2021年03月15日

大井川流域市町首長と国土交通省との意見交換会、2021年3月14日開催

国土交通省・2021.03.10 リニア中央新幹線建設に関する 流域市町首長と国土交通省との意見交換会について
リニア中央新幹線整備における大井川水系の水資源保全と南アルプスの環境保全に関して、国土交通省と大井川流域市町首長による意見交換を行います。
 日 時:令和3_2021年3月14日(日) 15:00〜17:00
 場 所:島田市民総合施設プラザおおるり 第3多目的室
     (住所:静岡県島田市中央町5−1)
 議 事:リニア中央新幹線静岡工区について
 出席者:<流域市町>
     中野焼津市長・塚本掛川市上下水道部長・北村藤枝市長 
     鈴木袋井市副市長・裄V御前崎市長・長谷川菊川市長・杉本牧之原市長
     田村吉田町長・鈴木川根本町長・染谷島田市長
     <国土交通省>
     上原鉄道局長・江口技術審議官(鉄道)・嘉村中部運輸局長
 主 催:国土交通省
◇ 2021.03.15 説明資料「もっと分かりやすく」 流域10市町長、国交省と意見交換【大井川とリニア】(2021年03月15日 静岡新聞)
 国土交通省は14日、リニア中央新幹線南アルプストンネル工事に伴う大井川流量減少問題に関する流域10市町の首長らとの意見交換会を島田市で開いた。同省の働き掛けによる会合は2回目で、いずれも非公開。2月末に開かれた第9回国交省専門家会議を踏まえ進捗(しんちょく)状況の説明が行われたが、市町側は「もっと分かりやすい説明資料が必要」と指摘、「会合は着工についての地元理解を得る場ではない」とも強調した。
 国交省鉄道局の上原淳局長と江口秀二技術審議官、流域市町からは島田、藤枝、牧之原の3市長と吉田町長がそれぞれ終了後の取材に応じた。上原局長は「専門家会議で中立的に議論していることを、きちんと説明する場」と会合の趣旨を説明した一方、市町側は座長コメントの解説など国交省が用意した文書について「地元の人が理解できるような言葉に置き換えてもらいたい。今のままでは地元に説明できない」などと改善を求めた。
 専門家会議は次回会合でこれまでの議論の取りまとめが予定されているが、染谷絹代島田市長は「不確実性が伴う中でどれだけリスク回避ができるのか、議論はこれから。まだまだ続くと思っている」と述べた。
【中間省略、末尾のみ引用します】
 意見交換会では市町側から「専門家会議終了後も国がJR東海への指導の継続を」「新型コロナ感染症の影響を踏まえてリニアの採算性を見直す必要がある」などの意見も出たという。
国土交通省が提唱して開催した大井川流域自治体首長との会合は今回が2回目になるようです。
 リニア中央新幹線建設に関する流域市町首長と国土交通省との意見交換会について(令和3年2月17日 国土交通省)
過去の状況やこの話合いに関する報告などを各自治体がどのように地域の人々に伝えているか、それぞれの自治体議会ではどのような質疑応答がなされたか・・・色々と確認したいことは多いです。
コロナ禍が一段落したらリニア中央新幹線事業については改めて各地の情報を確認していく予定です。マスメディア情報だけで判断する事を私は避けたい、それは新型コロナウイルス問題でも同じです。
◇ 2021.03.15 リニア 静岡・流域市町トップと国交省が意見交換「JR案はあくまでも1つの案」(2021年03月15日 テレビ静岡)
リニア新幹線の工事をめぐり、静岡県の流域市町のトップが国交省の幹部と意見交換を行いました。
流出した水をトンネル貫通後に戻す案はあくまでも1つの案との説明をうけたということです。
非公開で行われた14日の意見交換会では、地元側から「公開される資料を分かりやすくしてほしい」「ポストコロナを見すえたリニアの必要性も議論してほしい」といった意見が出されました。
またJR東海が提案した山梨側に流出した水をトンネル貫通後に大井川に戻すことについて、国交省は現段階ではあくまでも1つの案だと説明したということです。
島田市・染谷絹代市長 「こういう考えもできるねということ提案の一つだとね、提案の一つであってこれで行くという話では全くないと」
流域市町はJRに対し、地元の理解を得るまでは県に工事の許可申請をしないよう要望書を提出する予定です。
◇ 2021.3.15 リニア工事めぐり3回目の意見交換 国交省と静岡県の大井川流域市町(2021-03-15 静岡朝日テレビ)
リニア中央新幹線工事の水問題をめぐって、3月14日国交省と静岡県の大井川流域の市長らが意見を交わしました。
 意見交換は2月に続き通算3回目です。
 JR側が、トンネル湧水の県外流出のリスクを認めた2月の国の有識者会議の内容について、国交省が市長・町長に説明しました。意見交換の模様はこれまでと同様に非公開でした。
国交省 上原淳鉄道局長:「首長からはより分かりやすい説明に努めてほしいと。国の役割として、JR東海に対する指導をしっかりしてほしいと」
島田市・染谷絹代市長:「すべてをあきらかにすることは、科学的にも無理な話。不確実性は必ず伴う。そういった中でどれだけリスク回避ができるのか、どんなリスクがあるのか、リスクをどう管理するのかという議論はまだこれから」
静岡朝日テレビ記事が「通算3回目」と書いた1回目とは県民側から要望を届けて意見交換したのを示すもので、国土交通省側からは2回です・・・・
◇ 2020.12.20 リニア工事 大井川流域10市町首長ら、国と協議(2020.12.21 静岡新聞)
 リニア中央新幹線建設に伴う大井川の流量減少問題を巡り、大井川流域10市町(島田、焼津、掛川、藤枝、袋井、御前崎、菊川、牧之原、吉田、川根本)の首長らが20日、島田市内で国土交通省の上原淳鉄道局長と意見交換し、大井川の流量確保や水質保全に関する連名の要望書を提出した。流域市町の首長が一堂に会して国交省側と協議の場を持ったのは初めて。【中略】
 要望書では国交省専門家会議の議論について「十分納得できる説明がされていない」と指摘した上で、水資源の確保と水質の保全▽専門家会議での分かりやすいデータの提示、説明、議論▽国によるJR東海への指導の徹底−の3点を求めた。代表して染谷絹代市長が上原局長に手渡した。
 意見交換は非公開で、終了後に上原局長と首長が取材に応じた。国交省専門家会議の後に座長名で出されるコメントについて「仮定や前提が多く、誘導ともとられる内容」(北村正平藤枝市長)などの指摘が出たという。上原局長は「誤解を与えないような表現の仕方を考えたい」と述べる一方で「専門性の高い内容を分かりやすく説明する必要がある」とし、今後も継続する方針を示した。
 染谷市長は「専門家会議の結論が出る前に、流域の思いを直接伝える必要があった」と意見交換の意義を強調。「大井川の水を『命の水』と言う意味を分かっていただいた」と述べた。
◇ 2021.03.16 国有識者会議 「JR追認」を否定 「中立的に議論している」 首長、分かりやすい資料を /静岡(毎日新聞 リニアの行方 2021/3/16 地方版)
 未着工のリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、国土交通省と大井川流域10市町の意見交換会が14日、島田市内で開かれた。国交省の有識者会議(座長=福岡捷二・中央大研究開発機構教授)が「JR東海の追認機関になっている」との見方について、上原淳・国交省鉄道局長は記者会見で「追認している認識はない。中立的に議論している」と否定した。首長からは分かりやすい資料の作成を求める声が上がった。【山田英之】
 意見交換会は冒頭のあいさつだけ公開。国交省が、県外流出するトンネル湧水(ゆうすい)と同じ量の水を県内に戻すJRの代替策を説明した。
 代替策に対し、島田市の染谷絹代市長は記者会見で「こういう考え方もできるという提案の一つ。これで行くという話では全くない。どうすれば命の水を守れるか、議論はこれから」と認識を示した。JR東海の資料について、吉田町の田村典彦町長は「普通の人に分かる言葉に置き換えて説明しないと、いつまでたっても分からない」と苦言を呈した。
 国交省の江口秀二・大臣官房技術審議官は代替策の実施に関して「こういうやり方をすれば湧水を戻せると示されたが、工事をやるのはJR。JRと地元が対話をしながらやる。具体的にはJRと地元の話し合いで決まる」と答えた。
 有識者会議後に公表する座長談話について、川勝平太知事は12日の定例記者会見で「JRの言っていることの追認が座長コメントになっている。中間まとめは到底できない。南アルプスに取り返しのつかない影響が出る可能性がある。1年そこそこでまとめるのは学者として傲慢だ」と痛烈に批判していた。
posted by ict工夫 at 22:51| Comment(0) | 静岡県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]