2016年11月03日

リニア計画、ここがおかしい!と登山者の学習会が浅草で開催されます 11月10日

南アルプスは大丈夫? リニア新幹線を考える登山者の会 ブログから情報を頂きました。

リニア計画 ここがおかしい!
■日時 2016年11月10日(木)19時〜21時30分
■場所 東京都台東区民館 第5会議室
     台東区花川戸2−6−5「台東館」併設
□報告
 「南アルプス 今昔」   :大島康弘さん(日本山岳会静岡支部長)
 「アセスのココがおかしい」:辻村千尋さん(日本自然保護協会)
 「法律的にココがおかしい」:足立悠さん(弁護士、ストップリニア訴訟弁護団)
●主催 リニア新幹線を考える登山者の会、
    「リニアで南アルプスを壊さないで」登山者アピール実行委員会 

背景画像は 「美しい村」の議員日記で 2016年11月02日「起工式など」 に掲載された「赤石岳は初冠雪」の写真を拝借したものです。『JR東海のお偉方はこの神々しい山の姿を見て何を感じたことだろうか。』とお書きになっています。
リニア新幹線を考える登山者の会が開催された集会について私は以下を記事にしています。
 2015.12.16 パネル展 「リニアが壊す!南アルプス」@東京 12月18日〜23日
 2015.11.16 リニアが壊す南アルプス現地報告会 12月10日(木)@東京御徒町
 2015.05.16 南アルプスは大丈夫? 登山者の立場からリニア新幹線を考える@渋谷、報告(開催日は 2015年5月20日)

台東館地図 会場の 台東区民会館東京都立産業貿易センター台東館 に併設された施設です。

【編注】
2015年12月18日に起工式が開催された山梨県側では 早川町 の工事現場が2016年10月28日に報道陣に公開され着工と報じられました。

長野県側は11月1日に 大鹿村 で起工式が開催されました。2017年3月から本格工事にはいると伝えられています。

どちらも南アルプスの登山口であり、ユネスコ・エコパークに登録されており 「日本で最も美しい村」連合 のメンバーです。


リニア中央新幹線は東京〜名古屋〜大阪の三大都市を1時間ほどで結び一体化する国家的事業というメリットが喧伝されています。その建設の陰で沿線地域の人々の被る問題は、全国の高速自動車道、新幹線、空港建設などと同じようなものであり、広く国民のメリットを考えれば、それなりの補償により対処され処理されると考える人々が大多数だろうと思います。
しかし、通常の道路や鉄道と異なりリニア中央新幹線は直線が基本でカーブには技術的な制限があるので、個人の住居だけではなく学校やお寺や墓地まで移転せねばならない事もご存じの方はどのくらいおられるでしょうか。

そして直線ルートを求めるゆえに南アルプスにトンネルを掘ることで何が生ずるか。リニア新幹線を考える登山者の会は、問題に気付かれた方々が学習を続けながらリニア中央新幹線建設を否定されておられるのだと私は考えています。

posted by ictkofu at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会・講演会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177515269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック