2020年01月29日

第一首都圏トンネル(北品川工区)シールドマシンが公開された(報道記録)

リニア建設、掘削マシンを公開 国内最大級の直径14メートル(2020.01.29 15:20 共同通信)

 JR東海は(2020年1月)29日、品川―名古屋間に2027年に開業予定のリニア中央新幹線の地下トンネル建設で使う掘削用のシールドマシンを、製作した神戸市の工場で報道関係者に公開した。円筒形で直径約14メートルの穴を掘り進めることができるマシンは、鉄道建設用として国内最大級という。
 JR東海によると、公開されたマシンは「第1首都圏トンネル」のうち、東京都港区の品川駅から川崎市中原区の「等々力非常口」まで約9.2キロで使用。4月にスタート地点となる品川区の「北品川非常口」に運び込む。掘削開始までの準備に約1年かけ、その後北側の品川駅と西側の等々力まで工事する。
シールドマシン シールドマシン
左図は共同通信が全国発信した記事の掲載写真
上図はJR東海が提供した CG合成図との事です(乗りものニュース掲載)【1月30日に出た日刊建設工業新聞の記事でもこの画像を掲載していました】

◇ 2017年11月03日 第一首都圏トンネル新設(北品川工区)工事は大深度地下使用認可前に入札公告、私はこのような記事を書いています。

第一首都圏トンネル新設(北品川工区)工事は、熊谷組・大豊建設・徳倉建設JVによる落札が報じられています。(2018年4月16日 日刊建設工業新聞
そして 2020年1月30日 第一首都圏トンネル北品川工区/21年4月ころ掘削開始(日刊建設工業新聞)が出ました。
JR東海の 関連プレスリリース では 「第一首都圏トンネル新設(北品川工区)工事における環境保全について」 と題された記事は確認できませんが、2021年4月から工事が始まるまでに広報されると思います。

JIMテクノロジー株式会社 このシールドマシンの製造企業です。(漏れの無い的確な情報発信、さすが専門メディアの日刊建設工業新聞記事で判明しました、感謝します。)

外径14m リニア中央新幹線のトンネル掘削マシン完成 世界初の技術も採用 東京の地下へ 伊原 薫(鉄道ライター)(2020.01.29 乗りものニュース)

シールドマシンはリニア新幹線の「北品川工区」で使用
 品川駅から川崎市中原区までの約 9.2km を担当する「北品川工区」で使用される。外径が 14.04m、長さが 14.53m

シールドマシンに世界初の「サンライズビット工法」を採用
 シールドマシンは1日平均 20m、1か月あたり約400m進む。

北品川非常口から東雪谷非常口を経て等々力非常口へ
 シールドマシンは解体され「北品川非常口」へ搬入。再度組み立てられ、さまざまな準備が行われた後 2021年度初めごろに発進。約4.7km先にある「東雪谷非常口」を経て 約3.5km先の「等々力非常口」まで掘削する。

「乗りものニュース」のこの記事は goo ニュースにも転載

posted by ict工夫 at 23:08| 工事