2017年08月23日

南アルプストンネルの先進坑が公開された(報道記録)

JR東海/リニア南アルプストンネル山梨工区の現場公開/本線掘削へ準備着々(日刊建設工業新聞 2017年8月24日)
◇施工は大成JV
 JR東海は(2017年8月)23日、2027年の東京(品川)〜名古屋間開業を目指して建設中のリニア中央新幹線のうち、最難関といわれる「南アルプストンネル」の工事現場を報道機関に公開した。トンネル坑内が公開されたのは、リニア全線を通して初めて。
 この日公開されたのは、大成建設・佐藤工業・錢高組JVが施工する「山梨工区」の掘削現場。2016年10月に早川非常口(山梨県早川町)の掘削工事に着手。現在は斜坑から先進坑の掘削へと進んだところで、本年度内には本線のトンネル工事に着手する見通しだ。
 南アルプストンネルは延長約25キロ。山梨・静岡・長野の3県にまたがり、標高3000メートル級の山岳地帯を貫く計画。土かぶりが最大1400メートルに達し、高圧の湧水や破砕帯によるリスクも想定されるなど高度な施工・管理技術が求められる難工区となっている。

 このうち山梨工区の建設地は山梨県早川町新倉(一部静岡県側含む)で、山梨、静岡、長野の三つの工区に分けて建設するトンネルの東側(東京側)区間に当たる。本線トンネルの施工延長は約7・7キロ。NATMによる本線トンネル(幅約13メートル)、先進坑(延長約5・2キロ)、非常口などが建設される。早川町内の非常口(早川、広河原)から本線に向かう斜坑を掘り進め、本線トンネルの掘削に入るという手順工事が進められる。
 南アルプストンネルは実験線区間を除くと、初のリニアの本線工事区間で、工期は2025年10月末までを予定している。

 山梨工区では、非常口から先進坑までの斜坑約2・5キロの掘削を(2017年)6月末に終え、現在は斜坑から先進坑(高さ約6メートル、幅約7メートル)を約90メートル掘り進んだ段階。この日は、本線と並行する先進坑の最前線が公開された。公開地点は甲府市に設置予定の「山梨県駅」(仮称)の西約30キロの位置で、土かぶりは約750メートル。本坑の掘削に先立ち土質の調査なども行っている。

 JR東海山梨工事事務所の有江喜一郎所長は「地盤は砂岩と粘板岩、地下水の湧出量も1分間に1・5トン程度で工程は順調に進んでいる」と説明。1・2メートル(支保工の間隔)の掘削作業を昼夜2サイクルずつ計4サイクル行い、1日約5メートルのペースで進んでいるという。
 掘削用重機のドリルジャンボの重量は約35トン。掘削で発生する土の搬出量は1日当たり10トンダンプで100台分程度。1日約100人の作業員が従事している。「工事は2025年まで続く長丁場。引き続き地元の理解を得ながら安全と環境保全に注意して、着実に工事を進めたい」と話した。

 山梨工区の非常口は今回の早川非常口と、静岡側にある広河原非常口の2カ所。JR東海によると、広河原非常口は現在、ヤード整備などを行っており、準備工事が終わり次第、斜坑の掘削に着手できる見通しだ。

2017年8月24日、専門紙の記事が確認できたので記録しました(年月表記は引用者が補完しています)。
このブログでは タグ・早川町 からトンネル工事関係記事も確認できます。しかし山梨県早川町とリニア新幹線事業の関係は複雑なのでブログ記事もリニア新幹線情報サイトの方でも未整理で、私が公開済みの記事情報だけでは不十分なことをご了承ください。

最難関工事、南アルプストンネルの内部公開(UTYテレビ山梨ニュース 2017.08.23 18:50)
10年後の2027年に東京ー名古屋間での開業を目指すリニア中央新幹線。
リニア建設で最難関の工事とされる南アルプスを貫通するトンネルの内部がきょう公開されました。
「地下800メートルの作業用トンネル内部です、将来的にはあちらで本坑トンネルの掘削が行われます」(記者)。
公開されたのは、南アルプスを貫くトンネルのうち将来、非常用通路となる早川町の区間です。
去年10月に着工して掘削が完了した、およそ2.5キロの区間の先進部はトンネル幅が7メートル、高さ6メートルで、岩を丁寧にくりぬいた作業の痕跡が明らかになりました。
JR東海は地質調査として、今回公開した非常用通路からさらに5.2キロ掘り進める工事も開始しています。
南アルプストンネルは早川町と長野県大鹿村を結ぶ全長25キロのトンネルで、3000メートル級の山々が連なる南アルプスを貫通し、最も深い場所は地表から1400メートルとなり、リニア建設で最難関の工事とされます。
JR東海は進ちょく状況を踏まえ、今年度中にトンネル本体の工事に着手すると説明しました。
「着実に準備作業を行なって掘削を開始している、長丁場なので今のところ全体的に遅れているとは考えていない」(JR東海山梨工事事務所・有江喜一郎所長)。
南アルプストンネルは2025年10月に工事が完了する予定です。
リニア新幹線 トンネル工事現場を初公開(山梨県)(YBS山梨放送ニュース 2017/8/23 18:05)
 去年(2016年)10月から早川町で掘削が続くリニア中央新幹線のトンネル内部が初めて公開された。現在は、非常口の掘削が終わり作業用トンネルの掘削が進んでいる。公開されたのは南アルプスを貫くリニア中央新幹線のトンネルのうち山梨側7・7キロの区間。
 工事は完成後非常口として使われるトンネルの掘削が6月に終了している。現在は本線部分に並行して掘り進めて地質の確認などに使う「先進抗」と呼ばれる作業用トンネルの掘削が行われている。作業用トンネルは高さ6m、幅7mで23日は地下750m付近の掘削現場が公開された。
 山梨、長野、静岡にまたがる南アルプスを貫くトンネルは全長がおよそ25kmで地質や地下水脈の予想が難しく難工事が予想されている。JR東海によると現時点では懸念された地下水の流出もなく進ちょくは順調だという。JR東海は今年度中に本線部分の掘削に着手する予定だ。

「山梨、長野、静岡にまたがる南アルプスを貫くトンネル」ではなく「山梨、静岡、長野」の順に書くのが正確です。リニア新幹線計画図を見れば南アルプストンネルを表現する県名はこの順になることは誰でも分かります。
「懸念された地下水の流出もなく」ではなく、建設工業新聞も報じたように「トンネルからの地下水の流出は毎分1.5トン程度(と比較的少なく)」と発表されたようです。
JR東海は大量湧水の対策による工事一時中断も想定していたでしょうから「懸念されたレベルの地下水の流失は無い」との表現は可能かも知れませんが「流出もなく」では実態を報じる報道としては不適切です。

リニア トンネルの先進坑が公開(NHK山梨県のニュース 2017年08月23日 17時30分)
10年後の開業を目指すリニア中央新幹線で、南アルプスを貫くトンネル工事に先だって地質を調べるために掘られている「先進坑」と呼ばれるトンネルが、山梨県早川町で報道陣に初めて公開されました。
10年後の2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の工事で、南アルプスを貫く全長25キロのトンネルは難所の一つとされていて、JR東海は去年(2016年)10月から、車両が通る本線に機材を入れるための作業用トンネルなどの掘削を始めています。
23日公開されたのは、作業用トンネルを起点に山梨県早川町で掘られている「先進坑」と呼ばれるトンネルです。
「先進坑」は、現場の地質を調べるため、本線の予定ルートの30メートル南側を本線に並行して掘られ、高さはおよそ6メートル、幅はおよそ7メートルあり、長さは現在およそ90メートルに達しています。
現場で説明に当たったJR東海山梨工事事務所の有江喜一郎所長によりますと、現場は異なる2種類の岩盤が交互に重なる複雑な地層になっているものの、トンネルからの地下水の流出は毎分1.5トンと比較的少なく、工事は順調に進んでいるということです。
そして、今後は「先進坑」を掘り進めて地質調査を行いながら、今年度中に本線の掘削を始める予定だということで、有江所長は「気を引き締めて、工事の安全と環境の保全に努めたい」と話していました。
【動画】リニア中央新幹線「三大難所」工事順調 南アルプストンネル内部を初公開(乗りものニュース 2017.08.23 恵 知仁_鉄道ライター)
リニア中央新幹線の開業時期に関わるため、本線で最初に本格着工された「難所」南アルプストンネル。中央新幹線の「鍵」を握るそのトンネル内部が初めて、報道陣に公開されました。工事はどのように行われていくのでしょうか。
JR東海が中央新幹線の「鍵」、南アルプストンネルの内部を2017年8月23日(水)、報道陣へ初公開しました。
3000m級の山々がそびえ、トンネルから地表まで(土かぶり)が1400mにもなり大きな土圧がかかるなど、中央新幹線工事「三大難所」に数えられる南アルプストンネル(全長約25km)。
その工事の進み具合は中央新幹線の開業時期に関わるため、中央新幹線の本線は2015年12月、この南アルプストンネルから本格着工されました。
中央新幹線の「鍵」を握る南アルプストンネル。このたび報道公開されたその山梨工区では、早川非常口付近で先進坑を掘削中。そこで地質などを確認したのち、超電導リニアが走る本線トンネルの掘削が今年度中にも始まる見込みです。
JR東海・山梨工事事務所の有江喜一郎所長によると、工事は順調で、地質は問題なく湧水も少ないとのこと。今後の課題は地質を早期に予測し、対策して工事を進めることといいます。
中央新幹線は2027年にまず品川〜名古屋で開業し、同区間を40分で結ぶ予定です。
なお、ほかの「三大難所」は、新幹線・在来線を運行しながらその地下に駅を造る品川と名古屋です。
リニア南アトンネル JR東海社長、「年度内の本線着工」表明 山梨(産経新聞山梨版 2017.8.24 07:09)
 ■「先進坑」など報道公開
 JR東海の柘植康英社長は23日、全長約25キロに及び、リニア中央新幹線の難関工事の一つとされる「南アルプストンネル」のうち、山梨工区(本線約7・7キロ)で完成した早川町新倉の「早川非常口」(約2・5キロメートル)を視察した。柘植社長は視察後、同工区の本線トンネル工事の着工について「年度内の予定で進んでいる」と表明した。柘植社長は後藤斎知事と会談し、地元企業の受注機会の拡大などの要望に前向きな姿勢を示した。 (松田宗弘)

 柘植社長は県庁内で報道陣の取材に応じた。最深部で地下1千メートルに達する山梨工区は難工事も予想されるが、「建設会社には高い知見がある。その都度、対応し、乗り越えて前に進めたい」と述べた。同工区は平成37年10月の完成を目指している。
 県内の用地取得について「地上の『明かり区間』が長いことが大きな課題」と指摘した上で、「県の支援もあり、特段の力を入れて進めたい」と述べた。
 JR東海によると、県内の明かり区間は甲府盆地を中心とする27・1キロ。買収済みの区間や、買収完了予定時期について、「用地交渉への影響が懸念される」として、同社も県も明らかにしていない。

 早川非常口は報道陣にも初めて公開された。昨年10月に掘削を開始し、このほど完成した。
 本線トンネル工事の機材搬入や掘削土搬出などに用いられ、本線完成後も避難通路や換気などの役割を果たす。今後、同町内の広河原にも非常口を設置する計画だ。
 事前地質調査用の「先進坑」(約5・2キロ)のうち、90メートルの完成部分も公開された。地下約750メートルの先進坑の先端部には、重量約35トンの重機が置かれていた。
 1日に約5メートルを掘り進む。掘削土は大型のベルトコンベヤーで地表へ送られ、約100台のダンプカーで搬出するという。
 JR東海山梨工事事務所の有江喜一郎所長は、非常口から本線工事の現場に至る「連絡坑」(約30メートル)を「早期着工したい」と述べた。
 同工区全体の進捗率について、有江所長は「まだ数%だが、地下水も少なく順調だ」とし、「先進坑を活用して早急に地質、地層を予測し、本線工事へつなげたい」と話した。

 柘植社長との会談で、後藤知事は地元企業の受注機会の拡大などを要望。柘植社長は「県内企業は工事現場に近いという強みを生かしてご協力いただきたい」と応じた。
南ア・リニアトンネル初公開 静岡工区は着工準備(静岡新聞 2017/8/24 07:42)
 JR東海は23日、工事中のリニア中央新幹線南アルプストンネルの内部を山梨県早川町で報道陣に初公開した。地表までの土砂の厚さが1000メートル以上の箇所もある南アルプストンネルは工事の難所とされる。山梨工事事務所の有江喜一郎所長は品川―名古屋間の2027年開業に向け「順調」と強調した。
 リニア中央新幹線全長約285キロのうち南アルプスを貫くトンネルは約25キロ。山梨工区は早川町内の7・7キロで、2016年10月に着工、工事完了は25年10月を予定する。
 今回公開されたのは、リニアが走行する「本坑」より先に掘削する「先進坑」。先進坑は本坑に平行して掘られ、地質調査などに利用される。現在、全長約5キロのうち90メートルの掘削が完了。1日約5メートル掘り進めている。
 約100人が作業に従事し、土砂を運搬する10トントラックは1日100台が行き来する。環境保全などに関する地元の反応を問う報道陣に対し、有江所長は「工事前に十分に説明した。地域の理解を得て進めたと考えている」と述べた。

 ■静岡工区、着工準備 流量協定は未締結
 早川町からつながる静岡工区(静岡市葵区、全長約11キロ)は地権者との合意を受け、10月にかけて施工業者を公募中。着工へ動きだしたが、下流利水者がJR東海に求める大井川の流量減少対策を明記した基本協定はいまだ結ばれていない。
 静岡工区は全てがトンネルの区間。大井川の源流域を横切るため、本来大井川に流れ込むはずの水がトンネル内に湧出する可能性がある。JR東海は工事に伴う流量減少は毎秒2トンと予測。対策として、トンネルと大井川をつなぐ「導水路トンネル」を設置し、湧水を大井川に戻すとした。ただ、導水路による回復流量は毎秒1・3トン。残りの毎秒0・7トン分は、必要に応じてポンプでくみ上げ大井川に戻すという。
 大井川は水道水や農業・工業用水に使用され、下流域の産業と生活を支える。県や静岡市、下流利水者11団体は流出する湧水全量を戻すよう、JR東海に強く求めている。

リニアの南アルプストンネル工事を初公開 JR東海(中日新聞 2017年8月23日 21時40分)
2027年に名古屋―東京・品川間で開業を目指すリニア中央新幹線で、最難関工事とされる南アルプストンネルの内部を23日、JR東海が初めて報道陣に公開した。
 同トンネルは、長野、静岡、山梨の3県にまたがる長さ約25キロで、3千メートル級の山が連なる南アルプスを東西に貫通する計画。最も深い場所は地表から1・4キロ下で、強い土圧や地下水の流出などの影響で難工事が予想される。
 この日公開されたのは、開業後は非常時の乗客避難や作業用の通路になる山梨県側の「山梨工区」のトンネル約2・6キロ。同社山梨工事事務所の有江喜一郎所長は「今のところ地下水は少なく、工事は順調。27年の開業に問題なく間に合う」と話した。実際にリニアの車両が走る部分を17年度中に掘り始める方針も明かした。
 JR東海によると、現場は固さの違う岩盤が交互に現れる複雑な地質。重機で開けた穴に火薬を詰めて爆破する工法で、毎日約5メートルの速度で掘り進んでいる。山梨工区では1日に10トントラック100台分の土砂を運び出しているが「観光や地域生活への大きな影響は確認されていない」とした。
 南アルプストンネル工事は、未着工の静岡工区(静岡市)、今年4月に着工した長野工区(同市、長野県大鹿村)もある。
リニア「最難関」トンネル工事現場、初めて公開(読売新聞 2017年08月23日 19時20分)
 JR東海は23日、山梨県早川町で、2027年に東京(品川)―名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線(総延長285キロ)のうち最難関とされる南アルプストンネルの掘削工事現場を報道陣に初めて公開した。
 同トンネルは山梨、静岡、長野県にまたがる25キロで、公開されたのは早川町を起点とする山梨工区(7・7キロ)の早川非常口。2015年に着工し、リニアが通るトンネル本線と地表とを結ぶ作業用トンネルを約2・6キロ掘り進めた。トンネルの掘削現場の最深部は地表から750メートルになる。年度内に本線トンネルの工事に着手する。
 3000メートル級の峰が連なる南アルプスは、地層が複雑で岩盤がもろい破砕帯も潜む。同社の有江喜一郎・山梨工事事務所長は記者団に「作業員の安全と環境保全に配慮しながら着実に工事を進めたい」と語った。
地下1000メートルの難工事=南アルプストンネル着工へ−JR東海のリニア(時事通信 2017/08/23-19:08)
 JR東海は23日、リニア中央新幹線の最大の難工事区間とされる南アルプストンネル山梨工区(山梨県早川町)を公開した。最も深い場所で地表からトンネルまで1000メートルを超え、大量の地下水が流れ込む厳しい条件が予想されている。2027年の東京(品川)−名古屋間の開業に向け、17年度中に本格着工する見通しだ。
 南アルプストンネルは早川町と長野県大鹿村を結び、高さ8メートル、幅13メートル、全長は25キロに及ぶ。3000メートル級の山々が連なる南アルプスを貫く難工事だ。
 同社の柘植康英社長は23日に山梨県庁で報道陣の取材に応じ、「工事では予想外のことが起きるだろうが、(関係者の力を合わせて)前に進む」と語った。
 今回公開されたのは、非常用通路となるトンネル。6月末に2.5キロの掘削を完了した。報道陣がトンネル内を移動する車内からは、地下水が緩やかに流れている様子が確認できた。
 同社によると、現在1分間に約1.5トンの水が湧き出てくる。大規模な本体工事でどの程度の地下水が発生するかは「掘ってみないと分からない」という。
リニアトンネル内公開 JR東海 南ア山梨工区(信濃毎日新聞 2017年8月24日)
 リニア中央新幹線東京(品川)―名古屋間の2027年開業を目指すJR東海は23日、山梨県早川町で工事が進む南アルプストンネル山梨工区(7・7キロ)の坑内を報道機関に公開した。リニアのトンネル内部の公開は初めてで、本坑に先行して掘削を進めている「先進坑」で工事の状況を説明。掘削の進み具合について同社は、出水などは少なく順調とした。
 南アトンネルは山梨、静岡、長野の3県にまたがり、全長は25キロ。山梨工区は2015年12月、山梨リニア実験線を除く沿線約243キロの本体工事の中でいち早く着工した。
 同社によると、2017年6月までに「早川非常口」で約2・5キロの作業用トンネル(斜坑)の掘削が完了し、7月から先進坑の掘削に入っている。先進坑は、本坑に平行して掘って地質の確認などを行う。
 先進坑は高さ6メートル、横幅7メートルほどで、約90メートルの掘削が完了。現在は1日4回の火薬を使った発破で5メートルほどのペースで掘り進んでおり、残土は1日約100台のダンプカーで搬出している。90メートル地点の土被(どかぶ)り(地表からの深さ)は約750メートル。出水量は1分間に1・5トンほどで、同社は「想定より少ない」との認識を示した。
 山梨工事事務所(甲府市)の有江喜一郎所長は、2015年の着工時に示した工程より遅れはあるが「(掘削は)順調に進んでいる」と説明。本坑の掘削開始は本年度内を予定している。
 南アトンネルの最大土被りは約1400メートルで、大量の出水など難工事が予想されている。下伊那郡大鹿村では長野工区(8・4キロ)の斜坑の掘削が進み、(2017年8月)29日に発破作業に入る。静岡工区(8・9キロ)は工事業者を公募している。
posted by ict工夫 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180751846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック