2021年06月20日

静岡県知事選挙、現職が当選(2021年6月20日)

 当 957,239 川勝平太 / 624,967 岩井茂樹
 投票率 52.93 %(前回46・44%)
静岡新聞・現職の川勝氏4選 自民推薦の岩井氏に大差 静岡県知事選
 川勝氏は新型コロナウイルス禍とリニア中央新幹線工事に伴う大井川流量減少問題を「県民の命に関わる危機」と訴え、県政の継続を主張。選挙戦ではリニア問題の解決を前面に打ち出し、大井川から離れた地域でもリニアの主張を徹底して展開。国やJR東海と対峙する姿勢は共感を集め、全域に支持を広げた。
 立民、国民の両県連に加え、推薦を出した連合静岡が支援し、共産の県委員会も自主的に支援した。一方、県議会第2会派ふじのくに県民クラブが中心となった選対は政党色を薄める戦術で、党派を超えて幅広い支持層に食い込んだ。
 岩井氏は自民推薦候補として徹底した組織戦を展開したが、自民支持層を固めきれず、無党派層にも浸透しなかった。選挙戦では川勝氏を「対立をあおっている」と批判し、国、市町との連携する姿勢で違いを強調。直前までリニアを推進する国土交通副大臣を務めていた一方で「大井川の命の水を守る」と対話による解決を訴えたが、大井川流域の市町で川勝氏に大差をつけられた。
毎日新聞・静岡知事選、川勝平太氏が4選 「保守王国」自民推薦の新人破る
 岩井氏は立候補の表明が4月末と出遅れ、「保守王国」と称される静岡で得た自民の推薦を生かし切れなかった。
産経新聞・川勝氏95万票、岩井氏62万票
 候補者数が今回と同じ2人だった4年前の前回選では、川勝氏の得票数は83万3389票だった。(産経新聞記事)
日本経済新聞・静岡知事選、川勝氏が4選 岩井氏との一騎打ち制す
 選挙戦は川勝県政3期12年の評価が問われた。川勝氏は環境への影響を理由に着工を認めていないリニア中央新幹線の静岡工区問題を最大の争点に掲げた。新型コロナウイルスのワクチン接種の推進も訴え、幅広く支持を集めた。
 川勝氏は立憲民主、国民民主両党や連合静岡などが支援した。自民党は静岡県知事選で12年ぶりに推薦を出し与野党一騎打ちの構図となった。川勝氏の4選により、静岡県とJR東海の意見対立が続くリニア問題が長期化する可能性がある。
以下は 2021-06-05 09:30:00 別のブログに書きましたので、ここに記録しておきます
静岡県・通常版ホームページ www.pref.shizuoka.jp/index.html・・・選挙管理委員会事務局・・・知事選挙特設ページ
www.pref.shizuoka.jp でアクセスすると新型コロナウイルス感染症特設ページが開きます。
候補者はお二人、川勝平太知事(72)と岩井茂樹前参院議員(53)=自民推薦 【編注・岩井候補は国土交通省副大臣のご経歴があります】
静岡県知事選、現新2氏の一騎打ち確定(静岡新聞)
静岡県知事選挙 3日告示 現職と新人の2人が立候補(NHK静岡)
県知事選立候補予定者 座談会詳報(上)  | 座談会詳報(下)(中日新聞)
リニアなど争点に 現職の川勝平太氏と自民推薦の岩井茂樹氏が一騎打ち 静岡県知事選告示 それぞれの第一声(静岡朝日テレビ)
静岡県知事選 リニア新幹線など争点 両候補の第一声を比較すると…(FNNプライムオンライン)
静岡県知事選 リニア新幹線など争点 両候補の第一声を比較すると…(テレビ静岡)・・・コロナ禍の静岡県知事選 宿泊療養施設に臨時の期日前投票所、こちらには、この記事がありましたので。
沖縄県知事選挙でも感じましたが、静岡県知事選の結果が国政に影響するがどうか、注目していきたいと思いますのでブログ記事にしました。秋には衆議院選挙です。
posted by ict工夫 at 23:00| 政治・社会