2018年06月15日

山梨県監査委員はリニア冊子の住民監査請求を棄却した(報道記録)

リニア冊子の住民監査請求を棄却(NHK甲府放送局ニュース 2018年06月15日 16時41分)

県が作成したリニア中央新幹線の開業に伴う山梨県の将来像を描いた冊子の内容に偏りがあるとして回収などを求めた住民監査請求について、県の監査委員は請求を棄却しました。
請求した沿線の住民らは、来月上旬にも住民訴訟を起こす考えを示しています。
この住民監査請求は、リニア中央新幹線の沿線住民ら11人が県が1200万円をかけて作成した冊子「リニアで変わるやまなしの姿」について、「メリットだけが羅列してあり内容に偏りがある」として県に冊子の回収などを求めていたものです。
県の監査委員は「県議会での議論を経て予算措置がなされ適正な手続きによって作成されたもので、整備中に取り組むべき課題が記載されていないとしても違法または不当とは言えない」などとして請求を棄却しました。
請求人の1人で、「リニア・市民ネット山梨」の川村晃生代表は「結果と理由が不当と考えるので住民訴訟の準備に入りたい」というコメントを出し、来月上旬にも県を相手取り訴訟を起こす考えを示しました。

「リニア冊子」を巡る住民監査請求を棄却 (山梨県)(6/15 18:13 山梨放送)

 リニア中央新幹線の開業効果を紹介した県の冊子を巡る住民監査請求が棄却された。
 今回の監査請求では、沿線住民らが「騒音や振動などのデメリットを無視した内容」と批判し、冊子の回収などを求めていた。
 しかし県監査委員は「著しく妥当性を欠いてはいない」として請求を棄却した。
 沿線住民の代表は結果を不服として県を相手取り住民訴訟を起こす方針。

【関連記事】 ◇ リニア冊子事業の監査請求と監査結果(2018年6月15日付け山梨県監査委員による監査結果 公報全文を編集・掲載)
2018年01月02日 リニアで変わるやまなしの姿(出版情報)
2018年03月10日 リニアの夢を煽るマンガ・パンフレットの回収を要望
2018年04月17日 山梨県が子供達に配付したリニア冊子に関して住民監査請求(報道記録)

「リニア冊子」を巡る住民監査請求を棄却(山梨県)(2018/6/15 18:13 山梨放送)
 リニア中央新幹線の開業効果を紹介した県の冊子を巡る住民監査請求が棄却された。
 今回の監査請求では、沿線住民らが「騒音や振動などのデメリットを無視した内容」と批判し、冊子の回収などを求めていた。
 しかし県監査委員は「著しく妥当性を欠いてはいない」として請求を棄却した。
 沿線住民の代表は結果を不服として県を相手取り住民訴訟を起こす方針。

リニア中央新幹線 PR冊子回収請求を棄却 県監査委員/山梨(毎日新聞山梨版 2018年6月16日)

 県が作製したリニア中央新幹線をPRする冊子「リニアで変わるやまなしの姿」の回収などを市民団体が求めた住民監査請求で、県監査委員は15日、「(市民団体の)主張には理由がない」などとして棄却した。
 県監査委は「冊子の作製や配布には重大な事実誤認など著しく妥当性を欠いた点はなかった」とした。
 市民団体は、騒音や振動、日照などの生活被害や自然破壊など、リニア通過で生じるデメリットについて冊子では触れられていないと訴えていた。【加古ななみ】
posted by ictkofu at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 山梨県
この記事へのコメント
お願いがあります。一部の報道記事が1ヶ月でリンク切れとなっているのを確認しています。(中日新聞は1ヶ月で削除を公言しています。)それ故にアーカイブサイト保存の協力を頂くと幸いです。
Posted by 某Wiki編集者 at 2018年08月04日 05:47
某Wiki編集者 さん、メッセージありがとうございます。
私も報道記事とその元になった発表ソースの確認、記録を心掛けていきます。
このブログ記事そのものもメインサイトで整理・保存する予定でおります。
Posted by ictkofu at 2018年08月04日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183550275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック