2017年09月16日

リニア工事発生土運搬の為に山梨県道南アルプス公園線の6橋で補強工事

この事案については山梨県公共事業評価委員会の2017年9月14日会議録が2017年11月初め頃に公開されるはずなので、とりあえず県庁広報発表の記事を記録しておきます。
南ア公園線の6橋/耐荷補強工へ17・7億増 (山梨建設新聞 2017年9月16日)【編注・記事中リンク、年月日などは編者が補完】
 山梨県の公共事業評価委員会が(2017年9月)14日に県庁で開かれ、「道路修繕事業(県単)南アルプス公園線(早川大橋外5橋)」(早川町早川ほか)について審議した。
これら6橋は、リニア中央新幹線のトンネル工事残土の運搬に耐えられるよう耐荷補強を計画しているが、詳細設計の結果、補強部材の重量が大幅に増加したことなどで、事業費を17億7500万円増額して24億7700万円に変更し事業を継続していくことが了承された。事業期間は2018年度まで。

 事業費を増額する6橋は、①中尾澤橋(L50・5m)②滝見橋(L41・8m)③奈良田橋(L126・3m)④慶雲橋(L43m)⑤蓬莱橋(L37m)⑥早川大橋(L111・6m)。これらの耐荷補強工事は多くが工事入札手続きを行っている。

 南アルプス公園線は、国道52号から南アルプス登山の玄関口である広河原を結ぶ観光道路。リニア中央新幹線の建設工事に伴い、トンネル残土の運搬車両などの大型工事車両が通行することになったが、車両重量規制(14t)の橋梁があり、増加する大型車両(20t超)が繰り返し通行することによる橋梁の損傷は、地域住民の生活や観光に大きな影響を及ぼす。
 そのため山梨県では、重量規制のある橋梁の耐荷補強工事をJR東海との費用分担により実施する。費用割合は、JR東海89%、県11%。事業は2016年12月に調査・設計に着手した。
 JR東海との協定では、リニア工事の全体工程を踏まえた橋梁耐荷補強工事の着手が2017年10月末をめどとすることになっているため、今回の委員会に事業計画変更について諮った。

 山梨県によると、変更対象のトラス・アーチ橋などの6橋は一般的な補強工法が可能と考え事業費を算出していたが、詳細な現地調査および設計を実施した結果、補強部材の重量が大幅に増加したことにより、抜本的な工法見直しが必要になった。
 補強工法を見直した結果、「当て板工法」と合わせて、荷重軽減対策としての「外ケーブル工」「支承取替工」「橋脚補強工」などの追加が必要となり、事業費が当初の約3・5倍の増額となった。

 リニア残土運搬の交通量は2017年11月より段階的に増加していくことから、2017年度予算により耐荷補強工事を早期に進め、2018年度の完成を目指す。
 工法については、技術的地知見と経験が豊富な複数の設計コンサルタントと「技術検討会」を開催して、最適な工法を選択。さらに、工事発注や施工段階でのコスト縮減を検討していく。
 委員会では、時間管理や工程管理の徹底を求める意見などが出た。

⑥早川大橋は早川北小学校近くに設定された塩島発生土置き場より南(下流)になります。
⑤蓬莱橋はバス停があります。バス停「蓬莱橋」
④慶雲橋も、バス停「慶雲橋」
③奈良田橋、2014年10月26日訪問・奈良田橋、写真も掲載された訪問記です。
②滝見橋、2014年10月26日訪問・滝見橋、奈良田橋と同じブロガーさん、「うん、確かに落差の大きい見事な滝。」
①中尾澤橋、2014年10月26日訪問・中尾澤橋「平行弦トラス橋が見えてきた。」 このブロガーさん橋の構造にお詳しいようです。
ネットから確認できたのは以上です。いずれ山梨県公式情報を確認して整理します。

この事案のそもそもの理由は、リニア中央新幹線南アルプス・トンネル(山梨工区)の発生土処理を山梨県が県単事業として行う早川・芦安連絡道路建設に活用する事に端を発することは理解しています。しかしこの道路計画の状況を私は未確認なので、県内全体の発生土処理計画も含めて総合的に整理するのは後日にします。私の関心としては沿線他都県の状況確認が先行しています。

※県単=県単事業(地方単独事業)知恵蔵の解説 『地方自治体が国の補助を受けずに独自の財源で任意に実施する事業。国から負担金や補助金を受けて実施する補助事業と区別される。』
※南アルプス公園線=山梨県道37号線の愛称、下図は 山梨県観光資源課・南アルプスマイカー規制について掲載の2017年 山梨県南アルプスマイカー規制図から引用しました。県道(主要地方道)【37号】南アルプス公園線 の規制情報(山梨県 県土整備部道路管理課)もあります。

南アルプスマイカー規制
posted by ictkofu at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181017787
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック