2017年09月15日

長野県大鹿村小渋川非常口工事で9月13日から夜間の発破が開始された

2017年08月30日に、大鹿村小渋川非常口で発破掘削作業始まる と記録しています。『9月上旬までは日中の1日1〜2回、中旬以降は夜間も含めて2〜3回程度を予定している。』 でしたが、いよいよ夜間の発破が始まったという報道でした。

大鹿村工事による発生土についてはJR東海サイトで、長野県・発生土置き場の環境保全の計画 が該当項目です。ここに 「大鹿村内発生土仮置き場における環境保全について 平成28_2016年10月」(PDFファイル 3,234 KB) が公開されています。ファイルは作成日 2016年10月24日 更新日 2017年1月19日。

大鹿村からは リニア新幹線情報 でリニア対策委員会報告などが公開されています。このページで、「リニア工事前の環境モニタリング調査結果の報告について」 見出し記事の本文は 「発生土仮置き場A(除山非常口横)の発生土搬入前の地下水質調査について」(平成29_2017年7月28日 PDFファイル 963 KB)です。特に問題無しの内容ですが、情報共有について大鹿村行政のスタンスが明確に記されていますので以下に記録しておきます。
※村では調査結果について、リニア連絡協議会委員及び釜沢自治会の皆様へ文書送付するほか、村ホームページ、ケーブルテレビ文字放送、8 月に全戸配布するリニア情報で住民の皆様へお知らせする予定です。
大鹿村からは リニア中央新幹線に関する村内の工事・交通状況等についてお知らせします。(平成29年9月6日現在 を2017年9月15日に確認しました)
沿線各地行政サイトでこのようなページを未だ見たことがなく、このページを初めて知った時には地域工事開始を承認したのは大鹿村行政の苦渋の決断だったことを理解しました。このページに以下の記載があります・・・「小渋川非常口仮設備工事・トンネル掘削工事(昼夜工事)」の項目です。
・9月13日(水) 20時頃 夜間発破掘削開始
※13日以外の発破時間は、地質状況や騒音振動測定結果を確認しながら決めるため事前のお知らせは致しませんが、ご理解をお願いいたします。
※当分の間、発破の15分前からヤード周辺にて、発破を開始する旨を放送でアナウンスします。加えて、1分前、10秒前にはサイレンを鳴らします。
住民目線で仕事を続ける公務員がここには確かにおられる。そして大鹿村行政がリニア新幹線事業について、ここまで情報共有に至ったのは長年にわたり村議会で諄々とリニア事業の問題について説き続けてこられた議員さん達がおられたこと、それを理解し対応できる公務員、村行政であったのだと私は思います。
そのような方々に苦渋の決断をさせないような政治体制を確立することは全ての国民一人一人のなすべきこと。

小渋川非常口工事の発生土がどの仮置き場に運ばれているか私の疑問について、計画地Eであることをコメントでご教示いただきましたので、JR東海の公開資料から引用しておきます。
仮置き場計画地Aが約1万5千立方メートル、Bが5万5千に対して、Eは15万立方メートルです。そして要対策土仮置き場が計画されています。要対策土の現況は逐次大鹿村、長野県庁に報告が届いているものと思います。
仮置き場Eはリニア変電所の建設用地であり、その事業は送電線新設とも同期する事案となるでしょう。要対策土処理を含めて正規の発生土処分地に搬出するタイミングが問題になると思えます。それら全てを地域の人々と情報共有して進行させる事が事業者と行政の責務です。

「発生土置き場の環境保全の計画」2016年10月資料によると以下の通りです・・・
発生土仮置き場計画地E 発生土仮置き場計画地E
・面積:約 20,000 ㎡
・容量:約 150,000 ㎥
・最大盛土高:約 15 m
・工事完了後の利用計画:仮置き場のため、土砂搬出ののち、土地造成を行い変電施設を設置
発生土仮置き場計画地E
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 工事

2017年09月05日

愛知県第一中京圏トンネル(西尾工区)工事は大成建設・日本国土開発・JR東海建設JV

愛知県春日井市 での工事です。
工事着工前に「中央新幹線坂下非常口新設工事における環境保全について」と同様な情報が発出され工事説明会が開催されます。

西尾工区には本線山岳トンネルと非常口(斜坑)、本線との連絡坑で繋がる保守基地があります。2014年11月27日に春日井市民会館で開催された説明会でこれらの資料が配付されています。この時以後に変更された内容を含めた工事説明会になります。
尚、保守基地用地に関する情報は春日井市サイトからはすぐに確認できませんでしたので後日にします。

中央新幹線第一中京圏トンネル新設(西尾工区)工事の契約について
工事名  中央新幹線第一中京圏トンネル新設(西尾工区)
請負業者 中央新幹線第一中京圏トンネル新設(西尾工区)工事共同企業体
  (大成建設株式会社・日本国土開発株式会社・ジェイアール東海建設株式会社)
工事場所 愛知県春日井市西尾町
工事区分 土木
工事概要 トンネル工事
契約締結日 平成29_2017年9月5日
工   期 契約締結の翌日から平成36_2024年9月30日
第一中京圏トンネル(西尾工区)
○工事の留意点
 ・ 本工事は、春日井市西尾町付近を施工区域とし、主に美濃帯堆積岩類及び領家帯花崗岩類の地層におけるトンネル工事であり、最大断面積が 300 ㎡ 以上の区間を含んでおり、高度な施工技術を必要とします。
 ・ 関係する地域との連携を密にしながら、工事の安全及び環境影響評価法(平成9年法律第81号)に基づく「中央新幹線 (東京都・名古屋市間)環境影響評価書【愛知県】(東海旅客鉄道株式会社平成26年8月29日公告)」を踏まえ、環境の保全に十分配慮して実施する工事です。

この工事は平成29_2017年2月28日に 建設工事(公募競争見積方式)の発注予定 で告知されたものです。この時点で公開されたのは「工事のあらまし」と「契約手続きについて」の2本のPDFファイルでしたが、前者は上記の画像と内容は同じです。後者から一部を引用しておきます。見積書提出期限から2か月を経過して請負業者決定が広報されたことになります。

(4)工事内容 トンネル工事
   (本線トンネル、非常口(斜坑)、保守基地連絡坑等を含む。) 
(6)留 意 点 【内容は「工事の留意点」と同じです】
【手続き日程から】
(2)競争参加説明書等の交付期間、場所及び方法
  @交付期間 平成29年2月28日(火)から平成29年5月29日(月)まで
(3)競争参加資格確認申請書等の提出期限 平成29年5月29日(月)まで
(4)見積書の提出日時 平成29年7月31日(月)13時30分
posted by ictkofu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年09月02日

東京・東雪谷非常口新設工事入札公告

JR東海サイトの 建設工事(公募競争見積方式)の発注予定 で公開されました。2017年8月31日付けですが、サイトには9月2日に更新されたようです。

建設工事(公募競争見積方式)の契約に係る手続き開始について
平成29年8月31日
 下記の工事を公募競争見積方式による契約手続きに付すので、競争参加を希望する者は、「4.担当箇所及び手続き日程(1)担当箇所」まで連絡されたい。なお、手続き等の詳細については、別途交付する「競争参加説明書」による。
1.工事概要
  (1)工 事 名  中央新幹線東雪谷非常口新設
  (2)工事場所  東京都大田区東雪谷
  (3)工事区分  土木
  (4)工事内容  立坑の施工
  (5)工  期  契約締結の翌日から平成34年12月15日まで
  (6)留 意 点 (掲載図に記載された文言と内容は同じなので引用略します)
2.契約手続きの方式
 本工事は、施工方法等の技術提案を受け付け、価格以外の要素と価格を総合的に評価して協議先 を選定し、協議を行い、協議が成立した場合に、その者と契約を締結する方式(公募競争見積方式) の工事である。
3.主な競争参加資格(引用省略)
4.担当箇所及び手続き日程(以下のみ引用)
(2)競争参加説明書等の交付期間、場所及び方法
   @交付期間 平成29年8月31日(木)から平成29年11月6日(月)まで
(3)競争参加資格確認申請書等の提出期限
   平成29年11月6日(月)まで
(4)見積書の提出日時
   平成29年12月25日(月)13時30分
東雪谷非常口工事
○工事の留意点
・ 本工事は、都市部トンネルの非常口を新設する工事です。住宅街に位置し、かつ鉄道に近接して地下を深く掘削する非常に難易度の高い工事であり、高度な施工技術を要します。
・ 関係する地域との連携を密にしながら、工事の安全並びに環境影響評価法(平成9年法律第81号)に基づく「中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価書【東京都】(東海旅客鉄道株式会社 平成26年8月29日公告)」を踏まえ、環境の保全に十分配慮して実施する工事です。

洗足池の環境保全も関係する非常口です。以前から大田区議会の奈須りえ議員がブログにお書きになっています。大田区行政の対応は私には分かりません。都内は大深度地下ですから地域の皆さんもほとんど無関心なのではないかと思います。豊洲新市場や新国立競技場などと違ってマスコミが取り上げることも無い。
2017.05.01 「リニア洗足池非常口」建設のための解体工事(アスベスト除去・排出経路などについて)(奈須りえ)
2017.04.21 リニア中央新幹線の非常口を作るため、警視庁舎宅の解体工事の説明会(大田区東雪谷1丁目:洗足池近く)(奈須りえ)
2017.02.10 大田区におけるリニア工事着工の地元説明について(奈須りえ)
2016.05.10 大田区内のリニア計画路を歩いたことが「おとなりさん」で紹介されました(大田区議会議員・奈須りえ)
2016.04.05 大田区の洗足池は大丈夫? リニア問題(北澤潤子)
2015.01.26 大田区洗足池近くにできるリニアの非常口と残土のこと(奈須りえ)

posted by ictkofu at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年08月30日

大鹿村小渋川非常口で発破掘削作業始まる(報道記録)

発破掘削作業始まる 南アトンネル小渋川非常口で 大鹿村(南信州新聞 2017年8月29日)
 リニア中央新幹線計画でJR東海は29日、南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の小渋川非常口=大鹿村上蔵(わぞ)=で火薬を使った発破による掘削を始めた。リニア本体工事での発破作業は県内初めて。坑口のヤードでは発破音が響いたが、現場の振動計や騒音計に目立った変化はなかった。9月上旬までは日中の1日1〜2回、中旬以降は夜間も含めて2〜3回程度を予定している。
 7月3日に始めた重機による掘削で堅い地盤に達し、高さ7メートル、幅9・5メートル、厚さ30センチの防音扉が完成したため、移行。坑口から30メートル付近、土被りが30メートル程度の地点で、初日は午前10時からの1回行った。
坑口付近では1分前に1度目のサイレンが鳴り、2度目の約10秒後にドンドンドンドンと発破音が響いた。
 発破前の1時間に22―32デシベルで推移していた振動計、56―59デシベルだった騒音計とも同範囲を超えることはなかった。
 近くで地質調査をしていた信州大学理学部の男子学生(22)=松本市=は「地面の中で太鼓を打ったような音で、思ったより小さかった。振動も感じられなかった」と話した。
 坑口から約720メートル離れた上段の花畑で作業をしていた神田五月さん(74)=上蔵=は「遠くでドーンという音が聞こえたが、苦になるほどではなかった」。多田まゆみさん(73)=同=は「サイレンも発破の音も小さく、夜でも気にならないほどでは。早く始めて早く終わらせてほしい」と話した。
 同社は22日に発破作業の開始を地元関係者に周知。初日は周辺の集会所や民家など複数カ所で騒音や振動を測定し、同日夕に結果を公表するという。
 JR東海広報部は「引き続き工事の安全や環境の保全、さらには地域との連携を重視し、工事を着実に進める」としている。
 大鹿村内ではリニア本坑につながる3つの作業用トンネル(斜坑)が計画されており、掘削終了後、来年前半から先進坑を掘り、その後、本坑に取り掛かる。JRは本坑の掘削開始時期を示していないが、23年春ごろの貫通を目指している。
 小渋川の作業用トンネルは釜沢までの長さ1・1キロ、掘削断面は高さ7メートル、横幅9・5メートル。来年の秋頃に貫通する見通し。
 除山(のぞきやま)非常口=釜沢=は4月に掘削を開始。釜沢非常口=同=は進入路の仮設橋設置に時間がかかるため、当初計画より大きく遅れて来年4月頃の掘削開始を予定している。
 村は「周辺住民に配慮して進めてほしい」としている。
県内リニア 発破掘削開始 大鹿の作業用トンネル(信濃毎日新聞 2017年8月30日)
 JR東海は29日、下伊那郡大鹿村のリニア中央新幹線の作業用トンネルで火薬を使った発破による掘削を始めた。県内のリニア本体工事では初めての発破作業。場所は南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)を掘り進める三つの坑口のうち、「小渋川非常口」(上蔵地区)の作業用トンネルで、これまでに30メートルほど重機で掘り進めていた。
 南アトンネルは、山岳トンネルで一般的な「NATM(ナトム)」と呼ばれる工法を採用。火薬による発破などで掘削した所にコンクリートを吹き付け、長いボルトを打ち込むなどして固め、トンネルと地山を一体化させながら工事を進める。県内のトンネルの大部分はこの工法で工事が進む見通しだ。
 発破は、同非常口に設置した厚さ約30センチの防音扉を閉めて行われる。この日は午前10時に発破実施を知らせるサイレンが鳴った後、重低音の爆発音が数秒間響いた。非常口の作業場の外に設置された騒音と振動を測る計器の数値に大きな変化はなかった。
 上蔵地区に住む女性は「『ドワーン』と響くような音だった。思ったよりは大きな音じゃなく、振動もなかった」と話した。JR東海によると、非常口から700メートルほど離れた集落内の計器では、騒音が最大52デシベル、振動が同27デシベルで、平常時と比べて大きな変化はなかったという。
 開通までに掘るのは、リニアが実際に走る本坑と、地質を確かめるなどの目的で本坑と平行して先に掘り進める先進坑、地表の坑口から本坑や先進坑までをつなぐ作業用トンネルの主に3種類。小渋川非常口は今後、基本的に発破での掘削が続き、作業用トンネルを掘り終えた後、来年前半に先進坑の掘削に入る計画。本坑の着手時期は未定。
 長野工区の残り二つの坑口は山間の釜沢地区にあり、発破は始まっていない。集落に近い渓谷で工事するため、騒音や振動を住民が懸念している。
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年08月24日

大鹿村小渋川非常口で発破掘削開始、2017年8月29日から(報道記録)

JR東海が小渋川非常口で発破掘削開始を発表(南信州新聞 2017年8月23日 16時52分)
 リニア中央新幹線南アルプストンネルの長野工区(8・4キロ)で、JR東海は(2017年8月)22日、大鹿村上蔵(わぞ)の作業用トンネル坑口「小渋川非常口」で火薬を使った発破による掘削を29日から開始すると発表した。また地質や出水の状況を見るため本坑に並行して先に掘り進める「先進坑」について、来年前半の掘削開始を考えていると明らかにした。
 大鹿ではリニア本坑につながる作業用トンネル(斜坑)3カ所が計画される。3つの非常口を順次掘り進め、掘削終了後に先進坑の掘削に取り掛かり、その後本坑を掘る。本坑の掘削時期について、JRは「先進坑の進ちょく状況を見極めつつ判断する」とし、具体的な時期は示していない。
 リニア本体工事で発破作業が始まるのは県内では初となる。同非常口では(2017年)7月3日から重機を使った掘削工事が始まっており、固い地盤に達した。最初の発破は坑口から約30メートル地点で、土かぶりは30メートル程度。
 (2017年)8月29日から9月上旬の発破は日中のみで1日1〜2回。9月中旬以降は夜間も行い、昼夜合わせて同2〜3回の予定。当面は15分前からヤード周辺に発破を知らせる放送を流し、1分前と10秒前にサイレンを鳴らす。
 JRはこの日、村や地元住民へ周知した。同社広報部は「最大限の注意を払い、騒音・振動を極力低減して安全に進めるよう努める」とした。
 小渋川の作業用トンネルは 長さ1・1キロ、掘削断面は高さ7メートル、横幅9・5メートル。  除山(のぞきやま)非常口 (同村釜沢)は(2017年)4月27日に、県内で初めて掘削工事に着手した。残りの釜沢非常口(同村釜沢)は、進入路となる仮設橋設置に時間がかかることから計画が大きくずれ込み、来年(2018年)4月頃の掘削開始を予定。
 本坑は2023年春ごろの貫通を目指す。先進坑のうち小渋川―釜沢間は来年の秋頃に貫通する見通し。
posted by ictkofu at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年08月23日

南アルプストンネルの先進坑が公開された(報道記録)

JR東海/リニア南アルプストンネル山梨工区の現場公開/本線掘削へ準備着々(日刊建設工業新聞 2017年8月24日)
◇施工は大成JV
 JR東海は(2017年8月)23日、2027年の東京(品川)〜名古屋間開業を目指して建設中のリニア中央新幹線のうち、最難関といわれる「南アルプストンネル」の工事現場を報道機関に公開した。トンネル坑内が公開されたのは、リニア全線を通して初めて。
 この日公開されたのは、大成建設・佐藤工業・錢高組JVが施工する「山梨工区」の掘削現場。2016年10月に早川非常口(山梨県早川町)の掘削工事に着手。現在は斜坑から先進坑の掘削へと進んだところで、本年度内には本線のトンネル工事に着手する見通しだ。
 南アルプストンネルは延長約25キロ。山梨・静岡・長野の3県にまたがり、標高3000メートル級の山岳地帯を貫く計画。土かぶりが最大1400メートルに達し、高圧の湧水や破砕帯によるリスクも想定されるなど高度な施工・管理技術が求められる難工区となっている。

 このうち山梨工区の建設地は山梨県早川町新倉(一部静岡県側含む)で、山梨、静岡、長野の三つの工区に分けて建設するトンネルの東側(東京側)区間に当たる。本線トンネルの施工延長は約7・7キロ。NATMによる本線トンネル(幅約13メートル)、先進坑(延長約5・2キロ)、非常口などが建設される。早川町内の非常口(早川、広河原)から本線に向かう斜坑を掘り進め、本線トンネルの掘削に入るという手順工事が進められる。
 南アルプストンネルは実験線区間を除くと、初のリニアの本線工事区間で、工期は2025年10月末までを予定している。

 山梨工区では、非常口から先進坑までの斜坑約2・5キロの掘削を(2017年)6月末に終え、現在は斜坑から先進坑(高さ約6メートル、幅約7メートル)を約90メートル掘り進んだ段階。この日は、本線と並行する先進坑の最前線が公開された。公開地点は甲府市に設置予定の「山梨県駅」(仮称)の西約30キロの位置で、土かぶりは約750メートル。本坑の掘削に先立ち土質の調査なども行っている。

 JR東海山梨工事事務所の有江喜一郎所長は「地盤は砂岩と粘板岩、地下水の湧出量も1分間に1・5トン程度で工程は順調に進んでいる」と説明。1・2メートル(支保工の間隔)の掘削作業を昼夜2サイクルずつ計4サイクル行い、1日約5メートルのペースで進んでいるという。
 掘削用重機のドリルジャンボの重量は約35トン。掘削で発生する土の搬出量は1日当たり10トンダンプで100台分程度。1日約100人の作業員が従事している。「工事は2025年まで続く長丁場。引き続き地元の理解を得ながら安全と環境保全に注意して、着実に工事を進めたい」と話した。

 山梨工区の非常口は今回の早川非常口と、静岡側にある広河原非常口の2カ所。JR東海によると、広河原非常口は現在、ヤード整備などを行っており、準備工事が終わり次第、斜坑の掘削に着手できる見通しだ。

2017年8月24日、専門紙の記事が確認できたので記録しました(年月表記は引用者が補完しています)。
このブログでは タグ・早川町 からトンネル工事関係記事も確認できます。しかし山梨県早川町とリニア新幹線事業の関係は複雑なのでブログ記事もリニア新幹線情報サイトの方でも未整理で、私が公開済みの記事情報だけでは不十分なことをご了承ください。

最難関工事、南アルプストンネルの内部公開(UTYテレビ山梨ニュース 2017.08.23 18:50)
10年後の2027年に東京ー名古屋間での開業を目指すリニア中央新幹線。
リニア建設で最難関の工事とされる南アルプスを貫通するトンネルの内部がきょう公開されました。
「地下800メートルの作業用トンネル内部です、将来的にはあちらで本坑トンネルの掘削が行われます」(記者)。
公開されたのは、南アルプスを貫くトンネルのうち将来、非常用通路となる早川町の区間です。
去年10月に着工して掘削が完了した、およそ2.5キロの区間の先進部はトンネル幅が7メートル、高さ6メートルで、岩を丁寧にくりぬいた作業の痕跡が明らかになりました。
JR東海は地質調査として、今回公開した非常用通路からさらに5.2キロ掘り進める工事も開始しています。
南アルプストンネルは早川町と長野県大鹿村を結ぶ全長25キロのトンネルで、3000メートル級の山々が連なる南アルプスを貫通し、最も深い場所は地表から1400メートルとなり、リニア建設で最難関の工事とされます。
JR東海は進ちょく状況を踏まえ、今年度中にトンネル本体の工事に着手すると説明しました。
「着実に準備作業を行なって掘削を開始している、長丁場なので今のところ全体的に遅れているとは考えていない」(JR東海山梨工事事務所・有江喜一郎所長)。
南アルプストンネルは2025年10月に工事が完了する予定です。
リニア新幹線 トンネル工事現場を初公開(山梨県)(YBS山梨放送ニュース 2017/8/23 18:05)
 去年(2016年)10月から早川町で掘削が続くリニア中央新幹線のトンネル内部が初めて公開された。現在は、非常口の掘削が終わり作業用トンネルの掘削が進んでいる。公開されたのは南アルプスを貫くリニア中央新幹線のトンネルのうち山梨側7・7キロの区間。
 工事は完成後非常口として使われるトンネルの掘削が6月に終了している。現在は本線部分に並行して掘り進めて地質の確認などに使う「先進抗」と呼ばれる作業用トンネルの掘削が行われている。作業用トンネルは高さ6m、幅7mで23日は地下750m付近の掘削現場が公開された。
 山梨、長野、静岡にまたがる南アルプスを貫くトンネルは全長がおよそ25kmで地質や地下水脈の予想が難しく難工事が予想されている。JR東海によると現時点では懸念された地下水の流出もなく進ちょくは順調だという。JR東海は今年度中に本線部分の掘削に着手する予定だ。

「山梨、長野、静岡にまたがる南アルプスを貫くトンネル」ではなく「山梨、静岡、長野」の順に書くのが正確です。リニア新幹線計画図を見れば南アルプストンネルを表現する県名はこの順になることは誰でも分かります。
「懸念された地下水の流出もなく」ではなく、建設工業新聞も報じたように「トンネルからの地下水の流出は毎分1.5トン程度(と比較的少なく)」と発表されたようです。
JR東海は大量湧水の対策による工事一時中断も想定していたでしょうから「懸念されたレベルの地下水の流失は無い」との表現は可能かも知れませんが「流出もなく」では実態を報じる報道としては不適切です。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事

2017年08月18日

伊那山地トンネル青木川工区は飛島建設−奥村組土木興業JV(報道記録)

JR東海 リニア伊那山地T青木川工区(2017年08月17日 新建ニュース 中南信版)
飛島建設−奥村組土木興業JVと契約
 JR東海は、リニア中央新幹線の建設で下伊那郡大鹿村と豊丘村を結ぶ伊那山地トンネル新設工事のうち大鹿村内にあたる青木川工区の施工者を飛島建設−奥村組土木興業JVに決め、(2017年)8月10日に工事契約を結んだ。

 伊那山地トンネルは全長約15.3 km。このうち東側にあたる青木川工区は約3.6 kmで、本体と非常口となる斜坑の工事を行う。今秋からヤード整備に着手し、作業用トンネルの掘削を始める。本坑は2023年から掘削する予定。工期は2026年9月30日。

 同トンネルでは西側の坂島工区(約5.1 km)で清水建設−大日本土木に続いて2件目となる。

参考
◇ 2017年03月30日、長野県豊丘村の伊那山地トンネル坂島工区(報道記録)
◇ 2017年03月16日、長野県豊丘村本山の残土処分計画地に関して日本科学者会議長野支部が意見書を提出

posted by ictkofu at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事