2018年01月08日

違法性認識に4社で差、特捜部は捜査態勢を拡充(報道記録)

違法性認識、4社で差 東京地検特捜部、捜査態勢を拡充へ 民間発注、立件にハードル(産経新聞 2018.1.8 05:00)
 リニア中央新幹線建設工事をめぐるゼネコン大手4社による談合事件は、東京地検特捜部の最初の強制捜査から8日で1カ月。大林組が公正取引委員会に談合を認める一方、強く否定する社もあり、4社間で違法性の認識に温度差があることが浮かび上がった。大林組、大成建設、鹿島建設、清水建設の4社間で足並みが乱れる中、特捜部は週明け以降、他の地検から応援検事を得て捜査態勢を拡充する方針とみられる。

恭順組と否定組

 「1社でも公取委に違反を申告したら、たいていは総崩れになるものだ」。検察幹部の一人はこう指摘する。最初に強制捜査を受けた大林組がいち早く、独占禁止法の課徴金減免制度(リーニエンシー)に基づき、公取委に不正な受注調整を申告しているためだ。
 現在、鹿島と大成は、特捜部の調べに、会合などで情報交換した事実は認める一方、不正な受注調整は強く否定しているとされる。
 別の検察幹部は「1社がリーニエンシーすると恭順組と否定組に分かれることが多いが、1社でも認めていれば(立件は)できるだろう」と話す。
 発注元のJR東海は「安全を確保した上で競争原理を働かせつつ、工事費全般のコストダウンを図るよう努めてきた」と説明するが、関係者によると、JR東海が提示した総工費は大手ゼネコン側にとって圧縮された厳しい金額だったという。
 JR東海の元リニア担当幹部(故人)が大成の元幹部に工事に関する情報を伝達。この元幹部が窓口役となって、大林組、鹿島、清水の3社に伝え、各社の利益確保を目的に受注調整を図っていた疑いがある。

調整でほころび

 O、T、K、S。特捜部が大林組関係者から入手した資料には大林組、大成、鹿島、清水を指すとみられるイニシャルと工事名が記されていた。リニア関連工事に受注企業を割り振ったとされる受注予定表も入手しているという。
 特捜部や公取委は受注調整を裏付ける重要な物証とみているもようだが、大成関係者は「受注予定表の通りに(受注企業が)なっていない工事も複数ある。受注調整になっていないのではないか」と疑問視する。
 実際、今回の談合事件では一部で受注調整がうまくいかず、「本命」ではなかったゼネコンが受注するといったほころびも生じていたとみられている。
 例えばリニア名古屋駅新設工事は大成の共同企業体(JV)が受注する予定だったとされるが、JR東海側の意向で大林組JVが逆転受注した可能性がある。
 関係者によると、特捜部はこの名古屋駅新設工事に加え、品川駅新設工事の受注経緯について集中的に捜査しているもようだ。

「何が悪いのか…」

 今後、本格化する捜査について、特捜部経験のある弁護士は「民間発注の談合事件は立件ハードルが高い」とみる。「自治体などが発注する公共工事では、入札方式が法や規則で明確に決まっているため、競争制限しやすく、比較的立件もしやすいが、民間発注の場合は、受注側との間で入札方式などを容易に変更できるため、競争制限しにくい。このため過去に摘発事例も少ない」と指摘する。
 リニア建設には約3兆円の財政投融資も投入されており、民間発注の事業ながら巨額の公的資金が入っていることも特捜部と公取委は重視している。だが、JR東海のある幹部は「再発防止は一生懸命やるが、何が悪いと言われているのか分からない」と吐露する。
 リニア関連工事では未契約の工事も多く、捜査が長引けば、工期への影響もありそうだ。
一部工事で「たたき合い」受注調整不調 発覚の糸口(2017.12.21 05:31)
大林・鹿島・大成で先行協議 工費5兆円、利益を確保(2017.12.22 06:27)
リニア入札談合 技術屋が暗躍 理系出身者が調整役の“新形態” 専従幹部は撤廃したけれど…(2017.12.23 10:00)
タグ:入札不正
posted by ictkofu at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2018年01月03日

南アルプストンネル山梨工区本坑、着工に1年半の遅れ(報道記録)

リニア トンネル3月までに着手(NHK甲府のニュース 2018年01月03日 10時58分)

(山梨県)早川町で行われているリニア中央新幹線の南アルプストンネルの建設工事で、計画に遅れが出ているトンネル本線の掘削について、JR東海はことし(2018年)3月までには着手したいとしています。
山梨、静岡、長野の3県にまたがる全長25キロの南アルプストンネルは、東京・名古屋間のリニア中央新幹線の最難関の工事とされ、平成27_2015年12月に早川町で工事が始まりました。
現在はトンネル本線の掘削に先だち、地質を調べるために掘る「先進坑」の掘削が進められていますが、資材置き場の確保などに時間がかかり、当初、おととし(2016年)秋ごろに着手するとしていた本線の掘削はまだ始まっていません。
一方、建設工事を巡る談合事件の捜査が進む中、地元で工事に遅れが出ることが懸念されていますが、JR東海の柘植康英社長は「現在行われている工事については、工期に影響が出ないことを最優先に考えていきたい」としています。
JR東海は、今後、早川町での工事を着実に進め、ことし(2018年)3月までにはトンネル本線の掘削に着手したいとしています。

『工期に影響が出ないことを最優先に・・・』 との発言に注意する必要があります。
南アルプストンネル山梨工区の環境影響評価に基づく事業計画は、発生土汚染の検査も含めて、予定工事期間により発生土の運搬予定やその置き場についても計画されています。その期間が短くなった時にどのような影響が出るか。
私の経験では納期が限られた短期間の仕事では校正ミスで誤植を見落としたり、プログラムのミスで後日トラブルが出たりする場合が多いので、通常より特に注意深くなります。そんな時の車の運転などは心ここにあらず状態もありますから格段に用心深くなるものです。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年12月20日

長野県道松川インター大鹿線への土砂流入の原因及び復旧計画(JR東海発表記録)

2017年12月16日の記事、長野県道松川インター大鹿線への土砂流入(JR東海発表記録)の続報です。

長野県知事会見録一覧 にはこの事案についての会見記事は出ていません。(2017年12月20日確認)
長野県建設部道路建設課の リニアに関連した道路整備箇所について、 長野県飯田建設事務所の 県道松川インター大鹿線の改良工事について 及び大鹿村の 大鹿村内のリニア工事・道路状況、これらのページはJR東海の復旧計画公表により更新されると思います。

私には長野県政の対応が公式記事からはわかりませんが、地元紙は報じています。
中川の崩落 リニア関連工事原因 JR「振動で発生」(信濃毎日新聞 2017年12月20日)
リニア関連工事が原因 県道の土砂崩落 JRが復旧計画示す(南信州新聞 2017年12月20日 16時18分)

【長野日報】が報じたことから国交省事務所と長野県地域事務所は問題を想定する引き出しが大きいことを示していると感じました。大鹿村民だけで無く、工事中のトンネル内部事故で救急活動が必要になることも想定したのでしょう。これだけの人々が何故リニア事業を認めてしまったのでしょうか。
緊急車両の通行可 小渋ダム土砂トンネル(長野日報 2017年12月20日 6時00分)
 国土交通省天竜川ダム統合管理事務所(中川村)と県飯田建設事務所は、同村大草の県道松川インター大鹿線で起きた土砂崩落による通行止めに伴い、迂回路にした県道松川大鹿線が万一、土砂崩れや大雪などで通行不能になった場合、緊急車両が小渋ダムの土砂バイパストンネルを通行できるようにする対応策を決めた。国交省によると、緊急車両が土砂バイパストンネルを通行する対応は全国初。

JR東海ニュースリリース 2017.12.19 主要地方道松川インター大鹿線道路への土砂流入の原因及び応急復旧計画について(PDFファイル) を記録しておきます。

平成29年12月19日
東海旅客鉄道株式会社
主要地方道松川インター大鹿線
道路トンネル新設(四徳工区)
工 事 共 同 企 業 体
主要地方道松川インター大鹿線道路への土砂流入の原因及び応急復旧計画について

 平成29年12月15日に発生しました、主要地方道松川インター大鹿線道路トンネル新設(四徳工区)工事現場付近における土砂流入事象の原因及び道路の応急復旧計画について、お知らせします。

1.概況
 ・平成29年12月15日(金)午前3時25分頃、主要地方道松川インター大鹿線道路トンネル新設(四徳工区)工現場付近において、土砂流入が発生しました。
 ・本事象に伴い、現在も、四徳大橋松川側付近〜松除橋付近(※)まで道路を通行止めにしており、一般車は県道松川大鹿線(県道22号線)に誘導しております。
  ※松除橋付近:主要地方道松川インター大鹿線終点。県道松川大鹿線(県道22号線)との分岐点

2.施工会社
 ・主要地方道松川インター大鹿線道路トンネル新設(四徳工区)工事共同企業体(代表構成員 戸田建設株式会社、構成員 吉川建設株式会社)

3.原因
 ・現在も詳細は調査中ですが、当社が発注し、工事共同企業体が施工している四徳渡トンネル工事の発破等による振動が繰り返し作用したことにより、トンネル直上の地山が緩み、土砂流入に至ったものと考えています。

4.応急復旧計画 ※詳細は別紙
 ・工事にあたっては、道路をご利用の方や作業員等の安全に万全を期して進めてまいります。

[ 応急復旧計画の概要 ]
 ・今後、現在工事を行っている、道路トンネルの掘削を進めて貫通させ、トンネル内の路盤・舗装作業を実施し、年内には、仮回し道路(片側交互通行)として、一般車に通行頂ける状態にしていく計画です。
 ・その間に主要地方道松川インター大鹿線道路への流入土砂の撤去、法面への追加安全対策、仮土留めの設置等を進めていきます。
 ・その後、県道を一部開通(片側交互通行)させ、本復旧に向けた作業を進めていきます。

別紙資料は画像として引用しておきます。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年12月18日

南アルプストンネル(山梨工区)着工2年経過(報道記録)

南アルプストンネル着工2年(NHK甲府放送局ニュース 2017年12月18日 07時42分)
リニア中央新幹線の南アルプスを貫くトンネル工事が早川町で始まって(2017年12月)18日で2年になります。
しかし、当初、去年の秋ごろに着手するとしていたトンネル本線の掘削はまだ始まっておらず、計画に遅れが出ています。
おととし(2015年)12月早川町で工事が始まった南アルプストンネルは山梨、静岡、長野の3県にまたがる全長25キロのトンネルで、地層が複雑に入り組み、一番深いところでは地上から1400メートルに達する最難関の工事とされています。
ことし7月からはトンネル本線の掘削に先立って地質を調べるために掘られる「先進坑」の掘削が進められていますが、当初、去年の秋ごろに着手するとしていたトンネル本線の掘削はまだ始まっておらず、計画に遅れが出ています。
理由についてJR東海は、資材置き場の確保などに時間がかかったとしたうえで、「南アルプストンネルの工期は2025年までと長く、遅れは取り戻せる」としています。
一方、建設工事の入札をめぐって大手ゼネコンが偽計業務妨害の疑いで捜索を受けた事件の影響についてJR東海の柘植康英社長は13日、10年後の開業を目指す建設工事の工期に影響はでないとの認識を示しています。

山梨県早川町で南アルプス・トンネル起工式 2015年12月18日、起工式に山梨県知事も列席されたことは報道で知りましたが、県庁サイトにその記録は見つかりませんでした。

posted by ictkofu at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年12月16日

長野県道松川インター大鹿線への土砂流入(JR東海発表記録)

JR東海_ニュースリリース 2017.12.15  主要地方道松川インター大鹿線道路への土砂流入について(PDFファイル 595.0 KB)
平成29年12月15日
東海旅客鉄道株式会社
主要地方道松川インター大鹿線
道路トンネル新設(四徳工区)
工 事 共 同 企 業 体
主要地方道松川インター大鹿線道路への土砂流入について
平成29_2017年12月15日、主要地方道松川インター大鹿線道路トンネル新設(四徳工区)工事現場付近において、土砂流入が発生しました。本事象による、怪我人やトンネル坑内崩落等の被害報告は受けていません。概要は以下の通りです。
1.発生日時
  ・平成29年12月15日(金)午前3時25分頃
2.発生箇所
  ・主要地方道松川インター大鹿線道路トンネル新設(四徳工区)工事現場付近
   ※住所:長野県上伊那郡中川村大草 7282-76 付近
3.施工会社
  ・主要地方道松川インター大鹿線道路トンネル新設(四徳工区)工事共同企業体
  (代表構成員 戸田建設株式会社、構成員 吉川建設株式会社)
4.原因
  ・詳細な原因は調査中です。
5.概況
  ・午前1:40頃 発破作業実施
  ・午前3:00頃 コンクリート吹付作業実施
  ・午前3:25頃 土砂流入発生
6.被害の状況
  ・本事象に伴い、現在、四徳大橋松川側付近〜松除橋付近 ※ まで道路を通行止め
    にしており、一般車は県道松川大鹿線(県道22号線)に誘導しております。
  ・道路の復旧作業については、道路管理者である長野県や大鹿村、中川村などの関
   係者と調整し、早期復旧に努めてまいります。
    ※松除橋付近:主要地方道松川インター大鹿線終点。県道松川大鹿線
           (県道22号線)との分岐点
7.その他
  ・現地の状況等の写真は別紙を参照してください。
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年12月08日

中央アルプス松川工区、2018年2月着工、説明会が開催された(報道記録)

中央アルプス松川工区、来年2月に着工へ 鼎でリニア工事説明会(南信州新聞 2017年12月7日)
 リニア中央新幹線の2027年開業に向けて建設を進めるJR東海は(2017年12月)6日夜、中央アルプストンネル松川工区(4・9キロ)に関する工事説明会を、トンネルの東側出入り口となる「松川坑口」に近い飯田市鼎切石地区で開いた。工事説明会は着工の前提となり、8日には羽場地区で計画。同社は説明会後、工事に向けた手続きを進める意向で、来年(2018年)2月にも準備工事に着手する見通し。
 工事説明会は非公開。JRが工事を委託する鉄道建設・運輸施設整備支援機構が主催する形で開き、JR側はトンネルの施工手順、工事用車両の運行計画と台数、発生土の運搬ルート、安全対策、環境保全について説明した。
 松川工区は作業用トンネル(斜坑)を設けず、松川坑口から西方向に掘る。坑口近くの「妙琴公園」内には作業場を設ける計画で、来年2月から車両の進入路を整備したり立ち木の伐採、工事用仮桟橋の設置といった準備工事に入る。作業場の整備は2018年春にも始め、本坑の掘削開始は2019年度末になる。
 松川坑口からは約90万立方メートルの残土が発生する見込みで、飯田市下久堅小林地区と龍江地区、下條村睦沢地区の3候補地に運ぶ。運搬は2019年度末に開始する予定で、市街地を避け中央道、三遠南信道を利用して運び出す。発生土置き場の造成工事は、受け入れの準備が整ったところから順次行うとする。
 本坑掘削開始後に市道大休妙琴線を通行する工事用車両は1日最大270台(片道)。通行時間帯は準備工事中が午前8時半〜午後5時、トンネルを掘削する間は午前7時〜午後7時。発生土と資機材の運搬が主となる。

 一方の風越山トンネル黒田工区(2・3キロ)は2019年度の工事着手を目指すが、工事説明会の開催は未定。同工区は作業用トンネル(1・1キロ)を設け、本坑に到達後は西方向に掘削する。斜坑はリニア開業後は本線から地上に出るための非常口となる。

 この日は鼎地区の住民を対象とし、約70人が参加した。JRによると、工事に対する心配の声は出たが、着工自体に反対する意見はなかった。
 JR長野工事事務所(飯田市)の平永稔所長は取材に「住民の皆さんの理解は深まった。飯田市などと相談し必要な準備が整い次第、工事に着手したい」と述べた。また着工に向けては「地元と何らかの文書を交わすことになると思う」とした。文書には工事用車両の運行に関するルールのほか環境に関わる測定などを盛り込む考え。
 リニア建設で着工の前提となる工事説明会は、大鹿村の南アルプス長野工区(8・4キロ)、豊丘村の伊那山地トンネル坂島工区(5・1キロ)に続き、県内では3カ所目。

松川工区の工事は2016年12月9日に戸田・あおみ・矢作中央新幹線、中央アルプストンネル(松川)外特定建設工事共同企業体 が落札しています。鉄道・運輸機構/関甲工28第5号/中央新幹線、中央アルプストンネル(松川)外

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年11月23日

春日井市の神領非常口新設工事契約手続きが開始された

JR東海の 建設工事(公募競争見積方式)の発注予定 2017年11月20日公表です。【要点のみ引用しています。春日井市には神領町(じんりょうちょう)がありますが、ここでは熊野町「神領非常口」です。】
建設工事(公募競争見積方式)の契約に係る手続き開始について
平成29年11月20日
下記の工事を公募競争見積方式による契約手続きに付すので、競争参加を希望する者は、4.担当箇所及び手続き日程(1)担当箇所」まで連絡されたい。なお、手続き等の詳細については、別途交付する「競争参加説明書」による。
工 事 名 中央新幹線神領非常口新設
工事場所 愛知県春日井市熊野町
工事区分 土木
工事概要 立坑の施工
工  期 契約締結の翌日から平成34_2022年6月30日まで

競争参加資格確認申請書等の提出期限 平成30_2018年2月6日(火)まで
見積書の提出日時 平成30_2018年3月30日(金)13時30分

(6)留 意 点
本工事は、都市部トンネルの非常口を新設する工事である。鉄道に近接して地下を深く掘削する非常に難易度の高い工事であり、高度な施工技術を要する。
また、関係する地域との連携を密にしながら、工事の安全及び環境影響評価法(平成9_1997年法律第81号)に基づく「中央新幹線 (東京都・名古屋市間) 環境影響評価書【愛知県】(東海旅客鉄道株式会社 平成26_2014年8月29日公告)」を踏まえ、環境の保全に十分配慮して実施する工事である。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事