2016年04月29日

東海道新幹線で避難誘導訓練実施、5月10日深夜

放火から約1年、新幹線の安全は 進む対策、難しい現実(乗りものニュース 2016.05.15)
『JR東海が2016年5月10日(火)、東海道新幹線の静岡〜掛川間で避難誘導訓練を行いました。営業列車の運行終了後に行われたこの訓練、そのシナリオは次のようなものです。』 と始まる恵 知仁さん(鉄道ライター)の記事で、訓練を視察され写真も多数掲載されています。

新幹線の車内火災想定 JRが避難誘導訓練 牧之原(静岡新聞 2016/5/11)
『のぞみ号の4号車デッキから出火したとのシナリオ。運転士が防犯カメラの映像などで火災の発生を確認し、トンネルを避けて列車を緊急停止させた。・・・乗客ははしごで線路脇の保守用通路へ次々と降り、手配されたバスへ歩いて向かった。出張などで乗り合わせていた3人の社員は、乗務員と連携しながら避難誘導に協力した。』 ポイントのみ引用しました。
リニア新幹線では添乗の乗務員はいても運転士はいません。大深度地下や山岳トンネルでの非常口を使う避難訓練が山梨実験線でシミュレーションされたかどうか、私は情報を知りません。

JR東海のニュース・リリース 2016.04.22、東海道新幹線でのお客様避難誘導訓練の実施について

平成28年4月22日
東海旅客鉄道株式会社

東海道新幹線でのお客様避難誘導訓練の実施について

JR東海のニュース・リリース

2016年4月14日に発生した熊本地震では幸いにも九州新幹線での人的被害は無かったとのことです。
新幹線、地震の「死傷事故ゼロ」は幸運だった〜それでも安全対策は万全といえるのか(東洋経済オンライン 2016年04月23日)を興味深く読みました。なにしろ私は新幹線のことも無知なヒトです。

私は2013年08月23日に 「リニア大深度地下の非常口実験設備が山梨笹子峠にある?」 の中で、『2014年から営業線工事に着手するなら、その前にこの非常口実験を公開し、都民、神奈川県民、愛知県民を招いての現地見学や、救急車、レスキュー隊、乗客輸送用のバスなど緊急車両の集結なども含めたテスト運用等が、実験線を走らせながら行なわれることが期待されます。』 と書きました。
その後、リニア関連記事を確認する時にはリニア避難実験の実施記録も無いかどうか確認していますが、未だ読んでいません。山梨県内行政サイトにもこのリニア非常口について紹介した記事はありませんので、非常口での救援活動が可能な道路インフラなども整備されたのかどうか私には不明です。

リニア中央新幹線の山梨実験線非常口を使った避難実験が必要だと私が考える理由は書く必要もないでしょう。
自分が非常口から避難する立場になることも考えてリニア利用について考えることは必要です。
私は何の不安も感じることなく東京で地下鉄を利用してきました。地下鉄に乗っていても頭の上の街の様子を思い浮かべられるほど当時の都内は良く知っていました。改札とホームの間ではエスカレーターを使わず階段で足腰の鍛錬を心掛ける気力・体力もありました。

JR東海の記事は取材案内が目的のようです。熊本地震での九州新幹線の事例もあり新聞・テレビは必ずこの訓練を報じると思います。その時にジャーナリズムとしてリニア中央新幹線に言及するかどうか、5月11日のニュースに注意したいと思っています。山岳トンネルや大深度地下通過中のリニア新幹線で万一の時は・・と伝えるマスコミは無い、と私としては思っています。

posted by ictkofu at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175099019
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック