2016年04月12日

リニアルート上の高い放射線値@岐阜県東濃ウラン鉱脈地区

週刊プレイボーイ、2016年4月25日号(4月11日発売)定価420円(税込み)の44ページ〜47ページに掲載された記事(画像は45ページ)
本誌表紙では、「スクープ」−「リニア中央新幹線ルート上で驚きの放射線値の謎」と記載されています。

リニアルート上の高い放射線値

この情報に関連する記事は樫田秀樹さんが既に繰り返し発信しておられます。
◇ 2016/02/17 岐阜県東濃地区の計画ルート上で驚きの放射線値を測定した
◇ 2016/02/20 ウラン残土が出てきたらどうするのか? → 「出てくることを前提にしていません」
◇ 2016/03/03 人形峠ではラドンで多くの人が死んだ
◇ 2016/04/02 ウラン残土。「私どもの町では引き取りません」
◇ 2016/04/04 ウラン残土はなぜ危険なのか。農作物が魚がヒトが危ない
◇ 2016/04/11 本日発売の週刊プレイボーイに、リニアルート上で高い放射線量を測定した記事を掲載

4月12日に運良くプレイボーイを手に入れることができましたので、一般ブログにもアップロードしておきました。

国会でも既に日本共産党議員による質問か行なわれています。第190回国会2016年3月30日の国土交通委員会です。議事録を未だ確認していませんので、委員会ニュース からの引用のみ・・・・

本村伸子君(共産)
・リニアのルートにウラン鉱床は存在しているのか。
・旧動力炉・核燃料開発事業団(現:原子力機構)が違う目的で過去に行ったボーリング調査の資料を持って、リニアのルートから離れた場所で調査が行われたにもかかわらず、何故、ウランの鉱床を回避できている、安全にトンネルが掘れると言えるのか大臣の見解を伺いたい。
・JR東海の住民への用地交渉の仕方に対する疑念や山梨県で事業説明会を拒否している地区の存在など問題山積の状況でリニアの工事を認可したことに対する大臣の見解を伺いたい。

第190回国会 国土交通委員会 第4号(平成28年3月30日(水曜日))の議事録が確認できましたので、取り急ぎ本村議員の質問と政府参考人からの答弁のテキストを読めるようにWebページを作成しました・・・衆議院国土交通委員会 質疑応答 2016年3月30日
編集完了までは時間がかかりますが、公開しておきます。【2016-04-13 早朝】

品川から名古屋まで綿密に情報を確認しながら自分の地域の政策を検討している人々も多いと思います。リニア関連事業計画の最終決定は実に困難なものだと既に分かっておられる人々も多いと思います。ひとつ間違えたら取り返しのつかない損失を地域に与えてしまう、自分はその責任をとれるだろうか・・・リニア事業が破綻しても地域事業は活きるような次善の策は既に考えてあるか・・・夜も眠れないかも、、、

私は時間が無いので地域行政施策の細かい内容、審議経緯などの確認が出来ていません。いつも考えていることは他都市の状況を知らずしては自分の地域の施策も確定できないのがリニア中央新幹線関連事業だということです。
イケイケドンドンで走っている地域行政・議会が、本心では何を考え行なおうとしているのか、それを見極めたいと思っているので、とにかくソースを確認し整理しておくことを心掛けています。そもそも論では宗教戦争になるだけ。行政プロセスの違憲・違法性を調べ尽したい。

posted by ictkofu at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174881928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック