2017年01月14日

鉄道・運輸機構はJR東海に第2回目無担保貸付5千億円を実行

鉄道・運輸機構からの借入広報をJR東海が発信(2016年11月26日)の続報になります。

JR東海ニュースリリース 2017.01.12 記事 「経営独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構からの長期借入(第二回)について」(記事本文はPDFファイル)

平成29年1月12日
東海旅客鉄道株式会社
独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構からの長期借入(第二回)について

本日、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構からの長期借入(第二回)の条件が決定いたしましたので、お知らせいたします。

第二回貸付契約書

鉄道・運輸機構ホームページ の「新着情報」で 『平成29年1月12日 東海旅客鉄道株式会社に対する「中央新幹線の建設に係る貸付金」の第2回貸付契約について』を広報しています。記事本文はPDFファイルです。
以下に引用しておきます。(編注・元号に西暦を付記しました)

平成29_2017年1月12日

東海旅客鉄道株式会社に対する
「中央新幹線の建設に係る貸付金」の第2回貸付契約について

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下「鉄道・運輸機構」という。)は、中央新幹線の建設主体である東海旅客鉄道株式会社(以下「JR東海」という。)と中央新幹線の建設に係る第2回貸付契約を締結(平成28_2016年12月12日)致しました。
これによりJR 東海に対し、長期、固定かつ低利の貸付けを行うこととしております。

<中央新幹線の建設に係る貸付金の概要>
1.今回貸付契約額 5000 億円
2.今回貸付予定日 平成29_2017年1月16日
3.利率 0.8%(財政融資資金貸付金利、全期間固定)
4.弁済期限 平成68_2056年1月16日
5.返済方法 平成58_2046年7月まで据置、以降、元金均等返済
問い合わせ先
鉄道・運輸機構 鉄道助成部
電話 045-222-9148

ちなみにリニア中央新幹線品川〜名古屋間は2027年開通を目指して工事が行なわれています。JR東海の当初計画は名古屋〜大阪の完成による全線開通は2045年とされていました。名古屋〜大阪開通を8年短縮することを目的に財政投融資による貸付けを鉄道・運輸機構も行なえるように法改正されました。
「独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構法の一部を改正する法律案」 を閣議決定(国土交通省報道発表資料 平成28_2016年9月26日)
以下リンク設定を含めて記録しておきます。

1.背景
 現在、整備が進められているリニア中央新幹線につきましては、本(2016)年8月に閣議決定した「未来への投資を実現する経済対策」において、現下の低金利状況を活かし、財投債を原資とする財政投融資の手法を積極的に活用・工夫することにより、全線開業を最大8年間前倒すことを図るとされたところです。
 このため、建設主体の東海旅客鉄道株式会社に対し、財政融資資金の貸付けを行うための措置を講ずる必要があります。
2.法律案の概要
 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構について、当分の間、中央新幹線の速やかな建設を図るため、当該建設に要する費用に充てる資金の一部を貸し付ける業務を行わせるものとします。
添付資料
 報道発表資料(PDF形式 126 KB)  概要(PDF形式 199 KB)  要綱(PDF形式 28 KB)  法律案・理由(PDF形式 76 KB)  新旧対照表(PDF形式 92 KB)  参照条文(PDF形式 132 KB)

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構法
独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構法施行令
独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構に関する省令

日本経済新聞電子版は 2017年1月13日に「JR東海、リニア建設資金5000億円借り入れ 鉄建機構から」と報じました。『この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。』なので引用は差し控えますが、この記事では「無担保」貸付けであることは書かれていません。「無担保」についてJR東海は広報しましたが鉄道・運輸機構の広報には記載はありません。
この件を朝毎読産経が報じているかどうか私は未確認です。
財政投融資に関して詳しくレポートされている樫田秀樹さんは、2017年1月13日に 「リニア、え! 3兆円の融資が無担保だって?!」 をアップロードされています。

品川〜名古屋開通を2027年として沿線各地行政により地域関連事業が進んでいる様相に私は疑問を持っていますので、リニア中央新幹線事業について情報整理を続けています。リニア事業本体はもとより各地関連事業で転進や玉砕が始まる前に何が可能か、既に開戦した後なので難しいことは百も承知。

タグ:財政投融資
posted by ictkofu at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2016年11月26日

鉄道・運輸機構からの借入広報をJR東海が発信

JR東海ニュースリリース 2016.11.24記事

平成28年11月24日
東海旅客鉄道株式会社
「第一回貸付契約書」の締結について
本日、当社は独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下、「機構」という。) と「第一回貸付契約書」を締結いたしましたので、お知らせいたします。この契約は平成28年11月18日に機構に提出した中央新幹線の建設に係る貸付金借入申請書に基づくものであります。
なお、 主な条件は、以下の通りです。

第一回貸付契約書

2016年11月29日借入−2046年5月まで据置き−以降9年6か月間元金均等返済(114か月毎月約44億円?)して2055年11月29日までに完済するという契約です。(39年間単純には年利息30億円、月2.5億円)
リニア中央新幹線品川〜名古屋間は2027年開通を目指して工事が行なわれています。JR東海の当初計画は名古屋〜大阪の完成による全線開通は2045年とされていました。

鉄道・運輸機構では 平成28年度プレスリリース で11月24日付け記事がありますので引用しておきます。

東海旅客鉄道株式会社に対する
「中央新幹線の建設に係る貸付金」の貸付契約について

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下「鉄道・運輸機構」 という。)は、東海旅客鉄道株式会社(以下「JR 東海」という。)より申請のあった、「中央新幹線の建設に係る貸付金借入申請書(平成28年11月18日付)」について、申請内容に基づいた貸付けを行うことを決定し、貸付契約を締結しました。

これを受け、所要の手続きを経て中央新幹線の建設主体であるJR 東海に対し、長期、固定かつ低利の貸付けを行うこととしております。

これにより、JR 東海は、経営のリスクが低減されることとなり、品川・名古屋間開業(予定時期:平成 39 年)後連続して、名古屋・大阪間の工事に速やかに着手することにより、全線開業までの期間を最大 8 年間前倒すことを目的として中央新幹線の建設を推進することとなります。
<中央新幹線の建設に係る貸付金の概要>
1.今回貸付契約額     5000 億円
2.今回貸付予定日     平成 28 年 11 月 29 日
3.利率               0.6 %(財政融資資金貸付金利、全期間固定)
4.弁済期限           平成 67 年 11 月 29 日
5.返済方法           平成 58 年 5 月まで据置、以降、元金均等返済

鉄道・運輸機構では今回の貸付けの目的を記載しています、JR東海は「第一回」と銘記し担保についても書きました、内容は重複しますが併せて引用しました。
私としては借入とか貸付の話はしたくないのでソースの確認と引用だけにしておきます。
リニア中央新幹線建設事業について、今回の財政投融資適用に関する決定過程、国会審議、法改正などについては我が国の子々孫々の為に整理しておこうと、大それた事は想っています。

タグ:財政投融資
posted by ictkofu at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2016年10月28日

JR東海から名古屋非常口、岐阜県ウラン鉱床、大鹿村工事に関する情報公開

JR東海の中央新幹線 最新情報 プレスリリースのキャプチャー画像です。

JR東海プレスリリース

このプレスリリースから読み出せるPDFファイルは以下の通りです。関係自治体にも知らせてあるとのことですが、JR東海から知らされたリニア事業に関する情報を各自治体が地域の人々に向けてそれぞれのホームページで知らせているかどうかはわかりません。
山梨県知事が言われたように「リニア中央新幹線は国全体の大きな国家プロジェクトという位置付け」という認識が全ての国民に共有されることは大切なことです。安倍晋三政権による財投融資もそれが無ければ成り立ちません。

中央新幹線名城非常口新設工事における環境保全について(PDFファイル 2,987 KB )(JR東海 2016年10月26日)(2016年6月に名城非常口工事でサンプル土壌に鉛汚染がありましたが・・・)
中央新幹線南アルプストンネル新設(長野工区)工事における環境保全について(28,475 KB PDFファイル)(JR東海 2016年10月25日)(発生土運搬車両についても説明されています)
中央新幹線日吉トンネル新設(南垣外工区)工事における環境保全について(PDFファイル 8,411 KB)(JR東海 2016年10月7日)
ウラン鉱床に比較的近い地域及び地質が類似している地域における地質状況について(平成28年7月)(PDFファイル 5,603 KB)(JR東海 2016年10月6日)
ウラン鉱床に比較的近い地域及び地質が類似している地域における地質状況について(平成28年7月)【別添】(PDFファイル 12,317 KB)(JR東海 2016年8月2日/10月6日)
岐阜県内月吉鉱床北側の約3km区間における発生土等の管理示方書(平成28年9月)(PDFファイル 2,372 KB)(JR東海 2016年10月6日)

早川町内雨畑地区発生土仮置き場、私のWebページで記録しています。

大鹿村の発生土仮置き場についてはJR東海サイトの、「長野県」事後調査・モニタリング ページからPDFファイルが読めます。
このページの上欄にあるパンくずナビを一つ遡って「長野県」を開き、「環境保全の計画」を開くと「長野工区」の資料があります。JR東海サイトのページ構成は他県でも同様です。

私のリニア中央新幹線情報Webページで各県ページにも記録してありますが、内容の整理は仕事が一段落してからになります。

posted by ictkofu at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2016年09月05日

リニア沿線地域で自分の人生が変貌する方々を想いつつ・・・

私は一般ブログで2015年01月05日記事、「長崎県川棚町川原 石木ダム問題」を書きました。地名「川原」の読みは「こうばる」です。
石木川まもり隊 2016年08月30日 県立美術館に「川原」の写真 と題した記事に掲載されていた画像を引用させていただきます。写真はその記事に多数掲載されています。

ダムの底には沈まない!

リニア中央新幹線事業はほとんどがトンネルとはいえ、地表を走行する相模原市の車両基地や山梨県甲府市から富士川町までの沿線地域では人家を含めた土地収用があります。南信州から岐阜県〜愛知県の状況について私は未確認ですが非常口や変電所関連、発生土処分場として収用される土地は多いでしょう。
当然、景観も変貌することはよく知られていることです。

リニア中央新幹線は東京〜名古屋〜大阪の三大都市圏を一つにすることで全ての国民に寄与する事業であり、人口減少でいずれ衰退していく土地がその国益に奉仕できることをありがたく思え、というような優生思想で語られることもあるかも知れません。
人生を奪われる経験をしたことも無く、思い出を失ったこともなく、全ては他人事と考えられる幸せな方々の言葉だと私は思っています。
一方で、NIMBYではあるが大金を手にして新しい人生をスタートする千載一遇のチャンスだ、リニア反対などと雑音を入れないで欲しいという方々も多いかもしれません。それはそれで一つの生き方です。これまで私にはそういうチャンスが無かっただけで批判はできません・・・
しかし、そうなると沿線どの範囲まで Back Yard として扱うかという問題が生じます。境界線から10cm外れるから補償対象外となるのでは、人生だけ奪われてオシマイという人々も出てくる、それを解決することは法律に従って事業を進行するJR東海の問題というより、政治や地域行政の大きな課題です。

このあたりの問題を放置する行政が、リニアが来れば人口増加と計画しても、そんな行政を信頼して移住してくる人がいるでしょうか。
そういう問題を知られたくないから行政の情報発信には出さないのだろうと私は感じています。リニア事業に関する行政発信を観察していると、その地域行政の実相も見えてくるものです。これはマスコミ記事だけ見ていても見抜けるものじゃない。
・・・ということで、石木ダム問題とリニア問題メインテーマの地域活性化・街づくり問題がつながります。

posted by ictkofu at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2016年07月14日

超電導リニアの原理と運転制御システムについて考えてみた

この記事は一般ブログに掲載したものですが、甲府市中道北小学校の移転問題に関する住民説明会について、甲府市教育委員会事務局の会議録を読み、彼等が説明したリニア技術については私が理解していることと違うような気がして記事にしておいたものです。幸いにもありがたいコメントを戴き、私が引き続き学習せねばならない点も整理できたような気がしますので、今後のために記事をリニア情報ブログに転載しておくものです。記事のタイトルは変えてあります、私の根本的な理解が不足しているテーマなのです。

リニア事業のトップランナーである山梨県の方々はリニアモーターカーの技術的な事も深く理解されていると思います。リニア新幹線工事に伴う甲府市中道北小学校移転問題までご関心があるかどうかは知りませんが、一応こちらのブログで掲載しておきます。

2016.07.12 記事 「甲府市中道北小学校移転、この案件の担当は教育委員会事務局だけではない」 で参照した第4回説明会会議録からの引用です。
この前段では住民から磁界の影響について質問があり、東京電力の資料から電線の磁界について説明した後、「皆様が気にされているリニアモーターカーからの磁界であるが・・・」となります。

超電導リニア
超電導リニア

私は超電導リニア(マグレブ )の動作原理のことも不勉強なのですが、この教育委員会事務局回答に書かれている、「ガイドウェイのみでは外界に発生する磁力は発生しない」というのが私のこれまでの学習では理解できないのです。でも、これは甲府市行政が共有しているリニア原理だろうと思いましたので、これをベースに勉強してみます・・・

私が初めて超電導リニアの事を知った時、線路の両側(側壁)には永久磁石が敷き詰められるのかと思ったくらい無知でした。
でも、今回の説明で分かったことはガイドウェイ(側壁)で磁力は発生していない。
 側壁に設置された浮上コイルは車内の超電導磁石の電磁誘導で磁力を発生するので電力供給によるのでは無い、すなわち動いている車両磁石の作用で発生した部分的な磁力に過ぎない事を自分は理解していました。
 車両の超電導磁石は外部からの電力供給は無いはずです、その為の超電導。外部から電力供給が必要なのは車載蓄電池では足りない車内の照明など。
そうすると、実験線で柏崎刈羽原発からの送電線で都留変電所まで届く電力が必要だったのは何故なのか?

甲府市行政の皆さんと同様に原理的なことが理解できれば、いつか自分のリニア中央新幹線情報のWebサイトで記事にまとめられるかもしれません。
環境問題にも土木建設事業にも全く無知な私がリニア新幹線事業での最大の関心は制御(コントロール)システムなのです。デジタルオタクに過ぎない私の哀しいサガ。
ドローン爆撃のコントロールは中東現地ではなく遠い場所から行なわれているのと同様に、パイロットがいないラジコン旅客機に乗客を乗せて飛ばすのがリニア新幹線だと思っていますので、テクニカルな問題をなんとか勉強したいと思っています。

【この記事は一般ブログに掲載したものですが、それに戴いたコメントも併せて転載しておきます。】

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2016年06月13日

喪失徘徊録のリニア予定地探訪、第1次が終了しています

喪失徘徊録(FC2ブログ)で連載されていた各地探訪記です。
私が知るかぎり、●2014年11月某日/長野県大鹿村、リニア建設予定地を訪ねる から始まっていますが、●2016年5月某日/リニア建設予定地を訪ねる〜静岡工区編〜.02(2016.06.12)でひとまず終了、『愛知、岐阜、長野、山梨と2年に渡って続いたリニア予定地探索の自由研究は静岡編で一旦区切り、工事の進捗を見計らい再び各所を訪れたいと思う。』とのことです。
最終回は読んでいるだけで疲れました。このブロガーさんに感謝しご健勝と益々のご活躍をお祈りしたいと思います。
便宜的に作成した−リニア中央新幹線 関連リンク集 に記事のリストを記録しています。

posted by ictkofu at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線

2016年06月07日

三重県知事がリニア建設促進期成同盟会総会の情報を発信した

とりあえずリンクでご紹介しておきます。
三重県知事鈴木英敬さんの2016年06月03日の記事について、 リニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会に出席しました(ジンジャーエールのblog 2016年06月07日記事)
三重県知事のページ/三重県知事 鈴木英敬ブログ「すごいやんか!三重」 が BLOGOS の元記事

先日このブロガーさんの仕事に気付いて、リニア中央新幹線 関連リンク集 に追加しましたが、早速新しい情報が分かりました、やはりインターネットは宝の山です。それを活用できないレベルの期成同盟会の人々では地方創生も無理だと私はいつも思っている。

posted by ictkofu at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | リニア中央新幹線