2017年04月03日

リニア環境未来都市推進室が新設され始動した

県庁にリニア環境未来都市推進室(NHK山梨のニュース 2017年04月03日 13時14分)

リニア中央新幹線に関する県の政策を進める県庁の新たな部署、「リニア環境未来都市推進室」が(2017年4月)3日、設置されました。
県は東京・名古屋間のリニア中央新幹線の開業(2027年の予定)まで10年の節目にあわせて今年度、総合政策部の中に新たにリニア政策の司令塔となる「リニア環境未来都市推進室」を設置し3日から4人の職員が業務を始めました。
初日の3日は、石寺淳一室長が、「山梨県の活性化の切り札となる事業に携われることに誇りと使命感をもって頑張っていきましょう」とあいさつしました。
「リニア環境未来都市推進室」では、今年度の事業として▽甲府市大津町に建設が予定されている新駅の周辺整備について3月策定した整備方針を具体化させるとともに、▽新駅の半径4キロ以内に建設が予定されている「総合球技場」の建設場所を決めることにしています。
また、▽リニア中央新幹線がもたらす県内の経済波及効果の試算や新駅周辺のまちづくりの方針などを盛り込んだ冊子を作成し、県内のすべての世帯に配ることにしています。
「リニア環境未来都市推進室」の石寺室長は「リニア中央新幹線の政策をより強く推進するため、市町村などとともにさまざまな取り組みを続けていきたい」と話していました。

推進室と言うのはなんとなく分かるけど、直線、環境、未来、都市、推進室、それぞれの単語の修飾関係はどうなっているのか。
山梨県庁のこの組織名をどのように英訳したら英語圏にも通じるのか。

The new post of the prefectural office which stimulated the policy of the prefecture about the linear central Shinkansen, "A Linear Environment City of the Future Promotion Room" were installed on 3rd.
I put the prefectures together until the opening of business of the linear central Shinkansen between Tokyo, Nagoya at the turning point of ten years, and I installed the headquarters of the newly linear policy and "the linear environment city of the future promotion room" where it was in synthesis policy region, and four staffs began duties this year from 3rd.
For three days for the first day, General Manager Ishidera Junichi said hello saying "I will try that I could be engaged in business to become the activated trump of Yamanashi hard with a pride and a sense of duty". I let Ozu-machi, Kofu-shi realize the maintenance policy that I devised about the outskirts maintenance of the new station where construction is planned in March as business this year in "a linear environmental city of the future promotion room", and it is a custom for construction to decide the construction place of the planned "synthesis gridiron" to a radius of less than 4 kilos of , new station.
In addition, I make the booklet which waits, and included policies made around the test calculation of the economic ripple effect of the prefecture that , linear center Shinkansen brings and the new station, and it is a custom to distribute it to all households of the prefecture. The Ishidera general manager of "the linear environmental city of the future promotion room" told you, "I want to continue various actions with cities, towns and villages to more strongly promote a policy of the linear central Shinkansen".

逆翻訳させたらこうなった・・・
“A Linear Environment City of the Future Promotion Room”=「将来の昇進室の線形環境都市」
おやおや、なにかズバリと言い当てているような・・・
テストに使ったツールは Yahoo!翻訳 です。

【追記 2017.04.04】 山梨県知事記者会見(平成29年3月24日金曜日) の主題が「平成29年度の新たな組織体制と人員配置について」でした。知事のメッセージから引用しておきます。
リニア環境未来都市推進室

 最初に「主なる組織改正と職の設置」についてであります。リニア中央新幹線の開業が10年後という節目の年を迎えました。これから測量、用地買収などに加速をするということと、駅周辺整備の経済効果を全県に波及させるという2つの課題を解決するため、1点目は組織横断的に駅周辺整備や波及効果の拡大に取り組むために「リニア環境未来都市推進室」を総合政策部内に設置します。合わせて、リニア中央新幹線の建設の更なる強化を図るため、現場のリニア用地事務所の体制を3担当12名体制から4担当21名の体制に強化をして参ります。

以下の質疑応答は記者会見ソースをお読みください。

posted by ictkofu at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179303769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック