2019年10月13日

リニア水涸れの対策で補償期間30年を乗り越える方法があった(リニアホント通信)

リニアホント通信 リニアホント通信(リニアほんと通信) Fact of Linear (このサイトの YouTube トップページ)
2019年10月初めに YouTube 公開が始まりました。

2019/10/09 【リニアホント通信】 開始にあたって
2019/10/10 【当事者インタビュー】リニア山梨実験線の沿線住民トンネル掘削水涸れ問題!
【編注】YouTube 登録名称は 「リニアホント通信」 ですが、広報や記事などでは 「リニアほんと通信」 も公式名称として使われています。私は両方を使って情報を整理します。

□□□リニアホント通信について□□□
現在、JR東海によってリニア中央新幹線の工事が2027年の開業を目指して、静岡県を除く1都5県において進められております。
リニア新幹線は大きな経済効果と、現在使われている東海道新幹線のバイパス的役割が果たせるというのが大きな建設目的ですが、果たしてそうなるかはわかりません。
リニアの新しいスピードだとか利便性ばかりが強調されていて、リニアが出来ることによって、どのように負の状況が出来上がってくるかマイナス面を伝える報道を殆ど私たちは見ません。
このリニアホント通信ではそうしたリニアの実態、リニアの負の側面をできるだけ皆さんにお伝えしたいと思っております。
専門家や識者の意見、あるいは現場を取材して、またリニアの報道の解説など、リニアの本当の現場をお伝えしていきたいと思います。
発行人 川村晃生  
トンネル掘削水涸れ問題 【当事者インタビュー】リニア山梨実験線の沿線住民トンネル掘削水涸れ問題!

初見のサイトで私が注目したのはこの記事でした。
これまでも山梨リニア実験線について私が書いた記事では水涸れ問題も取り上げてきましたが、地域行政からの公式情報は無く、全て民間人のサイトやブログの記事から知った事がベースでした。

リニア実験線はかなり以前からの事業ですから、たとえ住民補償はされていてもリニア中央新幹線が開通する頃には補償期間も終っているだろうな・・・などと陰鬱な気分で読んできたものです。

山梨県実験線地域で水涸れに遭遇したお二人へのインタビュー動画ですが、お一人は私が存じている方法で補償されておられましたが、7分40秒頃から、もうお一人の補償対策には本当に驚きました。リニア沿線地域で水涸れの恐怖にお悩みの皆様に、それ以外の全ての国民の皆様にも、この動画ご高覧をお勧めいたします。

この発想でいけば、大井川水利問題の解決にリニアトンネル湧水にこだわる必要は無い、南アルプス山系の地下水利を精査し、何処からでも大井川源流に流す方策を生みだす、そういう考え方もあるはずです。

お二人目のインタビューには現場設備などの映像は無くお話だけですが 「そうか! そういう方法があったのか!」 と、私はリニア実験線建設による地域問題を知って以来の長年のイライラが消えたような気がしました。
もちろん、このような対策が可能かどうかは当該地域の地形、地質などにもよるとは思いますが、いろいろな可能施策を調べた上で諦めるならともかく、はなから補償30年で事業が進められ、住民側もそれしか無いと考えるのは間違えだと私は理解しました。
日常業務として専門集団と協力しながら公共事業を進めている経験も知識も豊富な地域行政こそが、このような住民の問題を解決する方策を生みだせるのだとも、改めて分かりました。

これまで各地の説明会・事業進行の話を読んでいて、民(タミ)としてはどうしようもないのだ、国策事業の進行とはこんなものだと思うしかなかったのですが、振返ってみれば自分のネット関連の作業では決して諦めずに解決策を調べ、考え、実用に達したこともあるのです。
マグレブ(リニアモーターカー)が技術的には完成の域に達しているなら、それを社会的に応用するにあたって生じる問題がある時に、その解決には政治・経済・社会全体として最善の解決策に注力することも可能なはずです。

タグ:山梨県
posted by ict工夫 at 16:23| Comment(0) | 環境影響
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]