2017年06月19日

新幹線乗客が避難訓練で歩いた距離からリニア新幹線非常口を想う、テロ等準備罪対応も

静岡新聞が2017年6月2日に報じた新幹線の訓練を現地取材された方の記事が公開されました。著者は 恵 知仁さん(鉄道ライター)です。
東海道新幹線、深夜の「過酷訓練」を実施 その内容とは?(のりものニュース 2017.06.18)
記事の3頁目に書かれている 『「過酷」その2、歩く距離が最大級になる場所』 で気になった箇所がありますので引用します・・・(編者が改行を追加しています)

 もうひとつ今回の訓練が“過酷”だった理由は、列車から最寄り駅まで歩いて避難する距離が、過去最高の約1kmだったことです。
 JR東海によると、異常時に列車から避難する際、歩いて移動する距離は約1kmまでが目安とのこと。つまり歩いて移動する場合に最も“過酷”な状況を想定し行われた、というわけです。

先に静岡新聞を読んでいたので山梨県向け一般ブログでは記事にしていました。その記事を以下に転載しておきますが、ポイントはリニア新幹線非常口の問題です。
恵 知仁さんのレポートで上記部分には驚きました。「東海道新幹線では歩いて移動する距離は約1kmまでが目安」、リニア新幹線では5キロ間隔の非常口ですから、その中間で停車したら軌道部の歩行距離は 2.5 km、都市部大深度地下トンネルではエレベータか階段で40メートルほどの地上まで登るし、山岳トンネルでは非常口の出口まで相当な距離があります。

リニア事業を推進するにせよ批判するにせよ、既に行なわれている山梨リニア実験線での避難訓練の詳細を知っておくことは大切なはずです。
私の資料調査は不十分ですが、これまで実験線での避難訓練に関する情報は確認できていません。
地元の山梨県行政には訓練の連絡があり救急車などの配備も協力体制にあるはずだと思いますが、一般人にはそれらの状況は全く不明だと思います。

しかし非常口が設置された地域の自治体は万一の時の救援体制を計画しておく必要があるはずです。その時に実験線非常口での避難訓練が参考になるでしょう。
テロ等準備罪を考慮すれば非常口周辺には防犯カメラの設置が必要と思えます。その経費負担は事業者か地域行政かも沿線全域で統一的に検討する必要があるでしょう。

とにかく実験線非常口などについては他県他都市の行政、議員から山梨県に直接問合せるべきです。安全・安心なリニア新幹線事業の為に地域行政が考慮すべき必須要件の一つです。

新幹線客の避難誘導、迅速に JR東海、三島で震災想定訓練(静岡新聞 2017/6/2)
ちなみにJR東海の予告記事はPDFファイルですがニュース・リリース 平成29年4月21日 東海道新幹線でのお客様避難誘導訓練の実施 が出ていました。

2016年5月には東海道新幹線の静岡〜掛川間で避難誘導訓練が行なわれました。これは訓練予告と実施結果について 「東海道新幹線で避難誘導訓練実施、5月10日深夜」 に記録してあります。
リニア中央新幹線の非常口は品川〜名古屋間で5キロ間隔で設置されることはよく知られています。既に工事が始まっているところもありますが、完成しているのは山梨リニア実験線だけです。実験線ではJR東海職員による避難演習が行なわれているとの記事をどこかで読んだ記憶がありますが、非常口の使われ方など具体的な情報は確認していません。
従って2013年に 「リニア大深度地下の非常口実験設備が山梨笹子峠にある?」 と書いた記事もフォローはしていません。

東海道新幹線三島駅から1キロほどの場所、三島市加茂川町を地図で確認してみたら市街地を高架で通過している場所のようです。乗客はその線路上を駅まで歩いたのでしょう。高架線上で停車したなら乗客を地上まで降ろさねばならないケースも想定されます。歩行困難な乗客を保守用車で送る実際は知りたい。ネットのどこかに避難訓練記録動画など公開されているかも知れません。
山梨リニア実験線では保守用車は自前動力のタイヤ走行で活動していると思いますが、その動画など公開されているなら知りたい。素晴らしいシステムを支えているのはセキュリティ、メンテナンス、トラブル対策などの裏方さんなのです、ネットでも同じですから。

紙面画像のままご紹介しておきます。
新幹線 三島で震災想定訓練
posted by ictkofu at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大深度地下
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180097116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック