2018年01月26日

長野県の北陸新幹線騒音・振動測定結果

◇ 長野県(環境部)プレスリリース平成30年(2018年)1月5日 「平成29年度北陸新幹線騒音・振動測定結果をお知らせします

県では毎年度、北陸新幹線の沿線地域における騒音及び振動の状況を把握するため、測定を実施しています。
本年度の結果がまとまりましたので、お知らせします。
測定方法
 北陸新幹線沿線の住宅が立地している地域において、周辺環境が測定に影響しない地点を選定し、天候の安定した日に実施しました。
 騒音値は測定器を新幹線軌道の中心から25mと50m、振動値は25m離れた地点に一定時間設置し、有効データの大きい方から上位半数の数値を平均して算出しています。
測定結果
 騒音の達成率について、平成29年度(66.7%)は、平成28年度(50.0%)から改善が見られました。

長野県の測定結果と要請によって鉄道・運輸機構及びJR東日本が北陸新幹線についてどのような対策を行なったことで騒音問題が年々改善されて来たのか、その情報を私は確認していません。

この記事は 山梨県の参考に新幹線騒音対策を長野県の実務から確認する(2017年01月26日) の続報になります。
山梨県内での「新幹線騒音対策」はリニア中央新幹線が初めてになりますが、今までのところ、対策について県民に説明する明確な情報発信はありません。
長野県と同様に山梨県でも大気水質保全課には リニア中央新幹線の環境基準について とのページがありますが、2017年8月にアップロードされた法制と事務手続きの説明です。
山梨リニア実験線の中央新幹線昇格が確定したのを2007年12月の JR東海が全額自己負担を発表 だとしても、以来10年間、山梨県政が山梨リニア実験線の騒音対策について長野県と同様な測定・対策・結果集約・報告広報を続けていたかどうかは全く不明です。

◇ 平成29年度北陸新幹線鉄道騒音・振動測定結果について(長野県環境部水大気環境課 更新日:2018年1月5日)

平成29年度北陸新幹線騒音・振動測定結果
(備考)
・騒音の基準値は、環境基準値
  T類型:主として住居の用に供される地域
  U類型:商工業の用に供される地域等T以外の地域であって通常の生活を保全する必要がある地域
・振動の基準値は、環境省通知による振動対策を講ずるべき指針値
・括弧内は平成28_2016年度の数値
上図は報告の冒頭のみの引用です。
このページには18か所の測定地点別結果や経過なども掲載されています。

長野県内での新幹線沿線地域の類型指定もPDFファイルで掲載されています。

地域指定の状況

(備考)
1 この表において、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域及び工業専用地域とは、都市計画法(昭和43_1968年法律第100号)第2章の規定により定められた用途地域をいう。
2 この表における指定の範囲は、軌道中心から両側 300m をいう。トンネル区間については、トンネルの出入口からトンネル中央部方向に 150m の区間。
3 指定状況は平成26_2014年4月1日現在

posted by ictkofu at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境影響
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182250087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック