2020年12月24日

静岡県知事川勝平太氏はJR東海に事業凍結促す(報道記録)

◇ 2020.12.24 JRに事業凍結促す 知事、国有識者会議も批判 /静岡(毎日新聞 2020年12月24日 地方版 会員限定有料記事)
 未着工のリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、川勝平太知事は23日の定例記者会見で、国土交通省の有識者会議が結論を出し、地元住民の理解が得られるまで事業を凍結するようにJR東海に促した。有識者会議についても「運営に問題がある」と批判した。
 川勝知事は「有識者会議で(県が求める)47項目を全て議論して県の専門部会に持ち帰り、住民が納得して、初めて工事ができる」と説明。「有識者会議を重視してJRが事業を凍結すると表明すれば、識者も科…
【有料記事ですので、読者のログイン無く読めるのは此処までです。】
 川勝知事は「有識者会議で(県が求める)47項目を全て議論して県の専門部会に持ち帰り、住民が納得して、初めて工事ができる」と説明。「有識者会議を重視してJRが事業を凍結すると表明すれば、識者も科学的議論に集中できる。我々も安心感が高まる。凍結は中止ではない」と述べた。
 座長談話に対しても「誠に問題だ。『印象操作』『結論ありき』と極めて厳しい意見がある。国交省は反省しなくてはならない」と指摘。「有識者会議はJRのための会議ではない。中立公正の意味をもう一度、考えてほしい」と語った。12月の第7回有識者会議後に出た座長談話は条件付きでJR東海の「湧水全量戻し」の計画を認めているが、「詭弁だ」と反発した。  また、2021年の知事選に立候補するかを問われたが、「今は新型コロナの真っ最中。争っている場合ではない。危機を脱しなくてはならない。平常と同じことをすべきではない。数カ月前だから表明するという理屈は成り立たない」と答えた。【山田英之】
静岡県知事 記者会見、2020年12月23日の定例記者会見は、このページに掲載されます。記者質問と知事答弁もそのまま掲載されるのが常です。
◇ 2020.12.24 リニア 川勝知事「南ア工事凍結表明を」(2020年12月24日 05時00分 (12月24日 11時36分更新) 中日新聞)
 リニア中央新幹線の南アルプストンネル(静岡市葵区)工事を巡り、静岡県の川勝平太知事は二十三日の定例会見で、国土交通省の有識者会議の議論が深まっているとは言えないとして、議論を客観的に進めてもらうため「JR東海が本体工事を凍結すると表明するべきだ」との考えを示した。
 しかし、JR東海の金子慎社長は同日の定例会見で、有識者会議は「水問題の議論が相当進捗(しんちょく)している」として会議で一定の結論が出れば早期開業を目指す考えを明らかにし、川勝知事と違った認識を示した。
【中略】
 川勝知事は、過去七回の有識者会議では生態系への影響などの課題が残っており「議論が深まっているとは到底言えない」と強調。「JR東海が本体工事を凍結すると表明すれば、(有識者会議は)安心して科学的議論に集中できる」と主張した。
 「凍結」の意味を問われると「有識者会議で結論が出て、地元の理解を得るまで実質工事はできない、とJRが公式に言うことが凍結だ」と説明した。
 一方、金子社長は、リニアの静岡工区着工に向けた作業基地整備を川勝知事が認めなかったことに触れ「静岡工区は工事が進捗していないが、(他の工区は)着実に進めた」と話した。「(有識者会議の)めどがたった上で(静岡県に)工事開始を求めれば、開業時期の確たる話ができると思う」と見通した。 (大杉はるか、牧野新)
JR東海・ニュースリリース のページはありますが、これまでリニア中央新幹線事業に関して地域行政や国民から提示されている問題について話が出た社長記者会見の内容がJR東海サイトに掲載されたのを私は見たことがありません。私はメディア報道で知るのみです。
新型コロナウイルス君達もただ黙々と全世界を侵略しているだけです。新型コロナウイルス同様に恐ろしいリニアウィルス蔓延の様相かなとも思う今日この頃です。
◇ 2020.12.24 リニア「JR東海は工事の凍結を宣言すべきだ」(宮川純一 2020年12月24日 11時00分 朝日新聞)
 【静岡】リニア中央新幹線の静岡工区を巡る問題で、川勝平太知事は23日、「JR東海が工事を凍結すると表明すれば安心感が高まる」と述べた。4月に始まった国土交通省の有識者会議についても「環境影響に関する議論が深まっているとは到底言えない」と総括し、同省や同社を牽制(けんせい)。対立は越年する見通しとなった。
【中略】
 同日の定例会見で語った。有識者会議に関し、「約束した全面公開をしていない」「座長コメントが会議全体の中身を反映していない」とこれまでの見解を繰り返した。そのうえで流域や県議会から「(座長コメントなどは)印象操作、結論ありき、不信の塊との声が寄せられている」と紹介。国交省の運営を批判した。
 また、「有識者会議はJR東海のための委員会ではない。(国民の安全を最優先にする)原子力規制委員会が原発を動かすためにやっているものではないのと同じだ」と苦言を呈し、「来年から改めてほしい」と述べた。一方で、「1滴の水も漏らさず、生態系に全く影響がないなどと住民に説明できれば、その日から工事ができる」とした。
 品川―名古屋間の2027年開業に向けて、金子慎社長と会談した6月から半年になることを踏まえ、「品川―名古屋は部分開通に過ぎない。大阪までの開業を2037年にどう間に合わせるかが重要」と述べた。(宮川純一)
posted by ict工夫 at 22:33| 静岡県