2018年11月09日

リニア訴訟第12回口頭弁論、2018年11月30日@東京地裁/伊藤洋氏講演あり

ストップ・リニア!訴訟第12回口頭弁論のご案内
期日 : 2018年11月30日(金) 
集合 : 13:15 東京地方裁判所(14:00〜傍聴券の抽選があります)
開廷 : 14:30 東京地方裁判所 103 号法廷
閉廷 : 15:30
前回に引き続き原告側の主張に対する被告(国)側の弁論が行われる予定です。
原告側も、JR東海による岐阜県、愛知県での環境アセスなどの疑問について代理人が意見陳述をします。

閉廷後に別会場で報告と講演会があります。

訴訟 報告と講演会
日時:2018年11月30日(金)
   裁判報告 15:45〜
   講演 16:15〜17:45
    工学的見地から見たリニア新幹線問題
    講師 伊藤 洋 さん(山梨県立大学前学長)       
会場:参議院議員会館 1階 101会議室 (14:30〜1階ロビーで入館証配付)
主催:ストップ・リニア!訴訟原告団
   リニア新幹線沿線住民ネットワーク

リニア新幹線は研究着手から50年以上を経過、ようやくJR東海が品川・名古屋間の建設に取り掛かった。
その前途は明るい未来なのか。否である。
286キロの86%がトンネルという工事。
膨大な残土を運ぶための処分場さがし、残土を運ぶため膨大な量の工事車両が走りまわる。
重い車両を持ち上げて500キロのもうスピードで走行するため、とてつもない電力量を浪費する。
また事故の危険を防ぐ手立ては万全なのか。
今回は工学的見地から見たリニア新幹線の安全性や経済的合理性を見てみる。

講演会

◇ この講演を聴講された方の感想記事があります・・・アラカン山脈にトンネルを掘る?!!(2019年1月1日 報告者 森本 優)
南アルプスリニアトンネル工事は神に聞け!(2018年3月5日 玄洋庵文庫 日々是好日日記)これは講師ご自身のブログです。
(リニア中央新幹線事業について)『ここへ至る歴史は、あの悪夢のインパール作戦に実に酷似していて、この事業が万機公論に決して始めたというのではない。』

「ストップ・リニア!訴訟」裁判も今回で12回になります。
集積された情報から理会(理解会得)するのは個々人の課題ですから、私は事業への賛否を強いるつもりはありません。人々が選択した結果は歴史が決めることです。全ての文書・記録は恒久的に保存され歴史の審判に委ねるべきでしょう。
とは申しても、私のサイトでは法廷審理の内容整理は未完で、これはその他のリニア中央新幹線事業についても同じ、日々の仕事に追われてリニアは後回しが続いています。

第1回から11回まで裁判開廷情報を記録した記事にリンクしておきます・・・
2018.09.02 リニア訴訟第11回口頭弁論、2018年9月14日@東京地裁(引き続き原告側の主張に対する被告(国)側の弁論が行われる予定)
2018.06.06 リニア訴訟第10回口頭弁論、2018年6月25日@東京地裁(これまでの原告側の主張に対する被告(国)側の弁論が行われる予定)
2018.03.20 リニア訴訟第9回口頭弁論、2018年3月23日@東京地裁(神奈川県相模原市と東京都町田市の原告が意見陳述)
2018.01.09 リニア訴訟第8回口頭弁論、2018年1月19日@東京地裁(東京都と神奈川県川崎市原告の意見陳述)
2017.11.06 リニア訴訟第7回口頭弁論は11月24日に東京地裁(愛知県原告の意見陳述)
2017.09.03 第6回口頭弁論が2017年9月8日に東京地裁で開催されます(静岡県原告の意見陳述)
2017.06.23 ストップ・リニア!訴訟の第5回口頭弁論、2017年06月23日(長野県原告の意見陳述)
2017.04.28 ストップ・リニア!訴訟の第4回口頭弁論、2017年04月28日(山梨県原告の意見陳述)
2017.02.24 ストップ・リニア!訴訟の第3回口頭弁論、2017年02月24日(岐阜県原告の意見陳述)
2016.12.03 ストップ・リニア!訴訟の第2回口頭弁論、2016年12月09日(神奈川県相模原市原告の意見陳述)
2016.09.21 ストップ・リニア!訴訟第1回口頭弁論・報告集会 9月23日

ブログ村 政治・社会問題 社会・経済 ブログランキング
タグ:訴訟 集会
posted by ictkofu at 22:45| 訴訟