2018年05月12日

情報距離が遠いから時間距離短縮への期待が高まるリニア中央新幹線

【リニアは今 沿線4紙連携 残土・環境問題】
2018.05.10 (1)【神奈川】生活環境への影響不安
2018.05.10 (2)【山梨】活性化期待も募る懸念
2018.05.11 (3)【長野】決まらぬ残土の行き先
2018.05.11 (4)【岐阜】住民は公平負担求める

カナロコ|神奈川新聞ニュースで気付きました。 他の3新聞では記事が見つかりませんので神奈川新聞の掲載が最初で以後各県で続くのかと思いますが、誰でもネットで記事を読めないなら論じる意味も無い。
「沿線4紙連携」の企画は以前にもあり、私は記事画像を何処かで見た覚えがあります。

事業内容の理解はメディアに頼る必要はありませんが、行政も含めて地域の人々が何を考えているかはメディア報道以外には知る方法が少ないのも現実・・・

山梨日日新聞
信濃毎日新聞
岐阜新聞 | 2018年05月09日 リニア工事残土、中津川市山口地区に仮置き場計画

posted by ictkofu at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183210466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック