2017年06月30日

相模原市業者が「リニア発生土置き場」と偽り土地買収営業をしている

【この問題のポイント】
 全国新幹線鉄道整備法に則り行なわれているリニア中央新幹線事業について、全幹法の規程に基づいて沿線地域の自治体にはどのような業務を果す役割が与えられているのか、県市町村発信の広報誌、ホームページ、あるは地域のテレビなどで地域の人々に向けて明確に説明した記事が繰り返し広報されているかどうか。
まさにオレオレ詐欺を防ぐ広報活動と同様なスタンスで行なわれるべきものと思います。

神奈川県相模原市議会議員の田所健太郎氏がご自身のブログで報告されています。
【一般質問(1)】「リニアの発生土置き場を作る」と偽り、土地売買を繰り返す市内不動産業者について(2017-06-30 16:08:28)

 2017年6月定例会議の一般質問で、「リニアの発生土置き場を作る」と偽った説明をして、藤野地区で土地売買等を繰り返している市内不動産業者の問題を取り上げました。
 この内容については、6月30日付「神奈川新聞」が社会面で報道してくださいました。
 私はこの問題を2015年12月定例会議の一般質問でも取り上げたのですが、この業者の同じ動きが続いていて、市民から相談が寄せられたことから、再度取り上げ、市に注意喚起等の対応を求めました。
 私の質問の中で、以下の点が明らかになりました。
●市には今年度、市民の方から、自己所有地をリニア中央新幹線の発生土置き場として売却するよう不動産業者に求められ、迷惑しているという趣旨の相談があった。
●市には、平成26年頃から同様の件について、10件の情報・相談が寄せられている。
●JR東海による発生土置き場の計画については承知していない。
 私も法務局から謄本を取り寄せるなどの調査により、最低でも38筆の土地が、売買済み又は売買予約の仮登記の状態になっていることを確認しました。
 今回の市の答弁からも、この業者の動きは、「リニア事業とは全く関係ない」ということが改めて明らかになりました。
 この業者の狙いがよくわからないのですが、偽った説明を繰り返している訳ですから、大変悪質であることに間違いありません。
 JR東海は、用地取得に関する事務を市または県に「委託」しています。相模原市内では、町田市境(境川)〜相模川までの区間は相模原市、相模川〜山梨県境までの区間は神奈川県の担当となっています。
 ですので、市または県以外の第三者が「リニアのため」と言って土地売買等の話をしてきた場合、それは「ウソ」ですので、ご注意下さい。
 こういった動きがもしありましたら、ぜひ情報をお寄せください。

田所健太郎氏の「2015年12月定例会議の一般質問」も要旨がブログ記録されていました・・・
リニア問題、まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)について、一般質問しました!(2015-12-17 20:09:13)
以下、該当箇所を引用しておきます。

 リニアについては、旧藤野町の牧馬地区において、「リニアの残土処分場」をつくると言って用事買収をおこなっている市内業者がいることを知っているか、市長に聞きました。市長からは「承知している」との答弁があり、さらに「JR東海が、自治体以外の第三者に委託している事実はない」という答弁も引き出せました。
 また、リニアに関する市内の現状については、JR東海が7月からおこなっている中心線測量については、旧市内地域は「おおむね完了」、旧津久井地域は「まだ測量が始まっていない」こともわかりました。さらに、11月25日と29日には、神奈川県駅予定地の地権者を対象とした「用地説明会」が開催され、約70名が参加したこともわかりました。

文中あった「牧馬(まぎめ)地区」の名前で樫田秀樹さんの記事を思い出しました・・・
2015/10/08 リニア、不動産業者の跋扈 「土地を売っていないのはお宅だけですよ」、記事公開は10月ですが「8月下旬に見てきた事例」と書かれています。

◇ 相模原市 東海旅客鉄道株式会社の公表資料 に「中央新幹線の発生土の活用について(PDF形式 67.5KB)」h270608_katuyou.pdf としてアップロードされているPDFファイルは、JR東海の平成27_2015年6月8日 中央新幹線の発生土の活用について(PDFファイル) です。このテキストには以下のように強調があります。

平成27年6月8日 東海旅客鉄道株式会社
中央新幹線の発生土の活用について
中央新幹線の発生土につきましては、できる限り本事業内での再利用を図ったうえで、関係自治体のご協力 も頂きながら、当社が他の公共事業や民間事業の事業主体と調整を行い、これらの事業での有効活用を進めていく考えです。
発生土の活用につきまして、当社が自治体以外の第三者に仲介いただいている事実は全くありませんのでご注意ください。

相模原市長が「JR東海は、リニア工事の発生土は自治体以外の第三者は仲介しないという見解をホームページに掲載している。市も連携し、地元自治会への説明や回覧で周知を図る」と答弁されたのはこの件を示しているでしょう。それなら上記のようにテキスト化してページに掲載すれば良いのにです。「中央新幹線の発生土の活用について(PDF形式 67.5KB)」とタイトルしたのはJR東海ですが、発生土に係る業務は自治体だけに依頼しているとの趣旨を読み取って一般市民がPDFファイルを開くでしょうか。発生土の活用には関係無いのが大多数の市民ではありませんか。
相模原市として2015年6月には問題状況を把握しJR東海もこの問題について、内容としては相模原市対策のような広報を発信したと思えます。相模原市が現在に至るまでの地元自治会への説明や回覧の内容について明確に説明する責任もある事は明らかです。
神奈川県としてもリニア事業の公式な関係業者、県庁、自治体の役職者、国会、県議会、市議会の議員等と当該不動産業者との関係の有無まで確認する必要があることは「モリ・カケ」事件を思うまでもありません。今の日本国はそこまで考えねばならないほど堕落しているのではありませんか。

相模原市の名誉のために手元に記録してある以前の広報ページをご紹介しておきます。2015年7月に確認した記事でした。
相模原市サイトの リニア中央新幹線について にアップロードされていた記事がありました・・・
『 現在の位置 : トップページ › 市政情報 › 交通 › 鉄道 › リニア中央新幹線について › /toshikotsu/20804/24853/031775.html 「中央新幹線の発生土の活用について」 』
以下に当時の表示を模して示します・・・

中央新幹線の発生土の活用について

神奈川県内における中央新幹線建設に伴う発生土は、約1,140万立方メートルが見込まれます。
JR東海によりますと、このうち、約30%にあたる約360万立方メートルは、関東車両基地内で利用される計画です。
残りの約70%については、引き続き、中央新幹線の事業内での利活用を図るほか、神奈川県内における公共工事等での活用を、神奈川県や市町村の関係機関に情報提供を受けながら、適正に利活用を進めていく計画となっております。
建設発生土の利活用が困難な場合は、法令等を遵守し、新たな発生土置き場等の設置を検討することが示されております。

【中央新幹線(品川・名古屋間)に係る事業説明会資料抜粋(PDF形式 28.2KB)にリンクされていました setumeikai_siryo.pdf このPDFファイルを画像化して下に示します】

注意喚起

市内の一部の地域において、中央新幹線の発生土の活用のため、第三者が発生土置き場の建設のための用地取得を行っているとの相談・情報がありますが、JR東海が、自治体以外の第三者に仲介している事実はありませんので御注意ください。

※詳しくは、JR東海のホームページを御参照ください。

JR東海のホームページ(外部リンク)
【画像化した事業説明会資料抜粋PDFファイル】
事業説明会資料抜粋

現在の相模原市サイトで「リニア中央新幹線」トップページからこの記事が消えている理由は私には分かりません。田所健太郎議員が2015年12月に議会質問された時に、この記事が相模原市サイトで読めたかどうかもわかりません。上に紹介したJR東海の平成27_2015年6月8日PDFファイルも2017年6月末にはアクセスできません。

「リニア発生土置き場」 業者が偽り土地買収営業(神奈川新聞 2017年6月30日)

相模原市議会問題視、注意喚起へ
 「リニア中央新幹線の発生土置き場の事業」と偽り、相模原市緑区の藤野地区で同市内の不動産業者が土地買収の営業を繰り返していることが相模原市議会で問題視されている。
 田所健太郎氏(日本共産党)が27日の一般質問で取り上げ、加山俊夫市長は「JR東海は、リニア工事の発生土は自治体以外の第三者は仲介しないという見解をホームページに掲載している。市も連携し、地元自治会への説明や回覧で周知を図る」と述べた。
 市によると、これまで市民から「所有地を売却するよう求められ迷惑している」という趣旨の相談が寄せられたという。
 リニア中央新幹線は、2027年の東京・品川−名古屋間の開業を目指し、相模原市内で準備工事が進められている。
posted by ictkofu at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 発生土(残土)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180205495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック