2018年12月18日

伊那山地トンネル青木川工区の環境保全計画に長野県が助言(報道記録)

リニア青木川工区 地滑りや斜面崩壊防ぐ措置求める 県、JR東海に助言通知(2018.12.18 信濃毎日新聞)

 リニア中央新幹線・伊那山地トンネル(下伊那郡大鹿村―同郡豊丘村、15・3キロ)のうち、青木川工区(大鹿村、3・6キロ)でJR東海が行う環境保全計画に対し、県は(2018年12月)17日、県の助言を同社に通知した。大断層「中央構造線」があるため、地滑りや斜面崩壊の発生などによる影響を引き起こさないよう措置を取るように求めた。
(中略)
 県の助言は、トンネル掘削で異常出水も想定されるとして「あらかじめ流量調整や処理方法について検討すること」や、工事用車両の運行に当たっては環境保全措置を確実に実施すること―などを求めた。
 JR東海は10月、同工区の環境保全計画を公表。県は県環境影響評価技術委員会の議論や大鹿村の意見などを基に助言をまとめた。同社が2019年1月末までに助言を踏まえた対応方針を回答し、県が公表する。
 同工区は伊那山地トンネルの最も東側。19年夏ごろに作業用トンネルの掘削を始める計画だ。

青木川工区については 伊那山地トンネル新設(青木川工区)工事における環境保全(2018年10月06日 記事)でメモしていますが自分の仕事が忙しいので情報整理は手つかずです。
長野県の場合、リニア中央新幹線事業の環境影響に関する審議は、環境影響評価法対象事業 中央新幹線(東京都・名古屋市間)、このホームページで明確に整理されていますので、労を厭わず確認していけば良いのです。
今回の事案は、平成30年度第7回技術委員会 平成30_2018年10月26日開催 「議題:(1)中央新幹線伊那山地トンネル新設(青木川工区)工事における環境保全について」が該当します。
とりあえず自分の覚えとしてメモしておきます。私の情報整理は多分年明けになると思います。

ブログ村 政治・社会問題 社会・経済 ブログランキング
タグ:長野県
posted by ictkofu at 23:00| 工事