2016年10月05日

甲府市リニア活用基本構想への提言 2016年9月28日

PDFファイルをテキスト化したものです。

平成28_2016年9月28日
甲府市長 樋口雄一様
甲府市リニア活用策検討委員会
委員長 丸山正次

 リニア中央新幹線の開業は、東京・名古屋・大阪を結ぶ大動脈として、三大都市圏のみならず、沿線地域の経済・文化・観光など、多様な分野において飛躍的な発展をもたらすものと期待されております。
 本市におきましても、こうしたリニア開業の効果を千載一遇のチャンスと捉え、定住人口の確保や観光客をはじめとした交流人口の増加、企業立地による雇用の確保など、総合的な施策形成を図る必要があります。
 当委員会は、このたび策定する甲府市リニア活用基本構想が、甲府市の活性化に繋がるものとなるよう協議・検討を重ね、提言書として取りまとめました。
 市長におかれましては、提言の趣旨を十分ご理解いただき、リニア活用基本構想を策定するとともに、その施策を積極的かつ効果的に推進されるようお願いいたします。

ブログには前文だけ掲載しましたが、本文は 甲府市リニア活用策検討委員会 甲府市リニア活用基本構想への提言 としてアップロードしてあります。
提言の基本テーマは一言でいえば「街づくり」ですが、甲府市としては中心市街地活性化事業を私が知るかぎり国庫援助で3回実施していますので、4回目と考えればよいと思えます。内容はこれまでと似たようなもの、言い古されたというと失礼ですが、+リニアだけのように感じます。
リニア甲府駅周辺事業については未だ理解しておりませんので、今後の課題です。

posted by ictkofu at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177147041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック