2019年10月27日

リニア事業と静岡県と私

静岡経済新聞 ニュースの真相 リニア騒動の真相19 「急がば回れ」の意味は?(2019.10.07)
この記事に出てきた「詩」の全文です、私は全く知らなかった「金子みすゞ」さんの詩
私と小鳥と鈴と
私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面(じべた)を速くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
たくさんの唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。
【金子みすゞ さんを調べて気付いた記事です】
金子みすゞ記念館館長 矢崎 節夫 「みんなちがって、みんないい」〜金子みすゞさんのまなざし〜 (その3)
 すべての存在がそのままですばらしいと気づいた時に、「私」中心だったまなざしが、「あなた」に向かっていくのです。ですから、「私と小鳥と鈴と」という題で始まって、それぞれのすばらしさに気づいて、まなざしが変わって、「鈴と、小鳥と、それから私」と、私が最後にくるのですね。
「リニア事業と静岡県と私」 静岡県が山梨県でも国土交通省でも何でも良いのです。

「リニア事業と***と私」というスタンスで前二者の想いを調べ理解した上での「私」の考えを確定したい、それが当初から私の方法としてきました。 それを「まなざし」と表現するならこの詩と同じだと感じたのです。

しかし、ネット時代であっても事業者や関係組織体から明確に発せられる情報を知り理解することが、これほど難しいものだとは思っていませんでした。いつになったら 「みんなちがって、みんないい」 と言えるのか、そんなことはあり得ないのか・・・

『浄玻璃の 鏡のまえに 立つまでは 秘めておきたし あのことも このことも』(相田みつを)

2019.10.24 国交省事務次官、リニア協議で国の関与強化提案(日本経済新聞 南関東・静岡)
 『リニア中央新幹線工事の環境対策を巡り、国土交通省の藤田耕三事務次官が(2019年10月)24日、静岡県庁で川勝平太知事と会談した。』
鈴か小鳥か分かりませんが、いよいよご登場、ナリチュウです。(成行きに注目、今や古語ですが)

posted by ict工夫 at 00:44| リニア中央新幹線