2018年01月03日

南アルプストンネル山梨工区本坑、着工に1年半の遅れ(報道記録)

リニア トンネル3月までに着手(NHK甲府のニュース 2018年01月03日 10時58分)

(山梨県)早川町で行われているリニア中央新幹線の南アルプストンネルの建設工事で、計画に遅れが出ているトンネル本線の掘削について、JR東海はことし(2018年)3月までには着手したいとしています。
山梨、静岡、長野の3県にまたがる全長25キロの南アルプストンネルは、東京・名古屋間のリニア中央新幹線の最難関の工事とされ、平成27_2015年12月に早川町で工事が始まりました。
現在はトンネル本線の掘削に先だち、地質を調べるために掘る「先進坑」の掘削が進められていますが、資材置き場の確保などに時間がかかり、当初、おととし(2016年)秋ごろに着手するとしていた本線の掘削はまだ始まっていません。
一方、建設工事を巡る談合事件の捜査が進む中、地元で工事に遅れが出ることが懸念されていますが、JR東海の柘植康英社長は「現在行われている工事については、工期に影響が出ないことを最優先に考えていきたい」としています。
JR東海は、今後、早川町での工事を着実に進め、ことし(2018年)3月までにはトンネル本線の掘削に着手したいとしています。

『工期に影響が出ないことを最優先に・・・』 との発言に注意する必要があります。
南アルプストンネル山梨工区の環境影響評価に基づく事業計画は、発生土汚染の検査も含めて、予定工事期間により発生土の運搬予定やその置き場についても計画されています。その期間が短くなった時にどのような影響が出るか。
私の経験では納期が限られた短期間の仕事では校正ミスで誤植を見落としたり、プログラムのミスで後日トラブルが出たりする場合が多いので、通常より特に注意深くなります。そんな時の車の運転などは心ここにあらず状態もありますから格段に用心深くなるものです。

工事入札談合問題から明らかになったことは、リニア計画の当初からスーパーゼネコンが計画策定に関わっていた事です。品川〜名古屋開通に10年間という計画には、おそらくトンネル工事などでの不測の事態も想定された予備日程は当然組み込まれているでしょう。素人の勝手な憶測は記事に書きませんでしたが、工期10年間を知った時におそらく順調な日程8年間ほどに2年間の予備を含めた計画かも知れないと思いました。俗に言えばサバを読んだ工期予定かと。
しかし、南アルプストンネル山梨工区で2016年秋の着工予定が2018年3月と、既に1年半の遅れが生じている事が報じられたのです。
本坑の工事が始まってからは果たしてどうなるか、情報を公開しない民間事業なので、ネットで読める過去の事例などを読んでリニアトンネル工事についても想定内の引き出しを大きくしておきたいと思っています。
「予定通りに開通を」と語る地域行政は万一の事態に救急救援体制を決定済みか、私は知りません。

2015年12月着工時の工事日程
山梨工区の工事工程

この山梨工区の工事工程表は、私が確認している限り2点の情報があります・・・
 1.2015.12.17 JR東海の 環境保全の計画・山梨県 から 中央新幹線南アルプストンネル新設(山梨工区)工事における環境保全について(PDFファイル)
 2.2015.10.27 早川町役場の リニア中央新幹線情報 から 早川町での工事説明会資料(PDFファイル)(上図はこの引用です、1と2の内容は同じです)
この当初の工事日程の変動についてJR東海が公開していないのは民間事業として当然かと思いますが、トンネル山梨工区の発生土が山梨県公共事業の早川芦安連絡道路建設に利用されるので、それとの関連として山梨県からは道路建設の進行状況に関係するリニア工事の状況は広報されると思います。

トンネル工事について何も知識はありませんので、工事の歴史などネットで読めるものは少しずつでも読んでおきたいと思います・・・
Wikipedia 飛騨トンネル
湧水が原因で飛騨トンネルの工事に遅れ(2007年11月21日 川名 ゆうじ_フリーランス カメラマン/ライター)

posted by ictkofu at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182025666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック