2020年03月11日

リニア走行試験装置の新設について(JR東海発表)

2020.03.10 【社長会見】リニア走行試験装置の新設について(記事本文はPDFファイル)
 当社は、これまで山梨リニア実験線において超電導リニアの技術開発を進めてきました。このたび、 更なる超電導リニア技術のブラッシュアップや、建設・運営・保守の効率化を目指し、実際に車両を走行させることなく模擬的に試験をすることができる「リニア走行試験装置」を小牧研究施設に新設しましたので、お知らせします。
1.装置の概要(別紙)
実際の走行試験に使用していた車両を活用して製作した、実物と同等の大きさ・重さの模擬編成を試験に用います。地上側の電磁加振装置に電流を流すことで磁力により模擬編成を浮上させ、乗り心地向上確認試験や、超電導磁石の長期耐久性試験を実施します。また、加振台で電磁加振装置等を横方向に揺らすことで、地震時や軌道(ガイドウェイ)のズレにより生じる車体の揺れを想定した試験を行うことができます。
リニア走行試験装置
2.検証項目
(1)乗り心地向上確認試験
 
本装置により走行時の車両の揺れを再現し、空気ばねやダンパーの設定等を変化させ、乗 り心地を確認します。
(2)超電導磁石の長期耐久性試験
 
台車に取り付けた超電導磁石に走行時の超電導磁石特有の振動を長時間与え、耐久性を検証します。
(3)状態監視システムの構築
 
車両・超電導磁石・地上コイル等について、山梨リニア実験線では設定が困難な異常状態や、軌道(ガイドウェイ)のズレを模擬的に設けることで、各設備の故障の予兆を検知する状態監視システムの構築に向けたデータを取得します。
(4)地震発生時の安全性確認
 
これまでのシミュレーションや、車両・地上設備の強度試験により、地震発生時におけるリニアの安全性は検証済みですが、加振台で電磁加振装置等を横方向に揺らすことで、地震時の車両・地上設備の揺れを再現し、リニアの安全性をより高いレベルで確認します。
3.試験開始日
   2020年3月6日
4.工事費
   約66億円
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 12:30| リニア中央新幹線

2020年03月03日

南アルプストンネル3工区は1区として国政事業に移行

ポイントは南アルプス工区の一本化と民間事業から国によるトンネル工事への変更である。

南アルプストンネルを山梨・静岡・長野の3工区として設定したことが間違えだった、3工区に分離して認可した国土交通省(鉄道局)に判断ミスがあった。
民間事業を前提としたリニア事業計画でも、大井川の水利問題発生が分かった時点で、南アルプストンネル工区だけは25キロを一括して国(鉄道・運輸機構)の事業とするべきだった。

その掘削は静岡県内の非常口から掘り進めるのでは無く、山梨側と長野側からのみであり、静岡県内は南アルプスの地下を通るだけの土木事業となる。
トンネル湧水は工事中も完成後も長野側と山梨側に流れ出る。
トンネル工事中でもどのように大井川に戻すか、それが根本的な問題であり、現行の導水路建設予定は廃止される。
トンネル工事開通後の湧水の状況により静岡県水利に必要な導水路工事は行なわれるのである。
工事中も完成後も、これら大井川源流に戻す為の水路建設は全て国が行なうのである。
国土交通省(国政)が南アルプストンネル工事を遂行する、他の新幹線工事同様に鉄道・運輸機構事業となるように計画転換をする必要がある。

この事を当初から分かっていた静岡県知事は、南アルプストンネルを山梨側から掘り進まねばならないとするJR東海の見解に助け船として「畑薙山断層の存在」を否定しないのであろう。国土交通省鉄道局も同様に違いない。

全ては南アルプス工事計画作成と認可から生じた国政によるエラーから発した問題なのである。
2011年3月11日から9年目も近い、COVID-19 の脅威に警戒しながら桃の節句を祝う2020年3月3日にこれを記す。
リニア Facebookですが、畑薙山断層の存在はJR東海と静岡県知事により偽装されたとの見解を主張なさる方がおられます。その記事では未だ語られていないポイントがあると思えたので、それをドシロウトが想定してみたのが上掲の内容です。
我が日本国の未来にリニア中央新幹線がどうしても必要であるなら、国政事業移行は避けられないと思っています。
posted by ict工夫 at 17:00| リニア中央新幹線

2020年03月02日

リニア談合 暴露裁判(報道記録・ダイヤモンド社)

有料記事ですからリンク集のみで記事引用はしません。
このブログでは タグ・入札談合 を設定していますので、過去記事の一覧が表示されます。
ダイヤモンド社のリニア中央新幹線事業関連記事はWebサイトの報道関係ページ 報道・ジャーナル(会員限定、有料記事を含む) でリンクしています。
自分の仕事が多忙なのでリニア中央新幹線関係のサイト更新は全く遅れています。先の長い事業ですから焦らずに情報整理をしていくつもりです。
タグ:入札不正
posted by ict工夫 at 23:29| リニア中央新幹線

2020年01月25日

JR東海社長は国交省の有識者会議に期待と(報道記録)

JR東海・最新のリリース一覧(参照)
リニア中央新幹線事業に関する社長記者会見での発表内容が、企業サイトの記事として公表されたものを私はこれまで確認できていません。今回、2020年1月22日の社長記者会見と報じられた内容も同様かも知れませんので、報道記事を公式発表の代理として記録しておきます。 【いずれも全文ではありませんので、元記事をご参照ください。】
ちなみに、以下の Yahoo!ニュース では読者コメントを受付けているので、既に数件のコメントが入っています。

こう着状態のリニア新幹線着工問題 JR東海は専門家会議設置に前向き(1/22(水) 18:31 配信 静岡朝日テレビ−Yahoo!ニュース掲載)
 リニア新幹線をめぐり、今週、愛知県内から予定通りの開業を求める声が相次いでいます。一方、国交省が提案した新たな専門家会議の設置についてJR東海は前向きな受け止めを明かしました。
 JR東海 金子慎社長:「早期の開業に向けて事柄を進めたいという気持ちでいたので、いろんなことが今とまっている状態だったので前に動き出してほしいと思っている」
 きょう名古屋市で会見したJR東海の金子慎社長は、こう着状態となっているリニア新幹線静岡工区での工事に向けた進展に期待感をにじませました。
 その言葉を引き出したのは、先週、国土交通省が大井川の水量減少や地下水の影響について、県の専門部会とは別に、専門家による新たな会議の設置を提案したことです。
 JR東海 金子慎社長:「我々は我々でこれで大丈夫ですと説明しているつもりだが、専門家の力を借りて一体どういうことなのかと判断、助言してもらうことは適切なのかなと思います」
 静岡県は流域市町や専門部会の意見をとりまとめてから返答する方針ですが、会議の中立性について懸念する声もあります。
 一方、これまでもリニア工事の着工をめぐり静岡県と対立してきた愛知県の大村知事。おとといの会見では2027年度の開業予定は厳守すべきと重ねて強調しました。
 愛知県・大村知事:「よく川勝知事はタイムスケジュールは変えられるというが、タイムスケジュールは変えられない。必達の目標だと思う」
 新しい会議を設置する動きについても、開業予定を絡めた注文を忘れませんでした。
 愛知県・大村知事:「また新たに会議体を作ることは我々からみると時間稼ぎしているように思えてならない。それはダメ。タイムスケジュールは変えられない」
JR社長 国交省の有識者会議に期待感 リニア中央新幹線(1/22(水) 19:01 配信 静岡放送(SBS)−Yahoo!ニュース掲載)・・・ この記事の YouTube版もあります
 リニア中央新幹線の工事を巡る協議についてJR東海の金子社長は1月22日、国交省が提案している第三者による新たな有識者会議について「有効だと思う」と事態打開への期待感を示しました。
 JR東海 金子慎社長「会の中で解決していったらということだと思うが、有効なのではないか、と思っている」
 JR東海の金子社長は22日の定例会見の中でこのように述べ、リニア中央新幹線の工事を巡る協議について、国交省が提案している第三者による新たな有識者会議の設置に期待感を示しました。
一方、この有識者会議については、リニア新幹線の工事にともない大井川の水量が減ることを心配している静岡県と流域市町から「中立性に疑念がある」との声も上がっています。金子社長は県との協議がこう着状態に陥っているとの認識を示したうえで、専門性の高い会議から助言をもらい状況を打開したいなどとしました。
posted by ict工夫 at 22:58| リニア中央新幹線

2020年01月14日

リニア中央新幹線・・実用技術「完成」は嘘八百(報道)

【公式】三万人のための総合情報誌『選択』- 選択出版 がサイトで公開した記事です。
JR東海がひた隠す「リニア・リスク」 実用技術「完成」は嘘八百(2019年12月号)
定期購読会員制で発売されていて 『掲載物の無断転載・複製を禁じます©選択出版』 です。
Yahoo!ニュースでは 「選択」(選択出版) が設定されていて公開記事があります。

記事の導入部で 『「超電導リニア技術はすでに実用技術として完成しています」 JR東海は、リニア特設サイトでこう明言している。』 と書かれています。
JR東海・リニア中央新幹線 のサイトで、FAQ、このページで「超電導リニア技術について」の Q.8 の回答です。
JR東海

「選択」誌はこのスタンスに対して異議をとなえる記事を公開されたと私は理解しました。JR東海の背後には国土交通省(旧運輸省)があると私は考えています。全幹法は運輸省官僚から国会議員に転進した方を主体とする議員立法だと知った時からの私の想いです。
以下、記事から項目のみ記録しておきます。
「すれちがい実験」さえしてない
 この項には車両の「電源問題」、「クエンチ」についても触れられています。
 人体への電磁波の影響については、非常時の乗客避難の時に問題はあるだろうとの見解。
財政投融資の詐取か
 この項で 『経路勾配も最大四十パーミルに制限され、鉄輪式車両が通行可能。つまり、超電導リニアの頓挫を織り込んだ「保険」が準備されている』 と書かれていたので私は驚きました。
 そして、『なぜかメディアは、こうした超電導リニアの「危うさ」に口を閉ざす。・・・』・・・『リニアではなく、JR東海の暴走を止めなくてはならない。』 と記事は終っています。

リニアモーターカーの技術について私は未だに学習不足ですが、この記事に書かれた問題点は私も注目している事です。
そして 『トンネルの大きさは、東海道新幹線の車両が通行できるようなサイズで作られており、経路勾配も最大四十パーミルに制限され、鉄輪式車両が通行可能。』・・・と書かれていてビックリしたのです。
40パーミル ‰ はリニアモーターカーだから走行出来るのだと何処かで読んでいたので、私は普通の鉄道では走れない勾配をリニア新幹線は走れるのだと思い込んでいました。
確認したら富士急も紹介されていたので納得しました 全国登山鉄道‰会 『富士急行 - 大月 - 河口湖までの26.6kmで約500mの高低差を登り、最急勾配は40‰』
こんな事に限らず、私の勘違いで誤解している点がまだまだあると思えますので、仕事の合間に少しずつでも情報整理をしていきたいと思います。
posted by ict工夫 at 00:11| リニア中央新幹線