2019年09月10日

大井川減水対策と国土交通大臣の交代、新規工事が想定される

毎日新聞 2019年9月7日 石井国交相を交代 加藤、甘利氏は要職起用
『公明党は11日の内閣改造で、同党の石井啓一国土交通相を交代させる方針を固めた。後任には赤羽一嘉衆院経済産業委員長を充てる見通しとなっている。』 とのことです。
大臣が何人変わろうとも問題の本質は変わりません。事業環境影響評価に基づく計画を国が認めて始まった事業に生じた問題に対する「国による調整」です。マッチポンプと笑われる政府では困りますが・・・

衆議院議員 赤羽かずよし ウェブサイト、赤羽一嘉氏の記事は2018年9月27日で停まっていますが(2019-09-10 確認)、 Wikipedia_赤羽一嘉(あかば かずよし) を参照しました。
ゴチャゴチャ考えずにリニア静岡県工区の問題に対応する国としての基本施策を以下のように想定します・・・
 山梨工区から掘り進み生じる漏水を東京電力、その他の発電所(山梨県早川町)の総電力を使ってでも大井川に戻す工事を国策事業として早急に実行する。
 長野工区からの漏水も中部電力によるリニア送電線新設工事を急がせて、その電力により大井川に戻す事業を国の施策として実行する。
 これら漏水対策は国策・国家予算により早急に決定され実行される、その為に過去の事業認可に係り瑕疵を背負う大臣を交代させるというのが、2019年9月11日内閣改造による国土交通大臣の交代に関する最大の理由だと私は拝察します。

山梨、長野工区から静岡県工区に繋がる時期がいつ頃か、私には全く分かりませんが、国土交通省による漏水対策事業実施が確定すれば恐らく鉄道・運輸機構が担当して入札・落札・・・という段階になるでしょう。それはJR東海からの下請け事業では無く、国土交通省指揮下の鉄道・運輸機構として手掛けるものになる。
JR東海提案の方法による南アルプストンネル湧水の大井川戻しが、どの時点で可能になるか私には不明ですが、とにかくその時までは国、国土交通省が大井川水利に責任を持つべきと思います。
全てが完了した後、2件の特殊導水路は廃棄され南アルプスの緑が甦る施策の実施で関係業界のお仕事が続くでしょう。
大鹿村や早川町の工区から急勾配の山を越えて大井川に水を戻せるかどうかは、地形、環境、土木事業に全く無知な私には判りませんが、とにかくやるしか無いのがリニア中央新幹線事業を認可した国の責任です。それが出来ないならリニア中央新幹線計画を一旦中断して、全てを考え直せばよろしい。プロセスに間違いがあったと国が認めるしかありません。

報道記事に気付きましたのでリンクしておきます。委細はWebサイトで整理するつもりです。
◇ 2019.09.10 JR東海、事前協定明記せず リニア問題で静岡県に最終回答(静岡新聞)

『JR東海が静岡県に示した最終回答の主な内容』(静岡新聞から引用)

静岡県サイトでは以下のページが参照できます・・・
リニア中央新幹線建設工事に伴う環境への影響に関する対応
 このページの『リニア中央新幹線事業への対応状況について』 項目に「中間意見書」も紹介されています。私は情報を時系列に整理して確認していませんので後日Webサイトで整理するつもりです。上掲の報道記事からの引用は暫定です。
リニア中央新幹線整備に係る大井川の水資源減少問題
静岡県中央新幹線環境保全連絡会議 地質構造・水資源専門部会
静岡県中央新幹線環境保全連絡会議
◇ 記者発表資料 静岡県中央新幹線環境保全連絡会議「地質構造・水資源専門部会」、「生物多様性専門部会」合同会議の開催(2019年9月9日)
 『9月6日付けで、東海旅客鉄道株式会社から、中間意見書に対する回答の送付があったため、静岡県中央新幹線環境保全連絡会議「地質構造・水資源専門部会」及び「生物多様性専門部会」の合同会議を下記のとおり開催します。』
1 日 時  令和元年9月12日(木)10:00から15:10まで
           9月13日(金)10:00から15:10まで
2 会 場  県庁本館4階 特別会議室
3 内 容  中間意見書の回答に関する対話
4 出席者  両専門部会委員(下表)・・【引用省略】
       事業者(東海旅客鉄道株式会社)
       国(国土交通省)、県(難波副知事ほか)
posted by ict工夫 at 11:51| 国会・国政