2017年11月02日

山梨県中央市の田富北小学校移転計画(報道記録)

中央市議会だより 第47号 (平成29_2017年11月1日発行 (2.93MB) より【2017年9月定例会の報告広報です】
「総務教育常任委員会」答弁は教育総務課

問 田富北小の移転では、仮設校舎で過ごす時間をできる限り短くしてほしい。現段階の予定使用期間は。
答 現在の計画では、概ね平成31_2019年の2学期から平成34_2022年の1学期くらいまでの約2年半。長い期間使用するため、恒久的に使用できるような、しっかりとしたものを建設予定。

問 JR東海との補償協議は、事業を予算化する上で事前に補償の確約はとれているか。
答 交渉では関係課と連携し強く要望し、財源の確保がなければ期限内に事業ができないという姿勢で交渉を進める。

リニア中央新幹線対策特別委員会(中央市議会だより第47号から)
(2017年)9月20日に開催し、リニア交通政策課より6月以降の沿線地区とJRとの折衝状況など、現況について説明がありました。
また、教育委員会からは田富北小学校の移転問題などについて、完成した基本計画に基づきスケジュールや配置の概要説明を受けました。
委員からは移転全体に関わる設計の効率化やコスト削減など、多数の意見や質問がありました。
今後も沿線地区への対応や公共施設の移転問題について注視し、随時ご報告します。
【編注・山梨県中央市リニア交通政策課、市議会に設置されているリニア中央新幹線対策特別委員会について明示的な情報は公開されていないようです。】
年内に仮設校舎設計へ 中央市の田富北小移転計画(2017年10月17日 山梨建設新聞)(括弧内数字は編者による)
 山梨県中央市は、リニア中央新幹線建設に伴い建て替える、田富北小学校仮設校舎設計業務(1)の発注準備を進めている。補正で予算対応した新運動場設計にも着手する方針で、年次進める移転事業がいよいよ動き出す。
 同事業は、仮設をまず建て現校舎を解体。現校庭部分に学校の体育館とプールを整備し、市民体育館・プールを取り壊した跡地に新校舎を建設する段取りで進める計画。
 本年度(2017年度)、移転に絡んでは、(2)仮設校舎設計をはじめ学校施設用地全体の測量、(3)開発申請に伴う設計業務、(4)新運動場の設計の業務を年内には発注していくよう作業を行っていく。
 なお、以上4件の業務はこのほどまとめられた下半期発注計画のなかにも組み込まれており、本紙9月6日付け既報のとおり、3分離による増設庁舎建築工事も第4四半期発注として明記されている。

山梨県中央市田富北小学校の移転事案について書いたブログ記事は以下の2件です。
2016年12月07日 田富北小学校移転とリニア新幹線事業に関する中央市長の議会報告
2016年10月03日 山梨県中央市田富北小学校の移転について
「現在の校舎の南側、ふるさと公園内に移転する」計画として上記4件の業務が進められることが報じられたのです。

posted by ict工夫 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181469790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック