2020年06月18日

リニア騒動の真相(記事索引・静岡経済新聞)

静岡経済新聞 「ニュースの真相」 カテゴリーで継続されている記事 「リニア騒動の真相」 のリンク集を作成していますが、新型コロナウイルス感染症の件に注力していた関係で、そのリンク集の更新が遅れていました。最新記事までリンク追加が出来ましたので、このブログでも部分記載しておきます。リニア中央新幹線の情報サイトでは、報道・ジャーナル(リンク集) で掲載しています.

4月5日 37 『「コロナ」と「リニア」の間に』 記事は、ウイルスも「生物多様性」に含むのか?、「病原体」は生物ではない?、多額の費用を掛けて守るものとは?、「デジタル革命が加速、リニアの役割に変わりはないのか」、という4点のサブタイトルで構成されています。
私は医学はもちろん生物についても知識は皆無ですが、この記事を読んで新型コロナウイルスについて、今年3月以来読んで来た報道記事とは異なる見方を得ることができたように思っています。

0と1の2進数を 0〜9〜A〜F の16進数で示して考えていくデジタル世界、そこに居ついてテレワーク仕事でなんとか生きている私にとっては、セキュリティ維持が確実な通信回線で、短時間で何処とでも、まっとうな情報交換が出来る、そういう社会であることを願いたいのです。

国や地方行政による新型コロナウイルス感染症の関連情報、その発信方法、発信情報の質・・・それを見ながら考えると、彼等は、人と人が会って対話せねば、まともな仕事が出来ないから、リニア中央新幹線を欲しがっているのではないかとすら思えます。
Infomation and Communication Technology 情報通信の意義を本質的に理解していないのかも知れない、予算が増えて行政が潤う事業の一つとしての ICT、それだけなのか。
国、地域を発展させる為に、行政・ビジネス情報交換の為に、リニア中央新幹線が必須のものでは無い。停滞・衰退は交通手段の欠如ではなく根本的なものがある、それを私は教育ではないかと考えています、我が身を振返りながら・・・

リニア中央新幹線の重要性も説かれる国土交通省スーパーメガリージョン構想、その意義も再検討の要ありだと私は思っているのです。リニア認可の正当性を示す為の後出し構想かも知れない、この疑問を解消しないと私の政府不信の思いは消えないから・・・しかし、膨大な行政情報を読み解く時間があればのこと。
posted by ict工夫 at 20:00| 政治・社会