2017年09月17日

中野市安源寺の小内八幡神社で地盤沈下影響の改修工事終了(報道記録)

中野の神社改修終了 新幹線整備影響の地盤沈下(信濃毎日新聞 2017年9月17日)
 北陸新幹線(長野経由)高丘トンネル(延長6・9キロ)の整備に伴う地盤沈下で社殿がゆがんだ中野市安源寺の小内八幡神社で16日夜、社殿の改修が終了し、ご神体を仮殿(かりでん)(社務所)から本殿に戻す遷座祭があった。建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構から補償金を受けて建物の傾きを直したが、本来は不要な工事と祭事。関係者からは憤りや複雑な思いが聞かれた。
 市内の神職や地元住民ら約40人が、改修工事のため6月1日に社務所に一時的に移していたご神体を150メートルほど離れた本殿に戻した。ご神体を白い布で覆い、列を作ってゆっくりと厳かに歩いた。
 同神社では地盤沈下に伴い、本殿の施錠に不具合が発生し、本殿を囲う「覆い屋」の柱が傾き、門ではコンクリートのたたきのひびが広がるなどした。覆い屋や門を直した今回の工事費用は同機構から受けた補償金のほか、神社の持ち出しでまかなった。
 同神社によると、遷座祭は大屋根を改修した1943(昭和18)年9月以来。終了後、宮司の片山求さん(40)は「氏子のみなさんの協力で無事終えることができた。本来やらなくてよい祭りで憤りを感じる」と話した。
 同機構は地盤沈下に伴う家屋補償件数を明らかにしていない。市によると、同機構は15年3月までに95戸189棟に補償。信濃毎日新聞が地盤沈下問題を6月に報道後、市には新たに家屋や井戸への影響の訴え6件が寄せられたが、市の説明では、機構が調べたところ因果関係はなかったという。
posted by ict工夫 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181035710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック