2020年06月25日

JR東海は株主総会で説明、リニア着実に進める(報道記録)

◇ 2020.06.23 JR東海、リニア着実に進める 株主総会で説明(2020/6/23 11:38 共同通信)
 JR東海は(2020年6月)23日、名古屋市で定時株主総会を開いた。建設に絡む環境対策について静岡県と対立が続き、予定している2027年の開業が不透明な状態となっているリニア中央新幹線に関し、宇野護副社長は「地域の理解を得ながら、建設を着実に進める」と強調した。
 リニアの工事を巡っては、静岡県が大井川の流量減少を懸念して認めず、南アルプスを貫くトンネルの静岡工区が未着工となっている。
 巣山芳樹副社長は、リニアは「日本にとって、不可欠なプロジェクトだ」と株主に訴えた。
 194人の株主が来場。総会には剰余金の処分や取締役16人の選任など3議案が提出され、全て可決された。

共同通信の記事には株主総会の会場入り口の写真が掲載されています。「総会会場」と書かれた案内版が立てられているので社内会議室ではなく、何処かの施設を利用されたのだと思えます。
場内写真が無いので分かりませんが、3密を防ぐ為の座席指定などあったでしょう。
株主総会開催の広報を調べましたが、JR東海のニュースリリースでは見つかりませんでしたので、企業情報記事から関連ありそうな記事「2020年3月期の取組み」を下記に引用しました。

2020年5月15日のニュースリリースで 代表取締役および役員の異動について(PDFファイル)があり、『取締役および監査役の選任については、当社第33回定時株主総会(6月23日)に付議し、代表取締役等については同株主総会後の取締役会において正式に決定いたします。』と記載されていますから、株主には総会開催日は分かった事と思えます。

◇ JR東海トップ > 企業・IR・採用・資材調達 > 企業情報 > 業績概要・報告書 > 2020年3月期の取組み
次期については、引き続き鉄道事業における安全・安定輸送の確保を最優先に、東海道新幹線の脱線・逸脱防止対策をはじめとする地震対策、土木構造物の大規模改修工事等を着実に進めます。
また、N700A(3次車)の投入完了による東海道新幹線全列車の最高速度 285km/h 化に合わせ、「のぞみ12本ダイヤ」を2020年春に実現するなど、さらなる輸送サービスの充実に取り組みます。
加えて、2020年7月に予定している次期新幹線車両N700Sの営業運転開始に向けた準備を進めるほか、ハイブリッド方式による在来線次期特急車両の試験走行車を新製し、走行試験を開始します。
超電導リニアによる中央新幹線計画については、安全、環境、地域との連携を重視して、着実に進めます。
高速鉄道システムの海外展開についても着実に推進するとともに、関連事業については、JRセントラルタワーズとJRゲートタワーの一体的な運営をさらに充実させ、相乗効果を発揮することで、収益拡大を図ります。
こうした各種課題を着実に進めるため、引き続き、収益力の強化と技術レベルの不断の向上に取り組むとともに、設備投資を含めた業務執行全般にわたる効率化と低コスト化を徹底し、経営体力の充実を図ります。
2020年3月期の業績予想(連結)【表示された表は画像化して引用】
2020年3月期説明資料
posted by ict工夫 at 18:00| リニア中央新幹線