2020年12月14日

リニア問題〜静岡✕東京の若者が考える(オンライントーク)

12/13 オンライントーク 「リニア問題〜静岡✕東京の若者が考える」(認定特定非営利活動法人 国際環境NGO FoE Japan)
日時 2020年12月13日(日)15:00〜16:00
プログラム
 1.イントロダクション (柳井真結子/FoE Japan)
 2.静岡の若者が見るリニア問題 (高井渚沙さん/Fridays For Future Shizuoka)
 3.東京の若者が見るリニア問題 (中東海人さん・森田峰人さん/リニア・市民ネットワーク東京)
 4.トーク「日本の未来にリニアはいる?」
東京-名古屋-大阪を約一時間でつなぐリニア中央新幹線は、三大都市圏の経済成長や日本の大動脈の2重系化等を目的としています。
しかし、その開発には大規模な生態系の破壊、沿線住民の生活への影響、安全性のリスク、談合事件、事故、電磁波の影響等など様々な問題が生じます。
工事の始まっている沿線各地ではすでに多くの影響が報告されています。
東京では、地上の住民の許可も補償もなく住宅の地下をトンネルが掘られることになり、生活環境が脅かされています。
一方、静岡では、リニアトンネル工事により62万人が利用する大井川の水が減水する可能性があり、県と関係自治体が工事の着工を認めていません。
気候変動や新型コロナウイルスの感染拡大等により、新しいライフスタイル、価値観が生まれる中、環境破壊を伴う大規模開発や大都市集中を目指すリニアのビジョン自体に疑問を持つ若者達がいます。今回、静岡と東京でそれぞれにリニア問題に注目し、問題提起や市民運動で活動する若者達にお話を伺います。
◇ YouTube でライブ配信されました・・・12/18 オンライントーク「リニア問題:南アルプスの自然を守りたい〜大鹿住民✕静岡の大学生」【2020-12-19 確認】
◇ 2020年12月18日 12/18 オンライントーク 「リニア問題:南アルプスの自然を守りたい〜大鹿住民✕静岡の大学生」
 このシリーズの続編と思えます。
新型コロナウイルス感染症の状況が全国各地で大変なようで、第三波と称されても実相はかなり大変だと感じます。ビジネスでも何でも同じと思いますが、他者・他地域の状況を確認しながら当方の施策を考えねばならない。その情報収集力が大切だと私はいつも考えているのです。「井の中の蛙大海を知らず」かも知れないが「されど空の蒼さを知る」自分だよと考えたい一匹ネティズンではありますが・・・
国際環境NGO FoE Japan 気候変動や新型コロナウイルスの感染拡大等により、新しいライフスタイル、価値観が生まれる中、環境破壊を伴う大規模開発や大都市集中を目指すリニアのビジョン自体に疑問を持つ若者達がいます。今回、静岡と東京でそれぞれにリニア問題に注目し、問題提起や市民運動で活動する若者達にお話を伺います。
【新型コロナウイルス感染問題以後の未来を考える一つとして、たまたま気が付いた動画をメモしておきます。最近のニュースで大深度地下工事が原因と伝えられる住宅地陥没についても語られていて、集まって語り合うのでは無く、このようにネットを活用している時代なのかと、今更のように驚きました。】
posted by ict工夫 at 23:00| Comment(0) | リニア中央新幹線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]