2017年11月23日

国土交通省はリニア時代の地域づくりの目指す

リニア効果波及目指す国の検討会 「超巨大都市圏」意見交換(信濃毎日新聞 2017年11月21日)
 2027年の東京・品川―名古屋開業を目指すリニア中央新幹線を巡り、整備効果を全国に波及させる構想作りに向けて国土交通省が設けた有識者検討会は(2017年11月)20日、都内で会合を開いた。同日付で多摩川精機(飯田市)副会長を退いた萩本範文氏が、沿線の先駆的な経営者として招かれ意見発表。航空機産業を通じた地域振興を進めて「大都市の補完・移転を探るのではなく新しい風を起こす」と強調した。
(以下略)

この「有識者検討会」は知りませんでしたので後日確認するために記録します。
「国土のグランドデザイン2050」 のページを更新していくことになると思います。2014年9月頃の話でしたが、いよいよ具体的な展開が始まったのかも知れません。森と木の両方を観ていくのは難しいものだと思っていますので楽しみです。

飯田地域発生土の処理ルート

同じ信濃毎日新聞で2017年11月22日記事、中央道や三遠南信道を利用 JR東海、リニア残土の飯田市内運搬で計画 も読みました。
JR東海が一部住民らに説明した発生土運搬計画と置き場の地図が報じられていました。
リニア新幹線建設という国策公共事業を担当するJR東海のサイトを確認しても、こういう情報はなかなか見つかりませんので信濃毎日新聞さんに感謝。

飯田市でのリニア工事については リニアに関する説明会の開催状況(飯田市リニア推進課・リニア整備課)がありますのでご参照ください。国土交通省が有識者検討会に飯田市から招いたのも分かる気がします。

信濃毎日新聞記事を参照して、国土交通省はリニア時代のスーパー・メガリージョンを目指す を書きました。報道で飯田市に言及されていたので別記事に記録したものです。

posted by ict工夫 at 07:01| 地域活性化