2017年06月25日

中央アルプストンネル(山口)工事説明会から環境保全計画の公表まで

2016年8月に鉄道・運輸機構が受託した工事の担当事業者が決定しました。
2016年12月に岐阜県中津川市山口地区の工事説明会が開催されました。
2017年5月にJR東海が中央アルプストンネル(山口)工事における環境保全計画を公開しました。
2017年6月25日現在、山口工区が着工したという情報は出ていません。
これまでの経過を以下に記録しておきます。

中央アルプストンネル(山口非常口)工事は鹿島JV(2016年08月02日)を書きました、ソースは以下の報道・・・
「鉄道運輸機構関東甲信工事局/リニア・中央アルプストンネル(山口)工事/鹿島JVに」(2016年7月27日 日刊建設工業新聞)
 鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部関東甲信工事局は、(2016年7月)15日に一般競争入札(WTO対象)を開札した「中央新幹線、中央アルプストンネル(山口)」工事の落札者を137億9599万円で鹿島・日本国土開発・吉川建設JVに決めた。
(以下略)

この工事が何時スタートするのかチェックしていましたが、東濃リニア通信(ブログ)2016年12月07日記事 に工事説明会の開催告知が記録されていたのでメモしてありました。

山口地区は長野県境の高土幾山の下を抜けて、山口地区の下をトンネルが通り、国道19号の下を通って、落合ダムの上流を橋梁で渡ります。
 山口地区は破砕帯が多く、山口ダム建設の時も難工事で発電所の位置を変更しています。当然水脈が絶たれ河川や井戸・湧水の枯渇が大変心配されます。
 また、国道19号線沿いに非常口が設けられ、幹線道路である19号線の渋滞と騒音・粉塵公害も心配されます。残土の捨て場は決まっていません。6年間で、110万立方メートルが運び出されます。ダンプカーや工事車両が走り回り交通弱者への影響も予想されます。
山口地区の工事説明会告知

その後、地元住民への説明会開催について報じた中津川市広報も確認できました。広報 なかつがわ 2017年2月 p.22(PDFファイル)
しかし工事開始の時期については記載されていません、説明されたと思うのですが。

中津川市広報2017年2月号

説明会が終り着工する時には環境保全情報が広報されるのが通常です。山口工区は鉄道・運輸機構がJR東海から委託された工事ですがJR東海の 中央新幹線 環境保全の計画(岐阜県) で発信されました・・・
2017.05.31 プレスリリース・中央新幹線、中央アルプストンネル(山口)工事における環境保全について [PDFファイル 158.0 KB]
JR東海のホームページで公開されたのは 中央新幹線、中央アルプストンネル(山口)工事における環境保全について(PDFファイル 9,876 KB )

2017年6月30日現在、中央アルプストンネル(山口)で工事着工の情報はありません。

JR東海に対する財政投融資貸付け情報確認の為に 鉄道・運輸機構 サイトをチェックしてきましたから、中央アルプストンネル(山口)の工事開始の情報が出ていれば気付くはずですが、これまで何も出ていないと思います。
そもそも鉄道・運輸機構が工事担当するのは整備新幹線事業に限られていました。それは「調達情報」から辿っていけば分かります。
このサイトに不慣れな頃の私は「入札公告等・入札見積結果(工事)」を探していて何故「リニア新幹線」が無いのだろうと思ったことでした。

「リニア新幹線」は「H28.04.13 関東甲信工事局 中央新幹線、中央アルプストンネル(山口)」で初めて出たのです。これは入札公告等・入札見積結果(工事)> 一般競争入札方式(政府調達協定対象工事)> 平成28年度(公告済) に記録されています。

入札公告等・入札見積結果(役務)もやはり「関東甲信工事局」で既に記事にした「釜無川橋りょう外詳細設計他」など多数あります。

鉄道・運輸機構が担当する初めての工事説明会で説明を担当したのがJR東海と鉄道・運輸機構のどちらなのか不明ですし、中津川市がどのような情報を得たのかも不明ですが、JR東海サイトでは関連情報が無いので、全て鉄道・運輸機構が説明したのだと私は考えています。
鉄道・運輸機構から「環境保全の計画」などの発信が無いなら、発生土の処分地やダンプの交通量、万一の水源枯渇対策など説明会で自治体が理解した内容を明確に広報すべきでしょう。山梨リニア実験線トンネル工事と同様な事態を想定することは当然です。

私は釜無川橋梁設計の記事の最後に書きました・・・『大事なことは、この工事説明会が開催されるとしても、それが毎度の如くクローズドなスタイルで行なわれ、下流の富士川流域の人々も知らないうちに全てが決まっていたという状況にはならないように、山梨県政も地域自治体も留意すべきということです。』
閉鎖的な住民説明会だけで行政からの説明も無く進んでいく事業に「公共事業」の冠をかぶせるのは無理があります。

posted by ictkofu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179496473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック