2017年09月09日

福井の新幹線トンネル工事で地上のグラウンドが深さ8m陥没

独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構) | 現地調査と技術委員会は9月23日(土)開催(2017年9月20日) | 台風による委員会の開催延期広報 | 北陸新幹線、柿原トンネル陥没事故の記者会見について(2017年9月12日)| 北陸新幹線、柿原トンネル陥没事故について(PDFファイル)(2017年9月8日)
北陸新幹線、柿原トンネル陥没事故の記者会見について 平成29年9月12日 鉄道・運輸機構
標記の件に関し、応急対策及び今後の予定について、下記により記者会見を行いますのでお知らせします。
1.日時 平成29年9月12日(火曜日)16時から
2.場所 福井県庁6F 記者会見室

9月12日の記者会見を報じた記事あり、今後は技術委員会現地調査と臨時委員会に注目します。
福井新聞
中日新聞・日刊県民福井
毎日新聞/北陸新幹線

福井県あわら市 | 新着情報 | 柿原グラウンド(最終更新日 2017年9月8日)『当面の間、柿原グラウンドの利用を中止させていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。』
福井県 | 報道発表資料

トンネル崩落「原因分からず」 北陸新幹線工事、機構が陳謝(2017年9月13日 午前7時20分 福井新聞)
 福井県あわら市柿原で建設中の北陸新幹線柿原トンネルの天井部分が崩落、地表のグラウンドが陥没した事故で、鉄道建設・運輸施設整備支援機構は12日、県庁で会見した。グラウンドの陥没について「トンネル上部から地表まで約15メートルあり陥没は想定外だった。人がいたら大惨事になっており、市民が利用する施設で事故が起こり大変申し訳なく思っている」と陳謝した。
 会見には萩原秀樹・大阪支社工事第三部長と玉本学也・福井鉄道建設所長が出席。17日に有識者らでつくる技術委員会が、現地調査と臨時の委員会を行うことを明らかにした。
 柿原トンネルは全長約2・5キロのうち、約850メートル区間で陥没防止のため地盤改良されているが、グラウンドには行われていない。理由について「これまでの経験で問題なしと判断した」とした。
 機構によると、トンネル工事現場での崩落は2003年の機構発足以来、今回で4回目。これまでの事故では、複雑な地質や地下水の圧力が原因とされているが、今回の原因について同部長は「分からない」と繰り返した。
 今回と同じ工法を採用し、昨年11月に福岡市で起きた道路大規模陥没事故を受け、国土交通省から注意喚起の通達が出ていたことを明らかにし、「地下水などに留意して施工してきたつもりだった」と釈明した。
 県内の北陸新幹線工事では、14のトンネルと20の高架橋・橋があり、工事が順次始まっている。事故を受けて行った機構の工事現場の点検では、いずれも異常がなかったという。
 工事再開時期や、崩落に伴う費用、工法変更などの可能性については、いずれも「分からない」「原因究明を待ちたい」などと繰り返し、「2023年春の敦賀開業に遅れが出ないよう努める」と述べるにとどめた。
 また機構は会見で、天井が崩落し土砂が流入した8日のトンネル内部の写真を公開した。
 現場では、陥没部分の埋め戻しを終え、13日からトンネル内の空洞を埋める作業を始める。
トンネル内部の写真
天井が崩落し土砂が流入したトンネル内部。高さ約8メートル、幅約10メートルのトンネルに土砂があふれ掘削の先端部分が見えない=8日午前11時10分ごろ、福井県あわら市柿原(鉄道建設・運輸施設整備支援機構提供)
原因究明へ17日会合 北陸新幹線トンネル崩落(2017年9月13日 日刊県民福井)
工学の専門家ら議論
 北陸新幹線柿原トンネル(あわら市)で起きた崩落事故について、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は、17日午後にあわら市で原因究明に向けた有識者会合を開く。鉄道・運輸機構大阪支社の萩原秀樹工事第三部長と玉本学也福井鉄道建設所長が12日、県庁で会見し説明した
 鉄道・運輸機構は、トンネルの設計・施工の助言を受けるため、「北陸新幹線、金沢・敦賀間トンネル施工技術委員会」(委員長・朝倉俊弘京都大名誉教授)を3年前に設置している。トンネル工学の専門家ら17人で構成しており、17日は委員15人が現地を視察した後、原因究明の議論に入る。
 萩原部長は会見冒頭で事故を謝罪し、現時点で原因は不明だと説明。現場の図面を示しながら、崩落がトンネル先端ではなく、既に掘削した部分で起きたことについて「知見の中で初めて」との認識を示した。施工中の他の県内18工区に異常がないことも報告した。
 崩落現場の金沢方面には既に掘り進んだ空洞の部分があり、底部には地下水がたまっていた。事故発生前、周辺で地下水の水位に変化はなかったという。12日は地下水を抜く作業を実施し、13日からおおむね一週間かけ、新たな崩落が起きないように空洞を埋め戻す。
北陸新幹線、柿原トンネル陥没事故について 平成29年9月8日 鉄道・運輸機構
北陸新幹線、柿原トンネルの掘削部において土砂崩落が発生し、地上部 (グラウンド)が陥没しましたので、下記のとおりご報告致します。
1.日 時 : 平成29年9月8日(金曜日)午前 5 時 45 分頃 雨
2.場 所 : 福井県あわら市柿原第 21 号 98 番地 柿原グラウンド
       柿原トンネルの入口(金沢方坑口)より 730m付近
         ・位置図(別紙のとおり)
3.被害の状況 : 第三者及びトンネル内の作業員の被災は確認されておりません。
         現在、坑内及びグラウンドへの立入禁止措置を取っています。
4.発生状況と
      現状:土砂崩落 約 1,500m 3 程度(推定)
      地上部陥没の状況 直径約 15m、深さ最大で約 8m
      なお、発生以降、トンネル掘削部の土砂崩落、地表面の陥没
      ともに止まっています。
5.原 因 : 詳細を調査中であり、早急に原因を究明いたします。
6.受注者 : 前田・植木・西村特定建設工事共同企業体
【 問合せ先】
 鉄道・運輸機構 大阪支社 総務課  電話 06-6394-6020  FAX 06-6394-6019
柿原トンネル陥没

柿原トンネル工事現地の地図画像などを確認すると住宅地とは思えませんし、今回の事故で人身被害が無かったことも良かったと思います。
私は北陸新幹線事業のことは何も知りません。過日、長野県で発生している問題については記録しましたが、その後の状況は未確認です。今回のトンネル崩落についても、そもそも北陸新幹線事業の環境影響評価とか事業説明資料などを何も知りませんので、リニア新幹線事業で想定される問題の先行事例として記録しておくのみです。

崩落 週末にも現場調査 北陸新幹線トンネル(2017年9月12日 日刊県民福井)
鉄道・運輸機構 あわら市に説明
 あわら市柿原で進められていた北陸新幹線トンネル工事現場の崩落事故に関し、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は(2017年9月)11日、有識者を交えた調査委員会を立ち上げ、今週末にも現場調査に入るとの考えを明らかにした。 (北原愛、尾嶋隆宏)
 鉄道・運輸機構大阪支社の萩原秀樹工事第三部長が11日、県庁や市役所を訪れ、現状や原因究明に向けた態勢などを説明した。面談は非公開。橋本達也市長や森之嗣議長らに説明後、萩原部長が「早ければ週末に初会合を設け、現地派遣したい」などと話した。同支社によると、委員会はトンネル工学の専門家と機構職員らで構成。調査期間は未定だが、原因の特定まで掘削工事は中断されるという。
 崩落事故は8日午前5時45分ごろに発生。作業員5人がトンネル上部からのコンクリート片の落下に気づいて逃げだした直後だった。柿原グラウンドは直径15メートル、深さ最大8メートルにわたって陥没。萩原部長は「地元住民の不安や市の財産を傷つけたことをまずおわび申し上げた」とも語った。本紙の取材に対し、橋本市長は「結果的に人的被害はなかったが、一歩間違えれば重大事故になりかねなかった」と強い遺憾の意を表明。市教委スポーツ課ではグラウンドを当面使用禁止とした。
 県や市では、予定通りの北陸新幹線県内延伸の実現に向け、早期の原因究明と万全の安全対策を機構側にあらためて要請した。
陥没埋め戻し始まる あわらの新幹線トンネル(2017年9月10日 日刊県民福井)
 あわら市柿原の北陸新幹線柿原トンネル工事現場で(2017年9月)8日に発生した崩落事故で、直径約15メートル、深さ最大8メートルにわたって陥没した柿原グラウンドで9日、穴の埋め戻し作業が始まった。
 鉄道整備・運輸施設整備支援機構によると、油圧ショベル3台、10トンダンプ4台と作業員14人体制で、午前11時20分から作業を開始。穴に落ちた側溝などの残骸を重機で取り除いた後、トンネル掘削土の仮置き場の土砂約1500立方メートルを使って埋め戻していった。作業は夜間も続け、10日夕方には終える予定。
 トンネル工事では坑内と地上を一日数回、レーザーによる計測システムなどで沈下などがないかチェックしてきた。機構では、事故後に新たな数値の変化はなく、9日朝の時点でも崩落箇所以外の坑内の吹き付けコンクリートに、剥落やひび割れなどの異常も確認できないことから「崩落箇所以外の安全は確保されている」と判断している。
 また、柿原トンネルの工期(2020年3月完成予定)への影響に関しては「早急に復旧、原因究明し再開したい」とするにとどめながらも、2023年春ごろを見込む金沢−敦賀間の開業スケジュールに「現時点で影響はないと考えている」とした。
 埋め戻し後は、再発防止策や原因究明へ学識経験者らに意見を求め、検討を進めていく方針。(中田誠司)
北陸新幹線工事で陥没、福井 けが人なし(共同通信 2017/9/8 21:26)
 (2017年9月)8日午前5時45分ごろ、福井県あわら市柿原の北陸新幹線金沢―敦賀間のトンネル工事現場で土砂が崩落し、地上にある市が所有するグラウンドの地表が幅約15メートル、深さ約8メートルにわたって陥没した。作業員5人は退避して無事で、グラウンドを使用している人はいなかった。
 工事を発注した鉄道建設・運輸施設整備支援機構によると、直前に作業員がトンネルの内壁が崩落していることに気づき、退避したという。機構は拡大を防ぐとともに、原因を調べている。
 現場はJR細呂木駅から西約2キロ。
グラウンドが深さ8m陥没 福井の新幹線トンネル工事(朝日新聞 2017年9月9日 00時35分)
 (2017年9月)8日午前5時45分ごろ、福井県あわら市柿原の北陸新幹線・柿原トンネルの工事現場で土砂が崩落し、地表のグラウンドが直径約15メートル、深さ約8メートルにわたって陥没した。工事を管理している鉄道・運輸機構大阪支社によると、当時は5人の作業員がいたが、直前に避難して無事だった。
 同支社の話では、現場では地下十数メートルの地点で掘削工事をしていた。トンネルは延長2530メートルで、高さ8・4メートル、幅9・5メートル。金沢側の入り口から730メートルほどのところで突然崩れ、土砂約1500立方メートルがトンネル内に流れ込んだ。
 当時、トンネル内には5人の作業員がいたが、直前にトンネル内壁のコンクリートがはがれているのに気づき、避難したという。
 崩れた現場はあわら市営のグラウンドで、野球やソフトボールに利用できる。同市によると、山間にあるため、平日はあまり利用者はいないという。崩落時は早朝で雨が降っていた。
 北陸新幹線は長野―金沢間が2015年3月に開業。金沢―敦賀(福井県)間113キロの延伸工事をしている。敦賀駅は22年度末までの開業を目指している。
あわら市の橋本達也市長は事故を受けて「たいへん遺憾だ。早急に原因を究明し、安全対策を精査するよう求める」とのコメントを発表した。
トンネル崩落、あわや生き埋め 声震わせる住民、日常的に使用(福井新聞 2017年9月9日 午前7時20分)
 福井県あわら市柿原で建設中の北陸新幹線柿原トンネルで8日に崩落が起きたのはちょうど、夜勤の作業員が現場から引き上げる時間帯だった。建設会社の担当者は表情をこわばらせ、「作業中だったら生き埋めになっていた」。直径約15メートルにわたって陥没した柿原グラウンドは、野球の小中学生チームが日常的に使っており、保護者ら住民は「一歩間違えれば大惨事になっていた」と声を震わせた。
 グラウンドは、野球のバックネット付近から三塁側にかけての地面がぽっかりと口を開け、異様な光景を見せた。陥没部から北東側十数メートルにある鉄棒に向けてもトンネルに沿って地面がくぼみ、グラウンド全体が立ち入り禁止になった。「詳しい原因は伝わっていない」と堅く口を結ぶ見張りの作業員。規制線手前にある高台の駐車場からも、穴の底は全く見えず、陥没規模の大きさをうかがわせた。
 工事関係者によると、トンネルの掘削作業は、建設会社3社の共同企業体(JV)が、午後7時〜翌日午前5時と午前8時〜午後5時の2交代制で行っていた。崩落したのは、作業の中心となるトンネルの先端部付近。作業員は避難して無事だったが、午前5時45分ごろの発生時刻がずれていれば、死傷者が出ていた恐れもあった。現場付近は6月にあわら市細呂木小の児童が見学で訪れ、7月にも住民向け見学会が行われていた場所だという。
 午前6時40分ごろに現場所長から報告を受けた柿原区の酒井敏雄区長(68)は驚いた様子で「早急に原因と対応策を住民に説明してほしい」。近くに住む男性(76)は「陥没時は大きな音はなく気づかなかった。穴が思った以上に大きくて驚いた」と怖がっていた。
 柿原グラウンドでは週末の10日、金津地区の少年野球チームが練習試合を予定していた。このチームに小学6年の選手がいる母親は「普段使っているグラウンドが使えず、代わりに予約していた。もしそのときに重なっていたらと思うと…」と言葉を詰まらせた。
 柿原トンネルでは、JVと嶺北あわら消防署が1日に事故対応訓練を行ったばかりだった。安全管理の徹底を訓示した現場所長は、この日、終始無言を貫いた。訓練を見守った同署の土田照章署長は「工事はしっかりしているとの印象だっただけに残念極まりない。1日も早く原因を究明してほしい」と話した。
北陸新幹線 トンネル工事で崩落 あわら 作業員 直前に避難(中日新聞 日刊県民福井から 2017年9月9日)(編注・漢数字はアラビア数字に変更し、年月を補完してあります)
 (2017年9月)8日午前5時45分ごろ、あわら市柿原の北陸新幹線柿原トンネルの工事現場で、土砂崩落が発生し、トンネル上部にある柿原グラウンドが直径15メートルにわたって陥没した。内部には作業員5人がいたが、事前に上部のひび割れに気付いて避難し、無事だった。
 トンネル工事を設計・発注した鉄道建設・運輸施設整備支援機構の大阪支社によると、崩落したのは同市柿原−高塚間の工区全長2530メートルのうち、金沢側坑口予定地から730メートル地点。8月25〜29日に掘削し、断面に鋼材を埋め込んでコンクリートを吹き付けていた。崩落現場付近で金沢に向かって掘削していた作業員らが、後方30メートルのトンネル上部でひび割れを見つけ、退避した直後の事故だった。前日まではコンクリートのひび割れなどはなかったという。トンネルは楕円(だえん)形で横9・5メートル、高さ8・4メートル。崩落地点のトンネル上部から地表までは12メートルで、グラウンドには深さ8メートルの穴が残っており、1500立方メートルの土砂が崩れたとみている。
 付近にはトンネル上部から地表までが3・5メートルの地点もあり、そうした地面の薄い部分は地盤改良をしていた。崩落場所は十分な厚みがある点やボーリング調査の結果から改良の必要はないと判断されていた。トンネルやグラウンドは、施工する前田・植木・西村JV(共同企業体)が立ち入り禁止とした。
 同支社によると、これまでに同機構の発注工事で発生したトンネル事故は、北陸新幹線の飯山トンネル(22・2キロ)で2003年9月と2006年4月、東北新幹線牛鍵トンネル(2キロ)で2005年5月の計3回。いずれも施工中の崩落で負傷者が出た。大阪支社管内では初めてで、担当者は「早急に原因を究明し、復旧と再発防止に務めたい」と話した。近く学識経験者を交えた調査に乗り出す。
 工事は昨2016年6月に始まり現在2百メートルを掘削、2020年3月の完成を目指していた。今後の工程への影響は現時点で判断できないという。橋本達也あわら市長は8日夕、安全対策と地元住民の安全確保、北陸新幹線の2022年度開業を同支社に電話で要請した。(北原愛)
posted by ictkofu at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会・国政
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180938575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック