。大型店舗の建設のような純民間事業とは違うものですから、全幹法の下で地域行政は全面的に協力しています。
その公務の根拠である日本国憲法とその下で制定された法律、政令、規則、地域の条例・規則の下で協力体制が敷かれているはずだと私は理解しています。
そうじゃなければ、貴重な時間を費やしてリニア中央新幹線事業をフォローしWebページにまとめて自分の生涯学習の一助にしてみようなどとは思いません。

PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by ictkofu at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170034242
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック