2016年05月25日

全線開業前倒しに財政投融資活用を検討

リニア中央新幹線が国政の重要テーマに戻ってきた・・・
リニア全線開業前倒しへ 財政投融資活用を検討へ(NHK 2016年5月25日 5時25分)がありました。これは、NHK山梨甲府のニュースサイトで 2016年05月25日 08時46分の記事に気付いたのでNHK本庁を確認したのです。
山梨のニュースは既にリンク切れですが、アップロード時刻から見ればNHK本庁からの通知で甲府でも掲載したものでしょう。先日の甲府ニュース書替えと逆のケースです。おそらくリニア新幹線沿線の府県でNHK地域ニュースでも流されたものと思います。

政府は、東京・大阪間のリニア中央新幹線の全線開業の時期を現在計画されている2045年から前倒しすることを目指し、国が資金を調達して貸し出す「財政投融資」の活用を検討することになりました。
東京・大阪間のリニア中央新幹線は、JR東海が建設主体となり、およそ9兆円の総工費をかけて2045年に全線開業する計画ですが、自民党や関西の経済界からは地域経済の活性化を促すため、開業時期の前倒しを求める声が出ています。
このため、政府は「財政投融資」による資金を使ってJR東海に費用を低い金利で融資し、建設を促進させる方向で検討することになりました。
「財政投融資」は、国が債券を発行して調達した資金を民間企業などに貸すもので、民間だけではリスクの大きい大規模なプロジェクトを後押しする場合などに使われます。
政府は、こうした方針を今月末の閣議決定を目指している経済財政運営と改革の基本方針、いわゆる「骨太の方針」に盛り込むことにしています。
ただ、JR東海はみずからが費用を全額負担して建設を進めるとしていて、政府は今後、JR東海との間で調整を進めることにしています。

NHKニュースだけでは信頼性が疑問なのでネットを確認しました・・・

リニア大阪延伸時期短縮へ検討開始(SankeiBiz 2016.5.25 06:36)
2027年の名古屋開業を目指すリニア中央新幹線について、自民党の特別委員会は24日、JR東海が45年に計画している大阪延伸時期を短縮するための検討を始めた。財政投融資の活用などで同社の資金負担を軽減する案が有力で、低金利を足がかりに高速交通網の整備を加速させる。
 リニア中央新幹線の早期整備は、18日に素案が示された政府の「骨太方針」でも明記されるとみられ、委員会幹部は「JR東海の自主性を尊重するが、検討してもらえるのではないか」と期待感を示した。
 リニア中央新幹線の建設などはJR東海の自己資金で賄われ、27年の名古屋開業後は同社の経営体力回復のため、大阪延伸工事の着工までに一定期間を要するとされる。政府・与党は資金負担の軽減で、延伸工事の早期着工が可能とみており、JR東海にも検討を促す考え。

リニア建設に財投検討=名古屋−大阪の前倒し目指す−政府(時事通信 2016/05/24-20:28)
政府は24日、月末に閣議決定する経済財政運営の基本方針「骨太の方針」に、リニア中央新幹線の建設促進のため財政投融資の活用を検討することを盛り込む方針を決めた。JR東海の現行計画では、東京−名古屋間が2027年に開業後、名古屋−大阪間に着工するまで、経営体力の回復のため約8年の期間がある。政府は財投の活用により同社の負担を軽くすることで、この期間を短縮し、着工を前倒ししたい考えだ。
JR東海社長:具体的提案あれば検討=リニア促進の財政投融資(時事通信 2016/05/25-17:59)
JR東海の柘植康英社長は25日の記者会見で、政府が経済財政運営の基本方針「骨太の方針」にリニア中央新幹線の建設促進を狙い財政投融資活用を盛り込む方針を決めたことについて、「詳細は分からないが、具体的提案があれば、当社も将来にわたり健全経営が堅持できる」と歓迎する意向を示した。

SankeiBiZ の記事は正確でしょう・・・『自民党の特別委員会が検討を始めて「骨太の方針」に明記されるとみられ、委員会幹部は「JR東海の自主性を尊重するが、検討してもらえるのではないか」と期待感を示した。』 というのは真っ当な流れと感じます。
「骨太の方針」の確定案がNHKや時事通信には分かっているから、それを確認して「政府は」と書いたのかもしれません。

この事案は5月20日提訴された「ストップ・リニア!訴訟」と無関係ではないでしょう。自民党のリニア特別委員会は訴訟をリニア批判のガス抜きに利用できることも考えて、当初の予定通りに国費投入を始動することにした。全幹法の錦の御旗をかざして実施される民間事業だとするコロモを脱ぎ捨てても大丈夫な既成事実が積み上がってきたと考えているのでしょう。
沿線地域自治体にはJR東海の下働き公務員が多数いて既に税金が投入されていても、民間が自費でやっている事業なのだとしか理解できずパシリ公務員の存在に文句をいう国民も無い。

リニア建設促進期成同盟会続報(南信州新聞 2014年6月6日)記事で、『自民党リニア特別委員会の竹本直一委員長は、名古屋―大阪間の建設費を国が無利子で立て替える財源案の実現に向けて努力する姿勢を強調。JR東海の柘植康英社長は「容易ではないが、政府から案が示されれば健全経営を大前提に検討する」と述べた。』と記載されています。
私は「自民党リニア特別委員会」を調べてみたのですが公式なWebページは無く、メンバー議員のブログでぽつぽつ書かれていた程度だったことを思い出します。

自民党の特別委員会に「バカ言ってんじゃないよ」などと言ってはいけない、やっと墓穴を掘り始めたと喜びたい と冒頭のセンテンスを締めくくる。

posted by ictkofu at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 国会・国政
この記事へのコメント
税金をつぎ込むのなら次々と矛盾や軋轢が生じるのではないか、そんな気がいたします。

公共事業に化けるのなら、これまで正面きって批判されなかった「必要なのか?」が問われることになります。批判の際、分別のない方々からの「民間事業に反対する資格などない」とするヤジも気にする必要がなくなる。

名古屋先行開業を歓迎していた名古屋政財界は黙っちゃいないでしょうし、ドル箱路線を奪われる航空業界との調整も困難な予感。北陸新幹線の建設目的(東海地震時の迂回ルート)との整合性や、四国など長らく後回しにされている新幹線構想をさらに後回しにすることについての説明責任も生じるはず。
(北陸新幹線建設目的/石川県庁)
http://www.pref.ishikawa.jp/shink/hokuriku-shinkansen/about.html
(四国鉄道活性化促進期成会)
http://www.pref.kagawa.jp/kotsu/shikoku_shinkansen/result/index.html

確かに墓穴を掘りましたねえ…。そんな印象です。
Posted by kabochadaisuki at 2016年05月27日 22:55
新幹線の情報ありがとうございます。
先日、北陸新幹線について2本の記事を書きました、一般ブログですが、

北陸新幹線の開業効果と課題
http://blog.goo.ne.jp/ictkofu/e/3cb9794d37278aff9030ebb89e5b6d9c
北陸新幹線金沢延伸が影響した長野県の状況
http://blog.goo.ne.jp/ictkofu/e/19d8058389e9db90b9a96681a49d0098

連続して書いたのですが、北陸信越運輸局サイトで長野県に関する報告会の内容が確認できていません
http://wwwtb.mlit.go.jp/hokushin/index.shtml


骨太方針案のソースが気になっていたのですが以下を確認できました。
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/
経済財政諮問会議
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/0518/agenda.html
平成28年第9回経済財政諮問会議 平成28年5月18日(水曜日)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/0518/shiryo_01.pdf

このPDFファイルから「新幹線」で検索して

2.成長戦略の加速等
 (4)地方創生、中堅・中小企業・小規模事業者支援
   B 地域の活性化
p.18 (地域の活性化)
広域的な高速交通ネットワーク<36>の早期整備・活用を通じた内外の人流や物流の拡大を図る。

<36> 高規格幹線道路、整備新幹線、リニア中央新幹線等を含む。なお、リニア中央新幹線全線については、全国新幹線鉄道整備法に基づく東京・大阪間の建設指示がなされているところ、建設主体が整備を着実に進められるよう、必要な連携、協力を行う。
----------------
この注36だろうと思います。会議録など他の資料も確認すれば、この件でどんな話が出たのか分かると思いますが、5月末に骨太の方針が確定するようなので、情報を見落とさないようにしたいと思っています。リニアでは物流の拡大は出来ないが、情報交換では人と会わねばならない、だから高速移動が必要なのでしょうね。

kabochadaisuki さんの、
鉄道構造物等設計標準・同解説 耐震設計 〜断層変位は想定外?
http://blogs.yahoo.co.jp/jigiua8eurao4/14768533.html
この記事はズバリ的を射ていますね。

先日来、リニア訴訟の訴状を確認して自分の考えも整理するのに時間をとられています、未だ先は長いです。
Posted by ictkofu at 2016年05月28日 02:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175432309
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック