2020年10月17日

JR東海社長記者会見、2020年10月15日(報道記録)

JR東海・ニュースリリース には掲載されていませんので報道記事を記録しておきます。(漢数字は書替え、日付には年月を併記しています・編者)

◇ 2020.10.16 リニア開業時期、不透明 JR社長「難しい問題山積」(2020年10月16日 05時00分 中日新聞)
 国がリニア中央新幹線の工事を認可して(2020年10月)17日で丸6年になるのを前に、JR東海の金子慎社長は(10月)15日の会見で、目標としていた2027年の開業が困難になっていることについて「今は新しい開業時期を申し上げることができない」と述べ、開業時期が不透明な状態になっていることをにじませた。
【以下引用略】  リニアでは、大井川の水や生物多様性の問題などを巡り、静岡県の川勝平太知事が南アルプストンネル静岡工区(静岡市葵区)の着工を認めず、同トンネルで静岡工区だけ未着工の状態が続いている。
 認可から6年になることについて金子社長は「それなりに沿線で工事が進捗した一方、静岡工区は着工できていない。いろいろ難しい問題がある」と述べた。川勝知事が10月に出た月刊誌で主張したリニアの部分開業については「一通り設備ができていないと、路線と車両だけで運行できるものではないので大変難しい」と語り、ルート変更も「できない話」と否定した。
 一方、一部報道が伝えた大井川直下の湧水に関して調査した資料を公開しない理由について、資料は「施工上の懸念事項、留意事項を書き込んだ書類」とした上で「専門的な知識を持った人が見れば有効な資料だが、そうでないと、いたずらに不安になるたぐいのことも入っている」と説明。大井川の流量減少などについて検証している国の有識者会議で必要に応じて説明することで「懸念を解消する方法がいいのではないか」と語った。
 この資料は静岡新聞が9月に報道。JRが委託した調査会社が七年前に作成した資料に「大井川直下で大量湧水の懸念がある」と記載されていたと伝えた。

2014年10月19日・10月17日認可の情報は何故事前に漏洩されたのか
リニアルート変更を論文で訴え 知事が中央公論に寄稿(2020年10月10日 中日新聞)
中央公論 2020年11月号(10月9日発売)『静岡県知事の「部分開業」案 国策リニア中央新幹線プロジェクトにもの申す 川勝平太』

タグ:報道 静岡県
posted by ict工夫 at 10:00| リニア中央新幹線

2020年09月05日

考えるリニア着工 なぜ決まったCルート(東京新聞・中日新聞記事案内)

東京新聞がリニア中央新幹線の現況を <考えるリニア着工 なぜ決まったCルート> と題して連載記事にしていましたので、リンクしてご案内します。
◇ 2020.08.30 (上)JR信じ20年 「約束違う」
◇ 2020.08.31 (中)経済性重視、環境顧みず
◇ 2020.09.01 (下)コロナ禍で需要不透明 テレワーク定着、再検討を

私がリニア中央新幹線についてまとまった記事やブログを書き始めたのは、2010年頃に街づくりと関連させながらでした。それ以前の事業経緯などは未知、未整理なので、今回の記事も良い参考になりました。歴史、理論、政策の三本足に支えられた情報整理を続けたいと思います。

<考えるリニア着工 なぜ決まったCルート>
【以下の記事を知りました。これは中日新聞本社から長野版や東京新聞に配信されたものと思いましたので、リンクのみ追加しておきます。】
【中日新聞掲載】
◇ 2020.08.06 (上)
◇ 2020.08.07 (中)
◇ 2020.08.08 (下)
【中日新聞・長野版掲載】
◇ 2020.08.13 (上)
◇ 2020.08.14 (中)
◇ 2020.08.15 (下)
◇ 2020.09.13 全国発信されぬ水問題 静岡「悪者」着工へ圧力【大井川とリニア 第1章 築けぬ信頼④・完】(2020/9/13 12:45 静岡新聞)
 この記事に気付きました。私はこの数ヶ月、新型コロナウイルス感染症問題に時間を割いているので、特にリニア静岡県問題のフォローは全くと言って良いほど出来ませんでした。とりあえずメモしておいて、関連記事を整理しておこうと考え、この記事だけリンクしておきます。
 静岡県庁・市町村、県議会、市町村議会などでの議論・報告も確認していきたいと思っています。
「静岡悪者」と全国メディアが報じるなら、その反論を、いつでも、誰でも、何処からでも、インターネットで全国に向けて発信出来るのだと、特に地方議員諸公が認識されていることを願っています。
posted by ict工夫 at 16:24| Comment(0) | リニア中央新幹線

2020年06月25日

JR東海は株主総会で説明、リニア着実に進める(報道記録)

◇ 2020.06.23 JR東海、リニア着実に進める 株主総会で説明(2020/6/23 11:38 共同通信)
 JR東海は(2020年6月)23日、名古屋市で定時株主総会を開いた。建設に絡む環境対策について静岡県と対立が続き、予定している2027年の開業が不透明な状態となっているリニア中央新幹線に関し、宇野護副社長は「地域の理解を得ながら、建設を着実に進める」と強調した。
 リニアの工事を巡っては、静岡県が大井川の流量減少を懸念して認めず、南アルプスを貫くトンネルの静岡工区が未着工となっている。
 巣山芳樹副社長は、リニアは「日本にとって、不可欠なプロジェクトだ」と株主に訴えた。
 194人の株主が来場。総会には剰余金の処分や取締役16人の選任など3議案が提出され、全て可決された。

共同通信の記事には株主総会の会場入り口の写真が掲載されています。「総会会場」と書かれた案内版が立てられているので社内会議室ではなく、何処かの施設を利用されたのだと思えます。
場内写真が無いので分かりませんが、3密を防ぐ為の座席指定などあったでしょう。
株主総会開催の広報を調べましたが、JR東海のニュースリリースでは見つかりませんでしたので、企業情報記事から関連ありそうな記事「2020年3月期の取組み」を下記に引用しました。

2020年5月15日のニュースリリースで 代表取締役および役員の異動について(PDFファイル)があり、『取締役および監査役の選任については、当社第33回定時株主総会(6月23日)に付議し、代表取締役等については同株主総会後の取締役会において正式に決定いたします。』と記載されていますから、株主には総会開催日は分かった事と思えます。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 18:00| リニア中央新幹線

2020年05月12日

新型コロナでリニア計画見直し懸念(報道記録)

新型コロナでリニア計画見直し懸念 工事の半分中断、JR東海の憂鬱(2020.5.11 07:10 SankeiBiz サンケイビズ)(著者・岡田美月)
 新型コロナウイルス感染拡大が、JR東海のリニア中央新幹線の整備計画に影響を及ぼしている。緊急事態宣言の(2020年)5月31日までの延長が決まり、東海道新幹線の旅客数の回復が先延ばしとなったほか、リニア中央新幹線の工事の半分が一時中断を余儀なくされているからだ。同社は、運輸収入の約9割を占める東海道新幹線の収益力を背景に、リニア新幹線の建設費を全額自社で負担する計画だが、計画の見直しへの懸念が高まっている。
この記事には、「訪日客頼みが一転」 と「 大量輸送や定時制に影響」 との中見出しがあります。
前段では、『東海道新幹線の旅客収入は、訪日外国人客の増加が牽引しており、新型コロナによる影響が際立つ結果となった。・・・【中略】・・・(リニア新幹線)整備計画の財務面の裏付けの一つが、高い収益力を誇る東海道新幹線だが、新型コロナの影響で、出張などのビジネス利用や観光利用が激減している。』 と記されています。
東京から東海道新幹線を利用する外国人客の目的地は恐らく京都でしょう。名古屋や大阪観光で訪れる外国人客について統計など私は知りませんので、時間があれば今後の課題です。
 ビジネス利用の今後はどうなるかがポイントだと私は考えています。この事はリニア問題について以前から考えていたことですが、新型コロナウイルス問題により、国民の多くに知られるようになったのが「テレワーク」という用語だと思います。
1995年に Windows 95 が世に出てから25年になる2020年、新型コロナウイルス情報はテレビや新聞紙面以上にインターネットにより広く人々に知られたものと思います。
以前から感じていることですが、私がインターネットを手掛けた頃と異なり、今では動画による発信、SNS(Facebook、Twitter、その他)、ブログなどのツールが随時情報の発信主力媒体となり、Webサイトはこれら情報に誘導する、あるいは記録媒体としての意味が強くなって来ているでしょう。
 それはさておき、「テレワーク」の採用は職種によるものではあっても、無視出来ないものとなり、新しい時代を築いてゆくだろうと私は考えています。日本に住んでいてアジア、欧米、その他世界各地の企業メンバーとして日常仕事をする・・・その逆もありです。
 『対面によらないビジネスが常態化すれば出張の機会が減り、新幹線のビジネス客数が感染拡大前の水準に戻らないことも予想される。』 と後段で書かれていることに私は納得します。
 「物」や「人」の動きと同様に、いや、それ以上に「情報」の動きはどうあるべきか。新型コロナウイルス問題で生活が困窮する全国民への支援金配付に関してマイナンバーカードが話題になったことは、これから先を考えるに象徴的だと私は感じています。

政府(国土交通省)は現行のリニア中央新幹線事業のあり方を改めて再検討するべきであり、整備新幹線ではない民間事業のリニア中央新幹線となった歴史にも遡った考察が必要かも知れません。「過ちては改むるに憚ること勿れ」

posted by ict工夫 at 19:27| リニア中央新幹線

2020年03月11日

リニア走行試験装置の新設について(JR東海発表)

2020.03.10 【社長会見】リニア走行試験装置の新設について(記事本文はPDFファイル)
 当社は、これまで山梨リニア実験線において超電導リニアの技術開発を進めてきました。このたび、 更なる超電導リニア技術のブラッシュアップや、建設・運営・保守の効率化を目指し、実際に車両を走行させることなく模擬的に試験をすることができる「リニア走行試験装置」を小牧研究施設に新設しましたので、お知らせします。
1.装置の概要(別紙)
実際の走行試験に使用していた車両を活用して製作した、実物と同等の大きさ・重さの模擬編成を試験に用います。地上側の電磁加振装置に電流を流すことで磁力により模擬編成を浮上させ、乗り心地向上確認試験や、超電導磁石の長期耐久性試験を実施します。また、加振台で電磁加振装置等を横方向に揺らすことで、地震時や軌道(ガイドウェイ)のズレにより生じる車体の揺れを想定した試験を行うことができます。
リニア走行試験装置
2.検証項目
(1)乗り心地向上確認試験
 
本装置により走行時の車両の揺れを再現し、空気ばねやダンパーの設定等を変化させ、乗 り心地を確認します。
(2)超電導磁石の長期耐久性試験
 
台車に取り付けた超電導磁石に走行時の超電導磁石特有の振動を長時間与え、耐久性を検証します。
(3)状態監視システムの構築
 
車両・超電導磁石・地上コイル等について、山梨リニア実験線では設定が困難な異常状態や、軌道(ガイドウェイ)のズレを模擬的に設けることで、各設備の故障の予兆を検知する状態監視システムの構築に向けたデータを取得します。
(4)地震発生時の安全性確認
 
これまでのシミュレーションや、車両・地上設備の強度試験により、地震発生時におけるリニアの安全性は検証済みですが、加振台で電磁加振装置等を横方向に揺らすことで、地震時の車両・地上設備の揺れを再現し、リニアの安全性をより高いレベルで確認します。
3.試験開始日
   2020年3月6日
4.工事費
   約66億円
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 12:30| リニア中央新幹線