2018年11月30日

「リニア時代を見据えたまちづくりシンポジウム」 が開催されました

2018年11月29日(木)午後、名古屋市国際展示場の ポートメッセなごや を会場に、国土交通省中部地方整備局 中部圏広域地方計画 の一環として開催されたようです。

中部圏広域地方計画

最近、山梨県政もリニア開通後の停車本数を上下線とも1時間2本とした地域活性化計画に切り替えています。おかしいなと思っていたのですが、国土交通省のスーパーメガリージョン構想の具体化がこのように進行しているとの情報を得ていたからだと私は理解しました。
このシンポの事は今日11月30日になって他県での報道記事から知ったので後出しになりますが「地域活性化」カテゴリーとして記録しておきます。
中部地方整備局管内の岐阜県、長野県南信地域はもとより、スーパーメガリージョンとして関東地方整備局が担当する長野、山梨県内でもこの開催情報は流れていたと思いますが、私は全く知りませんでした。(中部地方整備局の開催広報は11月8日
平日午後のイベントですが参加された企業人などから何かレポートが出るようなら読んでおきたいと思います。
国土交通省中部地方整備局については、これまで中部圏大深度地下使用認可に関わる審議状況しか調べていませんでしたが、今後は中部地方整備局のトータルな情報チェックもしたいと思います。
【編注】リニア中間駅設置3市長がパネル討論(南信州新聞 2018年11月30日 16時05分)

シンポジウム
【南信州新聞記事から引用記録しておきます】
 牧野 飯田市長は「小さな世界都市」や「多機能高付加価値都市圏」を軸とする地域づくりの方向性を紹介。今夏の世界人形劇フェスティバルやアビアマ総会に触れて「守るべき文化を大切にしながら、グローバル化を図ることは可能」と強調し、航空関連産業に注力している状況を伝えた。
 樋口 甲府市長は、駅予定地に5つの工業団地が近接するとし、「大都市圏との交流連携を強化し、企業活動に新たな価値を提供する」と主張。農業と医療健康分野で技術革新を図り、「開業後の巨大都市圏(スーパーメガリージョン)に広げたい」と述べた。
 青山 中津川市長は、市内に整備される車両基地に触れて「雇用機会の拡大や産業振興、観光活用に期待している」と力説。隣接駅となる飯田市と広域観光で協働を探る姿勢も示し、「飯田で降りたら中津川で乗るような連携を進めたい」と語った。
 モビリティ活用や新産業づくり、駅と市街地の接続など共通課題が複数浮かび上がり、進行役を務めた名古屋大学未来社会創造機構の森川高行教授は“中間駅連携”の必要性を指摘。首長らも同意していた。

リニア中間駅3市、整備方針報告 飯田・甲府・中津川 シンポで(信濃毎日新聞 2018年11月30日)『シンポジウムは国土交通省中部地方整備局の中部圏広域地方計画推進室が初めて企画。行政や産業界の関係者ら約250人が聞いた。』とのことです。やはり一般市民を対象とはしていない国策イベントだったのでしょう。以下、記事そのままでは無く部分編集して記録しておきます。

 中間駅が整備される飯田、甲府、岐阜県中津川の3市長が駅周辺の整備方針を報告。新産業の育成や現在の市街地との接続など共通の課題が浮かび上がった。
 飯田市の牧野光朗市長は、リニア駅の予定地が市北部の住宅街にあることを説明。「地域コミュニティーへの影響を抑えるため、6.5ヘクタールに絞ったコンパクトな開発を計画している」とした。整備区域外の近隣で航空機関連の研究拠点を整備していることにも触れた。
 駅予定地が既存の工業団地に近い甲府市の樋口雄一市長は、駅周辺の24.5ヘクタールに加え、近隣の90ヘクタールで開発を準備していると報告。医薬品関連企業との連携や先端技術と農業を組み合わせた新産業を模索するとした。
 リニアの「車両基地」建設が予定される中津川市の青山節児市長は、車両整備に関わる産業の拡大や見学者増に期待した。
 3市ともリニア駅予定地と市街地が離れており、公共交通の整備が課題になる。
樋口市長は「自動運転バスに期待している」と述べ、牧野市長は、リニア開業後を想定した自動運転の実証実験を今月に飯田市内で行ったことを紹介した。

国土交通省がスーパーメガリージョン構想の推進・完成を目指すにはリニア駅の無い静岡県が大井川減水への対応策としても納得できて、リニア工事が順調に進行する国策が重要課題です。
山梨県が上下線とも1時間2本停車を長期計画に組み込んだのは、国交省メガリージョン構想達成のためであり、他県でも同じ停車本数のはずです。国交省から沿線各県に内示されているでしょう。飯田市も中津川市もそれを踏まえて活性化計画の拡大を考慮していると思います。
これらについて国交省とJR東海とで既に内々の合意があるはずで、それがいつ、どのように公表されるか、注意していきたいと思います。

私は 「国土のグランドデザイン2050」との関係 と題した記事を2014年9月に書いていました。この記事で「スーパーメガリージョン」について書いていたのですが、4年を過ぎた2018年11月まで全くフォローせずに過ごしてきました。国、地方を問わず一度言い出したら止まらないのが行政施策ですから、国民主権者個人としてそれなりの理解をしておきたいと思っています。

ブログ村 政治・社会問題 社会・経済 ブログランキング
posted by ictkofu at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活性化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185106849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック