2017年09月08日

山梨県富士川町9月議会、リニア防音で住民投票条例案提出(報道記録)

富士川町については、2017年08月30日  リニアが見える街の騒音対策で苦悩する山梨県富士川町 を書いています。
富士川町9月議会は 9月8日開会、11日一般質問、12日議案審議の予定です。
『2017年9月4日 9月議会一般質問通告者は9名です。ぜひ傍聴にお越しください。』との町政の期待に応じた報道がありました・・・
リニア防音で住民投票条例案提出(NHK甲府放送局ニュース 2017年09月08日 17時02分)
10年後に開業予定のリニア中央新幹線の計画ルートにあたる富士川町は、騒音対策として高架橋に「防音フード」の設置を希望するかどうかを問う住民投票の条例案を定例町議会に提出しました。
リニア中央新幹線が通過する計画の富士川町では、トンネル部分を除くおよそ2.6キロについて高架橋が住宅街などを横切る見通しです。
JR東海は沿線の騒音対策として高架橋に「防音壁」と呼ばれる高さ3メートルほどの壁を設置するか、軌道をすべてコンクリートで覆う「防音フード」の設置を検討しています。
こうした中富士川町はより騒音を抑える効果がある「防音フード」の設置を希望するかどうかを問う住民投票を行うための条例案をきょう開会した定例町議会に提出しました。
この中で、志村学町長は「沿線住民の意向を最も反映できる手段として住民投票を実施し、その結果をJR東海に伝えたい」と述べました。
富士川町によりますと住民投票の対象となるのはルートの中心から両側400メートル以内の18歳以上の住民や法人の代表などおよそ3800人で、防音フードの設置を希望するか、しないかを選択する形を想定しているということです。
富士川町議会は住民投票を実施するかどうか議論した上で最終日の今月22日に採決することにしています。 JR東海によりますと、住民投票の実施が決まれば、リニア中央新幹線の建設をめぐる住民投票としては全国で初めてだということです。

これまで報道では「防音フード」と伝えていますがJR東海は「防音防災フード」と呼んでいます。
富士川町でいえば、2014年11月12日 富士川町ますほ文化ホールで開催された事業説明会でも、説明スライド(PDFファイル) の24ページ「高架橋の概要」に書かれています。

日本航空のエンジン出火が当初はバードストライクだと報じられたのは記憶に新しいところです。(参照・産経News YouTube 【緊急着陸の模様】JALエンジンから出火 羽田に引き返す模様2017,9,5
リニア車両の防災とは何を意味するのか、防災が不要な防音壁だけの区間があるのは何故か、報道はそこまで伝えてほしいと思います。

志村学町長の「沿線住民の意向を最も反映できる手段として住民投票を実施し、その結果をJR東海に伝えたい」というお考えは別なソースでも読んだことがあります。これはおかしい!と私は思います。
「防音防災フード」を求める住民意思が明らかになった時は、山梨県知事を通じて国土交通大臣によるJR東海現行計画の変更指示を求めるのが筋でしょう。国土交通省としてはそれは出来ないというなら国会審議です。全国版でマスメディアが報じることでリニア新幹線事業への国民の理解も深まります。

posted by ictkofu at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境影響
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180930933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック