2018年09月19日

静岡工区の準備着工を伝える報道のあれこれ

リニア準備工事開始 JR東海が反論「事前連絡した」(静岡新聞 2018/9/18 22:59 Yahoo!ニュース配信)

 JR東海は18日、リニア中央新幹線南アルプストンネル工事静岡工区の準備工事について、川勝平太知事が同日、JR側から工事着手の事前連絡がなかったと発言したことに、事実とは異なると指摘した。
 同社は「13日に静岡県の窓口の環境局と交通基盤部に『18日に宿舎工事に着手する』と報告した。事前に県側に準備工事を伝えている」とした。同社は14日に準備工事着手を正式発表した。

下の記事が配信された8時間後、Yahoo!ニュース配信記事が上の記事です。
 同社は「13日に静岡県の窓口の環境局と交通基盤部に『18日に宿舎工事に着手する』と報告した。事前に県側に準備工事を伝えている」とした。 ・・・全く曖昧な内容でジャーナリズムの記事とは思えない。
報告したのは文書なのか電話なのか、文書なら宛先は静岡県知事になっていたか、それは正本か複写か。
正本が届いたなら、知事が知らなかったのは正本を知事に届けなかった部署の責任であり、両部署とも複写を受けとったなら、正本は何処に届けたかという問題になる。
もし両部署に電話連絡しただけなら、県条例に基づいて処理されている事案の実行連絡を電話でしかしなかった企業の姿勢は糾弾されるのが当然である。
「緊急なのでご担当部署にご連絡します、知事にお伝えください」の一言があったかどうかもポイントなのだ。こんな事は公務員でも普通の会社員でも仕事していれば分かること。
静岡県環境局と交通基盤部は、どのような連絡だったのかをそれぞれ県民に説明すべきであり、それも報道されるべきである。
リニア中央新幹線事業でこれまでも民間企業の説明不足を指弾する意見は地域住民から出ていたが、今回の事案は民間企業が自治体行政に叩きつけた挑戦状に等しいものだ。

リニア準備工事着手 JR東海、静岡市に作業員宿舎(静岡新聞 2018/9/18 14:06)

 JR東海は18日、リニア中央新幹線南アルプストンネル工事静岡工区(静岡市葵区)の準備工事に着手した。同工区の建設予定地近くに設ける作業員の宿舎建設を同日午後、開始。トンネル工事に伴う大井川の流量減少問題を巡り、県や流域市町、利水団体との対立が続く中で、本体工事の準備を一歩前に進めた格好だ。
(中略)
 宿舎は同区の椹島(さわらじま)、西俣、千石の3カ所に建設する。18日は椹島宿舎を建設する椹島ロッジ敷地内に、工事事務所として使うプレハブ小屋や看板の資材をトラックで搬入。作業員数人が設置作業を行う。3カ所はそれぞれ2019年春から20年半ばまでの完成を目指し、椹島はリニア工事終了後、地権者が観光施設として活用することを検討している。
 静岡工区は大井川の流量減少問題を巡るJR東海と地元との対立が影響し、沿線7都県で唯一の未着工区間となっている。同社は毎秒2トンと推定した減少量のうち、トンネル工事で発生した湧水1・3トンを導水路管で大井川に回復させ、残りは必要に応じて戻す対策を提案しているが、県や利水者はトンネル湧水全量を常時大井川に戻すよう求めて膠着(こうちゃく)状態が続いている。法的には本体工事に県や利水者の同意は必要ないため、JR東海は同意なしでの着工にも含みを持たせている。
 川勝平太知事は同日、報道陣に、JR東海側から事前に準備工事に関する話はなかったとし「その辺は良くない。地元の理解を大事にしてもらうことが必要だ。誠意のある形でないと世間の非難を浴びるのではと心配している」と述べた。
9月14日の記事に書いた事ですが、静岡県政サイトではJR東海の 「工事の安全・環境の保全・地域との連携 静岡県」 の「場所ごとの環境保全の計画」欄で同時に掲載された文書、静岡県内中央新幹線建設工事に伴う宿舎等工事における環境保全について〔・中央新幹線南アルプス新設(静岡工区)工事・静岡県導水路トンネル新設工事〕(PDFファイル) が公開されている事を県民に告知していないように思えます。
後述しましたが、日本経済新聞 南関東・静岡版 2018/9/14 は、「静岡県と静岡市に宿舎工事に関する環境影響評価の事後調査報告書と環境保全措置計画も提出した。」と書いていましたが、静岡新聞 2018/9/15 では 「県環境影響評価条例に基づき、準備工事に関する事後調査報告書を県と静岡市に提出。」としか書かれていないと思えます。
地元紙を読んだだけの県民の方々には的確な情報が伝わっていないことになります。内容としては事後調査報告よりも環境保全文書が意見提出には役に立つと思います。

リニア新幹線 関連工事に着手(NHK静岡 2018年09月18日 19時00分)

JR東海は、静岡市葵区でリニア中央新幹線の建設工事に携わる作業員向けの宿舎の建設を18日から始めました。
リニア中央新幹線の整備に関連する工事が行われるのは、静岡県内では初めてです。
JR東海では、静岡市葵区の▼西俣▼千石、それに▼椹島の3か所にリニア中央新幹線の建設工事に携わる作業員が最大750人宿泊できる宿舎を整備する計画で、18日は、このうち椹島で工事が始まりました。
工事は非公開で、JR東海によりますと、18日昼過ぎから、作業員16人が工事用の看板を設置したり、トラック3台でプレハブを運び込んだりしたということです。
(中略)
リニア中央新幹線の整備に関連する工事が行われるのは、静岡県内では初めてです。
リニア中央新幹線をめぐっては、本体のトンネル工事について、近くを流れる大井川の水量が減るおそれがあるとして、流域の自治体などから懸念する声が出ています。
これについてJR東海は「JRの環境保全措置を理解していただくようつとめていく」と話しています。
JR東海がリニア中央新幹線の準備工事を始めたことを受けて、建設に反対する市民団体は「十分な議論が行われていない」などとして、県に対して工事の中止や延期をJR東海に要請するよう申し入れました。
申し入れを行ったのは、リニア中央新幹線の建設に反対する静岡市の市民団体「南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡」です。
申し入れでは、JR東海が9月14日に発表した宿舎建設に関わる環境への影響評価について、県民や専門家から広く意見を聞くことや、宿舎の建設現場に通じる林道の通行を許可した静岡市の田辺市長に対してどのような審査を行ったのか聞き取りをすることなどを求めていて、これらの手続きが終わり内容が県民に明らかにされるまで、すべての工事の中止や延期をJR東海に要請するよう訴えています。
「南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡」の松谷清共同代表は「JR東海は環境問題を真剣に考えていくんだろうかと大変な心配がある。このままリニア本体の工事に進んでしまわないよう、宿舎の建設という入り口で、環境への影響をチェックする必要があるのではないか」と話していました。

JR東海がリニア準備工事に着手、市民団体が反発(朝日新聞 2018年9月19日03時00分)

 静岡市北部を通るリニア中央新幹線の南アルプストンネル工事の静岡工区について、JR東海は18日、本体のトンネル工事の準備のため、作業員宿舎と林道の工事に着手した。トンネル工事に反対している静岡県は準備工事については容認しているが、市民団体からは準備工事の中止を求める声や県の対応への不満の声が上がっている。  JR東海によると、作業員16人とトラック3台が同日、現地入りした。正午過ぎから作業を始め、仮設事務所や看板を設置したという。同市葵区の椹島(さわらじま)と千石、西俣の3カ所に工事作業員用の宿舎計20棟や事務所などを建設するほか、工事車両が通る林道を整備する計画。
(中略)
 大井川の流量減少を懸念してトンネル工事に強く反対している県は、「宿舎工事が自然環境に与える影響は極めて軽微」などとし、準備工事を容認する考えを示している。川勝平太知事も同日、報道陣に「水の問題についてのみ、懸念を持っている」と説明し、改めて準備工事には反対しない姿勢を明らかにした。
 一方、リニア工事に反対する市民団体からは、トンネル工事に反対しながら準備工事は容認する県の姿勢に不満の声が上がった。「南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡」は同日、川勝知事宛てに準備工事の中止を求める申入書を提出。共同代表の松谷清・静岡市議は「準備工事の後には本体(トンネル)工事が待っている」と指摘した。
「リニア新幹線を考える県民ネットワーク」も同日、準備工事に反対する声明を発表し、林克・共同代表は県庁で開いた記者会見で「着工という点では政治的意味がある。(準備工事を認めれば)なし崩しになることを危惧している」と懸念を示した。(宮廻潤子)
 JR東海提供

静岡でリニア準備工事始まる トンネル建設の事務所設営(産経新聞静岡版 2018.9.19 07:07)

 リニア中央新幹線建設をめぐり、JR東海は18日、静岡市葵区の南アルプストンネル建設に向けた準備工事にあたる作業員宿舎の建設に着手した。
(中略)
 同日午前、市街地から車で約4時間かかる同区田代の椹(さわら)島地区に、クレーン付きトラック3台で資材を搬入。同日午後から作業員16人でプレハブの作業事務所の設営を始め、事務所前に「中央新幹線南アルプストンネル新設(静岡工区)」と書かれた看板を設置した。
 同社では、トンネル本体の工事に先駆けて、2年後までに椹島地区など3カ所に各250人収容の作業員用宿舎を建設する。工事は平日午前8時〜午後5時の間に行われる。
 同社の田中雅裕・中央新幹線静岡工事事務所長は「安全と環境への配慮に十分気を付けながら、着実に工事を進めていきたい」とのコメントを出した。
 川勝平太知事はこの日、記者団の取材に「私たちが問題にしているのは、南アルプスにトンネルを掘ると大井川の水が減少すること。それはとても心配している。工事は誠意ある形にしてもらわないと周りの非難を浴びる」と述べた。
 リニア新幹線は9年後の開業を目指しているが、県内工区では大井川の水量減少問題などで地元との調整が遅れ、本体工事に着手できない状況が続いている。

ちなみに今回の事案は8月初めに新聞報道が伝えていました・・・リニア準備工開始、作業員宿舎8月末から着手 JR東海(静岡新聞 2018/8/8 07:40)

 JR東海は(2018年8月)7日、リニア中央新幹線南アルプストンネル工事の現場になる静岡市葵区井川地区で、昨年12月以来となる住民説明会を開いた。リニア工事関連の準備工のうち、作業員の宿泊施設建設に8月末から着手すると説明。2027年の開業が迫る中、本体工事の準備を加速させる構えを示した。  宿泊施設は3カ所に建設を予定する。このうち椹島は延べ床面積7千平方メートルの宿舎を建て、工事終了後は地権者が南アルプスエコパークのリゾート施設として活用するという。
(以下略)
 地元が要望した県道三ツ峰落合線トンネルは9月から調査・設計に入り、20年度半ばに着工する方針を示した。整備費約140億円は同社の全額負担。全長4キロのトンネル新設で、現行より走行距離は10キロ、所要時間は20分短くなる。周辺の道路改良(対象区間約45キロ)は静岡市の負担で実施する。  このほか、林道東俣線の整備も今年秋ごろから開始する。  本県のリニア工事は沿線7都県で唯一の未着工区間だが、同社と静岡市が6月に基本合意を交わしたことで大きく前進した。JR東海中央新幹線推進本部の新美憲一副本部長は説明会の後、準備工の開始について「大きな意味で言えば、南アルプス工事の着手と捉えている」と述べた。井川自治会連合会の栗下浩信会長は「(トンネル整備の)要望を第一に考えてもらえたことはうれしい。市全体の発展につなげなくてはいけない」と歓迎した。  ただ、リニア工事を巡っては大井川の流量減少問題は未解決のまま。県と流域10市町、11利水団体はトンネル湧水全量を大井川に回復させる対策を同社に強く求めているが、納得できる回答を得られないとして対立が続いている。
posted by ictkofu at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184462712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック