2017年06月14日

山梨県早川町で土砂仮置き場を新設(報道記録)

リニア工事 土砂仮置き場を新設(NHK山梨県のニュース 2017年6月14日)

リニア中央新幹線の南アルプスを貫くトンネル工事などで発生する土砂について、JR東海は、早川町内の現在の搬入場所が来月(2017年7月)にも予定量に達することから、新たに町内の別の場所に仮置き場を設けることになりました。 リニア中央新幹線の建設工事を巡っては南アルプスや巨摩山地を貫くトンネル工事などで発生する大量の土砂の処理が課題となっています。 JR東海は、こうした工事で発生する土砂、325万立方メートルのうち、
 ▽120万立方メートルを南アルプス市と早川町を結ぶ県の連絡道路に、
 ▽10万立方メートルを早川町に建設予定の農産物直売所に利用するなど、
合わせておよそ4割の活用先を決めています。
これらの工事は、ことし(2017年)11月以降に始まり、土砂の搬入が可能になりますが、現在の搬入場所は、来月には予定量に達するということです。
このためJR東海は、当面の搬入場所として早川町西之宮地区の民有地に新たに確保し、来月以降、工事で発生した土砂、9万立方メートルの仮置き場とすることにしました。
JR東海によりますと仮置き場の周辺の道路では、ダンプカーが多い時で1日に270台、往来する見込みだということです。
JR東海は「今後も工事で発生した土砂の置き場を計画的に確保し安全に作業を進めていきたい」としています。

JR東海のプレスリリース に掲載されています。関連資料も2017年6月13日付けで公開されていますので、Webページで整理する予定です。

posted by ictkofu at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 発生土(残土)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180042903
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック