2018年05月01日

5月15日に意見陳述される「リニアで変わるやまなしの姿」配付に係る住民監査請求

更新日:2018年5月1日
案件:「リニアで変わるやまなしの姿」の作成・配布に係る損害の補填等を求める知事措置請求
陳述日程:平成30年5月15日(火曜日)午前9時30分から
陳述会場:山梨県庁別館1階監査委員会議室
備考:
  傍聴はどなたでもできますが、会場の都合上、定員10名、先着順としています。傍聴を希望される方は、あらかじめ電話等でお申し込みください。(申込先電話番号:055-223-1823)
  なお、やむを得ない事情により、日程変更や中止、非公開となる場合があります。
陳述会場内における、写真、ビデオ等による撮影・録音はできません
(※報道機関の撮影は、陳述開始前に限り、被写体に含まれる者の同意を得られた場合のみ認めるものとする)
(以下略)
【編注・この記事を書いた5月1日に私はここに記録した県庁の各ページは丹念に確認しましたが、県庁ページは同日17時以後に更新されていたようです。連休明けの再確認で分かり追加しました。】

2018年5月15日(火)9時半から、山梨県庁で陳述の予定
「リニアで変わるやまなしの姿」と題した冊子が山梨県内小中高校生約11万人に配布されましたが、この冊子はリニア中央新幹線開通による山梨県のメリットをPRするのみで、事業に伴う問題点には全く触れていない内容でした。
そのような冊子を山梨県内の児童生徒に配付したことについて市民団体から住民監査請求がされ、監査委員会が監査請求者に陳述の機会を設定したとのことです。
 2018年04月17日記事 山梨県が子供達に配付したリニア冊子に関して住民監査請求(報道記録) をご参照ください。

【リニア冊子について・・・】
2018.03.09 「リニアで変わるやまなしの姿」、山梨県の市民団体が回収を要求
2018.01.02 リニアで変わるやまなしの姿(出版情報)

【山梨県監査委員のページ】
山梨県監査委員事務局(山梨県庁 別館1階) 
掲載されている監査委員
 佐藤佳臣 知識経験  代表監査委員・・・
 小泉久司 知識経験  非常勤・・・税理士事務所
 安本美紀 県議会選出 非常勤(公明党)・・・ホームページ
 杉山 肇 県議会選出 非常勤(自民党誠心会)・・・ホームページ
住民監査請求の陳述日程
『傍聴はどなたでもできますが、会場の都合上、定員10名、先着順としていますので、あらかじめご了承ください。なお、やむを得ない事情により、日程変更や中止、非公開となる場合があります。』(その他、注意事項などはページを参照)
 今回の意見陳述に関する広報・・・(2018.05.01 現在は未掲載)
監査委員事務局ホームページ このページに「業務分掌」などがあります。
住民監査請求トップページ

監査委員の監査結果は 山梨県公報 に記載されます。
ちなみに、平成29_2017年10月3日 号外第46号(その1)と(その2) は「恩賜県有財産賃貸契約に係る損害賠償等を求める住民監査請求の監査結果」です。この事案は山梨県民の方々はよくご存じですが、住民監査請求の結果は山梨県公報で報告されていることを記録しておきます。

陳述会場は定員10名とされています。これは市民の傍聴数、加えて新聞、テレビの取材としては朝,毎,読,産経,山日,UTY,YBS,NHK 8社にはなるでしょう。取材陣が定員に含まることは無いと思います。
さらに、県市町村議会の文教関連委員会の代表者28名(県議会+27市町村)は当然ですが傍聴すべきです。
そうなると意見陳述には山梨県議会の議場を使うと良い。傍聴席は一般市民で埋めることもできます。
こういうケースの県政対応を見ていることで「変わるやまなしの姿」とは如何なるものになるかを誰でも判断できるものです。
posted by ictkofu at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183132883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック