2016年08月02日

山梨県リニア環境未来都市検討委が提言案

魅力的な観光交流施設を/リニア環境未来都市検討委が提言案 (2016年7月28日 山梨建設新聞)

 リニア中央新幹線の新駅周辺などの整備方針を協議する県の「リニア環境未来都市検討委員会」の第5回会合が(2016年7月)26日に甲府市内で開かれ、提言案などについて意見を交わした。
提言案には、魅力的な観光交流施設の整備、宿泊施設の整備、次世代エネルギーシステムの導入、リニア駅と甲府駅とを結ぶ交通システムの整備などを盛り込んでいる。
 検討委員会では提言をまとめ、来月に県へ提出する予定。提言を受けて県では、整備方針を本年度内に策定する。

 提言案は、定住、産業、エネルギー、景観、観光・交流、土地利用、交通アクセスについて作成。

 定住に関しては、住環境の整備、子育て支援の充実と情報発信、リニア通勤への支援を提言。
 産業では、健康長寿関連など複数の分野の産業集積を促進するシナリオを作成し、集積分野を選択することや起業(創業)支援を提言。
 エネルギーについては、次世代エネルギーシステムの導入、次世代自動車の普及など。
 景観では、盆地の山並みを生かした景観、緑やフルーツ、フラワーを生かした景観が重要と指摘。
 観光・交流では、防災にも配慮しながら山梨らしい外観や魅力的な観光交流施設の整備、駅近郊へのホテルなどの宿泊施設の誘致が望ましいとした。 
 土地利用については、土地利用のコントロールや都市的土地利用が重要とした。
 交通アクセスについては、駅アクセス道路の整備、リニア駅のターミナル的機能の確保、リニア駅と甲府駅とを結ぶ交通システムの整備などを盛り込んでいる。

【関連記事】
◇ 2016年07月01日 平成28年度リニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会の決議
◇ 2016年05月11日 北陸新幹線金沢延伸が影響した長野県の状況
◇ 2016年05年09日 北陸新幹線の開業効果と課題
◇ 2014年09月19日 「国土のグランドデザイン2050」との関係
◇ 2013年10月14日 リニア開業の経済効果、10.7兆円 とは
◇ 2013年05月07日 リニア中央新幹線対策特別委員会@甲府市議会
◇ 2013年03月20日 高速交通インフラと観光トライアングルの関係
◇ 2012年10月19日 リニア活用基本構想骨子(案)の意見交換会@甲府

posted by ictkofu at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176320991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック