2019年11月27日

日吉トンネル南垣外工区を報道陣に公開した(報道記録)

2019.11.26 リニアのトンネル工事現場を公開(NHK岐阜 19時24分)
2027年の開業を目指して工事が進められているリニア中央新幹線の工事のうち、岐阜県瑞浪市の地下を通るトンネルの工事現場の様子が報道関係者に公開されました。
公開されたのは瑞浪市の山あいの地下を通る全長約14.5キロの日吉トンネルです。
工事は地下約80メートルの場所で行われていて、ドリルで開けた穴に装てんした火薬を爆破させて1日約4〜6メートルのゆっくりとしたスピードで掘り進めています。
日吉トンネルの工事は平成28_2016年に始まり、これまでに890メートル掘り進んだということで、リニア中央新幹線のトンネル本体の工事の様子が公開されるのは日吉トンネルが初めてになります。
リニア中央新幹線はほとんどの区間が山あいの地下を通るため、工事による自然環境への影響や掘削で発生した大量の残土の処分が課題になっています。
JR東海中央新幹線岐阜工事事務所多治見分室の加藤覚室長は「いよいよ、トンネル本体の工事が本格化します。工事の安全や環境の保全を重視しながら、着実に工事を進めたい」と話しています。
2019.11.26 リニアのトンネル工事 初公開(NHK東海 19時37分)
【13分違いでNHK岐阜と同文です。】
2019.11.26 リニア工事、本線トンネルを初公開 岐阜県でJR東海(日本経済新聞 中部・地域ニュース)
JR東海は(2019年11月)26日、岐阜県瑞浪市でリニア中央新幹線の日吉トンネルの工事状況を報道陣に公開した。本線トンネルの公開は初めて。リニア路線の86%を占めるトンネル工事のうち、本線に着手したのは山梨県と岐阜県のみ。長野県では本体工事の一部で本線と地上をつなぐ非常口の工事などが進むが、静岡県では南アルプストンネルの本体工事に着手できていない。
【中略】
日吉トンネルは全長14.5キロメートル。そのうち、今回公開した南垣外工区は7キロにわたり、2018年10月から本線工事に着手した。現時点で890メートルの掘削が完了した。1日平均4〜6メートル掘り進めているという。土砂を掘り出した後、表面をコンクリートとボルトで固定する「ナトム」と呼ばれる工法を採用している。
同工区では、掘削で発生した土砂をベルトコンベヤーで2キロメートル先の発生土置き場まで運ぶ。ダンプトラックを使う場合よりも周辺の道路や騒音などへの影響が小さく「地域の環境に配慮した」(現場の担当者)。トンネル入り口のヤード部分でヒ素などの重金属が基準値を超える土砂と健全な土砂とを選別している。

日本経済新聞記事は発生土処理と汚染土処理の件も報じました。NHKが「課題になっています」で済ませたポイントです。
もう一つのポイント、ウラン鉱床について記事に書いたのは朝日新聞でした。しかし一般記事では無くて 鉄道(テツの広場) という特集・連載カテゴリーに収めたのは何故でしょうか。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 11:03| 工事

2019年11月19日

神奈川県駅の新設工事における環境保全情報が発表された

JR東海ホームページ で「ニュースリリース」に見つからない時は 「一覧はこちら」 をクリックします。
2019.11.18 中央新幹線神奈川県駅(仮称)新設工事における環境保全について が発表されました。
この記事のリンク先ファイル名は nws002836.html でテキストページのように思えますが、自動リンクされていて表示されるのは単独のPDFファイルです。(以下に部分引用)

中央新幹線神奈川県駅(仮称)新設工事における環境保全について
2019年11月18日
東海旅客鉄道株式会社

1.内容中央新幹線神奈川県駅(仮称)新設工事における環境保全の内容について、以下のとおりまとめました。
 (1)工事概要(施工手順、工事工程、工事用車両台数等)
 (2)計画面及び工事における環境要素ごとの環境保全措置
 (3)モニタリング計画

2.その他資料については、当社のホームページに掲載します。

掲載された「当社のホームページ」が、工事の安全・環境の保全・地域との連携 神奈川県、その「場所ごとの環境保全の計画」 に記載された 「中央新幹線神奈川県駅(仮称)新設工事における環境保全について」 に行き着きます。
これをクリックしてダウンロードできるPDFファイルが詳細資料です。(3,632 KB、31ページ)
建設事業者は 中央新幹線神奈川県駅(仮称)共同企業体(株式会社奥村組・東急建設株式会社・京王建設株式会社)です。

posted by ict工夫 at 00:04| Comment(0) | 工事

2019年11月17日

中央新幹線工事の進捗状況 2019年9月30日現在

JR東海が公開する「計画の進捗状況」として掲載される「中央新幹線工事の進捗状況」(PDFファイル)を記録しておきます。 今回のPDFファイルは 2019年9月末時点での状況説明です。
中央新幹線工事の進捗状況

前回広報、中央新幹線工事の進捗状況 2019年6月30日現在 では  (40) 名古屋駅 ( 東山線工区 )[ 愛知 ](H31.4)  (41) 第一首都圏 T( 小野路工区 ) [東京・神奈川 ](H31.4)  (42) 神奈川県駅 ( 仮称 )[ 神奈川 ](R1.6) まで記載されていました。
今回の追加は (43) 第一中京圏 T( 名城工区 )[ 愛知 ](R1.7) 、即ち名城非常口のトンネル工区の1件です。(図で一番左の43)

Webサイトでの記事掲載が遅れておりますので、画像をクリックすると別ページで表示するようにしました。画像の横幅は 960ピクセル(px)(一昔前のパソコンのモニターは横幅 1024 px ですから、それと同等以上のモニターをお使いなら全面表示されます。)

それぞれの工区の進捗状況確認はしておりません。

比較が出来るように2019年6月30日公表の工事の進捗状況も表示します。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 21:32| Comment(0) | 工事

2019年10月05日

鉄道・運輸機構の2019年度発注予定(2019年10月1日公表)

鉄道・運輸機構の広報ページは 令和元年度発注見通しの公表について Main procurement plan in FY 2019(令和元年_2019年10月1日)
このページから (工事)一般競争入札1件と(役務)公募型競争入札2件、簡易公募型プロポーザル方式1件、簡易公募型競争入札3件がある事を確認して開いたファイル 関東甲信工事局における発注の見通しの公表について(PDF:85 KB)(作成日 2019年9月30日)からの引用です。

令和元年度 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
関東甲信工事局における発注の見通しの公表について
令和元年10月1日
独立行政法人
鉄道建設・運輸施設整備支援機構
関東甲信工事局
独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構関東甲信工事局における令和元年度の工事 等の発注の見通しを下記のとおり公表します。
なお、ここに掲載する内容は、令和元年10月1日現在の見通しであるため、実際に発注する工事 等がこの掲載と異なる場合、又はここに掲載されない工事等が発注される場合があります。
T 工 事
 1 一般競争入札(1件)
  1‐1 工事名 : 中央新幹線、中央アルプストンネル4
   1)工事種別 : 土木
   2)工事場所 : 長野県木曽郡南木曽町
   3)工 期 : 約69か月 (編注・2019年4月公表では約75か月)
   4)工事概要 : 山岳工法によるトンネル 6,540m
           斜坑 250m(編注・2019年4月公表では斜坑 290m)
   5)入札予定時期 : 第4四半期(編注・2020年1月〜3月)

 2 条件付一般競争入札
   該当なし
 3 一般競争入札(従来型)
   該当なし
 4 随意契約
   該当なし
U 役 務
 1 公募型プロポーザル方式
   該当なし
 2 公募型競争入札方式(2件)(編注・入札予定時期以外は2019年4月公表と同じ)
  2‐1 中央新幹線
   1)業種区分 : 土木設計調査
   2)履行期限 : 約18か月
   3)役務概要 : 発生土置場に関する協議資料作成(編注・場所不明)
   4)入札予定時期 : 第4四半期(編注・2020年1月〜3月)
  2‐2 中央新幹線
   1)業種区分 : 地質調査
   2)履行期限 : 約50か月
   3)役務概要 : 水文調査(長野県飯田市、下伊那郡阿智村、木曽郡南木曽町、
           岐阜県中津川市)
   4)入札予定時期 : 第4四半期(編注・2020年1月〜3月)

 3 簡易公募型プロポーザル方式(1件)
   3‐1 中央新幹線
    1)業種区分 : 土木設計調査
    2)履行期限 : 約18か月
    3)役務概要 : 山岳トンネル詳細設計(編注・場所不明)
    4)見積予定時期 : 第4四半期(編注・2020年1月〜3月)
 4 簡易公募型競争入札方式(3件)
  4‐1 中央新幹線
   1)業種区分 : 土木設計調査
   2)履行期限 : 約6か月
   3)役務概要 : シールドトンネル資機材価格調査(編注・場所不明)
   4)入札予定時期 : 第4四半期(編注・2020年1月〜3月)
  4‐2 中央新幹線
   1)業種区分 : 土木設計調査
   2)履行期限 : 約6か月
   3)役務概要 : シールドトンネル設備価格調査(編注・場所不明)
   4)入札予定時期 : 第4四半期(編注・2020年1月〜3月)
  4‐3 中央新幹線
   1)業種区分 : 用地測量調査
   2)履行期限 : 約6か月
   3)役務概要 : 事業用地取得等に伴う土地調査測量(長野県木曽郡南木曽町)
   4)入札予定時期 : 第4四半期(編注・2020年1月〜3月)
 5 一般競争入札
  該当なし
 5 随意契約
  該当なし

「1‐1 工事名 : 中央新幹線、中央アルプストンネル4」は前回2019年4月に初出でした。

posted by ict工夫 at 21:57| Comment(0) | 工事

2019年07月12日

中央新幹線工事の進捗状況 2019年6月30日現在

JR東海が公開する「計画の進捗状況」として掲載される「中央新幹線工事の進捗状況」(PDFファイル)を記録しておきます。 今回のPDFファイルは 2019.07.12 公開と推察されます。
中央新幹線工事の進捗状況

前回広報、中央新幹線工事の進捗状況 2019年3月31日現在 では (39) 第一中京圏 T( 大針工区 )[ 岐阜 ](H31.3) まで記載されていました。今回の追加は以下の3件です・・・
 (40) 名古屋駅 ( 東山線工区 )[ 愛知 ](H31.4)
 (41) 第一首都圏 T( 小野路工区 ) [東京・神奈川 ](H31.4)
 (42) 神奈川県駅 ( 仮称 )[ 神奈川 ](R1.6)

Webサイトでの記事掲載が遅れておりますので、画像をクリックすると別ページで表示するようにしました。画像の横幅は 960ピクセル(px)(一昔前のパソコンのモニターは横幅 1024 px ですから、それと同等以上のモニターをお使いなら全面表示されます。)

ちなみに、(21) 静岡県内導水路 T[ 静岡 ](H29.10) 及び (22) 南アルプス T( 静岡工区 )[ 静岡] (H29.11) の状況につきましてはマスコミ報道などを通じて皆様ご承知のとおりです。
関連資料は膨大ですが、静岡県民のお一人が長年にわたり公開されておられるブログ記事から拾い読みなさるのは、問題の本質と経過を端的に把握なさるのに便利かと存じます・・・リニア中央新幹線 南アルプスに穴を開けちゃっていいのかい?

posted by ict工夫 at 22:08| 工事