2018年07月06日

山梨県有識者会議はリニア山梨県駅周辺を活性化拠点とする提案(報道記録)

リニア新駅に大規模ホールなどを( NHK甲府放送局ニュース 2018年07月05日 17時39分)

甲府市に建設予定のリニア中央新幹線の新駅周辺でどのような施設を整備すべきかを話し合う県の有識者会議が開かれ、大規模なホールや県産の食材を使う飲食店などの整備や誘致が必要だという意見が出されました。
甲府市に建設予定のリニア中央新幹線の新駅周辺での整備の基本計画をめぐっては県が有識者会議を設けて検討を進めていて、甲府市内で開かれた部会の会合には、観光の専門家など8人の委員が出席しました。 まず県の担当者が新駅周辺でにぎわいを生み出すための基本的な考え方を説明し、宿泊、飲食・物販、それに広場など7つの機能を軸とする方針を説明しました。
委員からは「全国大会が開ける規模のホールを整備すべきだ」とか「レストランの誘致にあたっては県産の食材を使用する山梨ならではの店にするべきた」などという意見が出されていました。
県は部会で出された意見も参考にして、今年度中に整備の基本計画を策定することにしています。
有識者会議の座長を務める立教大学の羽生冬佳教授は「街の中心となる機能を備え、県や隣接県の拠点にもなるような新駅にしたい」と話していました。

NHKの記事タイトルは間違えています。記事本文で「新駅周辺」と書いている通り、単なる駅周辺整備事業なのですから、駅に大ホールを造るようなものでは無い。タイトルで国民を誤解させる手法は政権ゴマすり記事見出しだけにしておいて欲しい。
それにしても、この有識者と呼ばれる方々はリニア中央新幹線開業時に地元駅に停車する本数や乗降客数の予測などをどのように理解しているのでしょうか。いずれ会議録を拝読して勉強させていただきます。

posted by ictkofu at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183746470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック