2018年03月14日

南アルプストンネル山梨工区で本線工事に着手(報道記録)

JR東海、トンネルの掘削開始=リニア難工事区間(時事ドットコム 2018/03/14-20:13)
ちなみに、時事ドットコム−ニュースのアクセスランキング

 JR東海は(2018年3月)14日、リニア中央新幹線の最大の難工事区間とされる南アルプストンネル本体の掘削を山梨県早川町で始めた。非常用通路などは着工しているが、車両が通るトンネル本体の建設は今回が初めて。
 南アルプストンネルは早川町と長野県大鹿村を結ぶ全長約25キロ。トンネルの高さは約8メートル、幅が約13メートル。同町から名古屋方面に掘り進める。

リニア 南アトンネル本線着手(NHK甲府放送局ニュース 2018年03月14日 17時48分)

リニア中央新幹線の南アルプスを貫くトンネル工事について、JR東海は(2018年3月)14日、実際に車両が通るトンネル本線の掘削工事に着手したと発表しました。
一方、工事をめぐっては、大手ゼネコンによる談合事件の影響が懸念されていますが、JR東海は「すでに着手している工事については着実に進めたい」としています。
平成27_2015年12月、早川町で工事が始まった南アルプストンネルは、山梨、静岡、長野の3県にまたがる全長25キロのトンネルで、一番深いところでは地上から1400メートルに達する最難関の工事とされています。
トンネル本線の掘削工事は当初、おととし秋ごろに始まる予定でしたが、資材置き場の確保などに時間がかかり工事に遅れが出ていて、去年(2017年)7月からは、本線の掘削に先立って地質を調べるために掘る「先進坑」の掘削が行われていました。
JR東海は、これまでの作業で地質の安全性を確認した結果、問題ないと判断したとして、14日、トンネル本線の掘削に着手したと発表しました。
一方、南アルプストンネルの工事を含むリニア中央新幹線の建設工事をめぐっては、大手ゼネコンによる談合事件で、東京地検特捜部の捜査が進められていて、工事への影響が懸念されています。
これについてJR東海は「すでに着手している工事については着実に進めたい」としています。

『14日、トンネル本線の掘削に着手したと発表しました。』・・・JR東海ニュースリリース参照

posted by ictkofu at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182691081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック