2022年04月22日

講演会・リニア新幹線を考える 2022.05.15 甲府にて

この講演会に参加された方が、ご自身のブログで感想をお書きになっておられましたのでご紹介させていただきます。2022年05月23日のご投稿です。(2022-05-25 追録)
 リニアはやっぱりいらない!  芳賀直哉様のご講演について
 リニアはやっぱりいらない!2 川村晃生様のご講演について

特定非営利活動法人(NPO法人)山梨平和ミュージアム(YPM)・平和の港 : リニア新幹線を考える(広報ブログページ)
YPMの公式ホームページに案内地図があります
山梨平和ミュージアムの反対側には山梨県の施設で広い駐車場あり、近くにも施設の駐車場があります(山梨県はマイカー社会)
電車では身延線の金手駅(カナンテ駅)から歩けます。Wikipedia_金手駅
 山梨平和ミュージアムの入館料は 大人:300円、中高生:200円、小学生以下:無料 が通常料金です。今回の集会広報に参加費は示されていませんので通常入館料で参加できると思います。なお、会員登録されていれば入館無料ですから、指定がない限り館内集会も参加無料でしょう。
講座・リニア新幹線を考える
リニア工事で南アルプスどうなる 訴訟原告団調査委が出版(2021年4月21日 中日新聞)
 リニア中央新幹線工事が南アルプスに及ぼす影響について考えてもらおうと、工事を巡る訴訟の原告らが「リニアが壊す南アルプス エコパークはどうなる」(緑風出版)を出版した。 (五十幡将之)
 沿線住民ら約七百八十人が国の工事認可取り消しを求めて東京地裁に提訴した行政訴訟原告団の南ア調査委員会が執筆。工事が南アの国連教育科学文化機関(ユネスコ)のエコパーク認定に及ぼす影響に絞った点が特徴で、南アの概要からエコパークの定款との整合性までを丹念に検証した。  エコパークは二〇一四年、静岡、山梨、長野の三県にまたがる南アルプス一帯が登録され、人と自然との共生を掲げた取り組みが進んでいる。  登録抹消の可能性を巡っては昨年七月、JR東海がトンネル直上の地下水位が三百メートル超低下する可能性を明らかにした点などを指摘。これらの変化がエコパークの定款の「持続可能な発展」にそぐわず、すぐ登録抹消となる可能性は低いものの、その可能性は十分あるとして徹底的な影響予測や計画見直しを求めている。
(中略)
 著者の一人で、東京地裁のストップ・リニア!訴訟と、静岡地裁で二十三日に第二回口頭弁論があるリニア工事差し止め訴訟の芳賀(はが)直哉事務局長は「リニア問題というより環境問題の観点からまとめた。内容は今後の裁判でも活用するが、訴訟に関わりのない人にも手に取ってほしい」と話した。
2021年4月出版・「リニアが壊す南アルプス エコパークはどうなる」(緑風出版)(内容紹介を引用しておきます)
 2014年にユネスコのエコパーク(生物圏保存地域)に登録された南アルプス。日本第二の高峰北岳を中心に3000メートル級の山々が連なる山脈は、豊かな自然や生き物、そして美しい景観の宝庫だ。そこから流れ下る大井川などの河川が、静岡の茶畑を中心とする農業を支えている。
 いまここにリニア新幹線の巨大なトンネルが東西に貫通し、南アルプスの豊かな自然と人びとの生活を破壊しようとしている。何が起きようとしているのか? 本書は「ストップ・リニア! 訴訟」原告団 南アルプス調査委員会が、エコパークの存続の可能性をもふくめて全力を挙げて調査した報告である。(2021.4)
posted by ict工夫 at 12:00| 集会・講演会

2020年09月20日

南アルプスリニアトンネルと大井川減水【学習会 2020-09-26】

【学習会】南アルプスリニアトンネルと大井川減水
リニア中央新幹線静岡工区の工事に伴う大井川の流量減少については、JRが委託した地質調査会社が2013年に作成した資料に「大井川直下で掘削予定のトンネル周辺でゆっくり浸み込んだ地下水が大量に存在している可能性」を非公開にしていたことが報道されました(9/10 静岡新聞)。【編注】

静岡県がリニア工事に反対している「静岡問題」という報道だけでは決して見えてこない南アルプスリニアトンネルと大井川減水問題について、工学博士の塩坂邦雄さんに解説して頂きます。

日 時: 2020年9月26日(土) 14:00〜
講 師: 塩坂邦雄さん(工学博士)
会 場: 静岡労政会館 静岡市葵区黒金町5−1 近隣駐車場案内地図
主 催: 南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク@静岡
ZOOM で視聴可能
【ご注意】申し込むアドレスは当日視聴するPC、スマートフォン等で受信可能なアドレスで登録ください。
開催案内続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 21:00| Comment(2) | 集会・講演会

2020年05月31日

静岡県とJR東海は何で揉めているのか?(YouTube 動画)

新型コロナウイルス感染症関連の情報確認に時間を費やしているのですが、たまたま久しぶりに開いたリニア関連の Facebook で紹介されていたので確認しました。YouTubeサイトでは読者コメントが大量に入っていますが、動画の視聴もコメント確認も、いつか時間が出来たら・・・ということで、備忘録としてブログにアップロードしておきます。
posted by ict工夫 at 23:39| 集会・講演会

2020年02月23日

2.24 統一行動・みんなで叫ぼう!リニアはいらない!!

2月24日、JR東海に抗議の声、「リニアはいらない!」
 2020年2月24日(月、祝日)、山梨県ではじめてのリニア建設反対のデモ行動が行われた。主催は、「リニアはいらな い!2.24 統一行動実行委員会」で、県内のリニアの運動団体のほか、環境保護団体、女性団体、政党などの関係者が中心になって計画がすすめられた。
当日は 10 時 30 分に甲府市総合市民会館に集合、沿線住民や関係者からの発言があったあと、11 時頃にJR東海の山梨工事事務所(甲府市南口町)に向けて、デモ行進した。参加者は 100 名を超え、狭い道路のため長い列を作って進んだ。 「リニアはいらない」「南アルプスにトンネルを掘るな」などのシュプレヒコールをくり返しながら、途中で県外からの参加者などから発言もあった。11 時 45 分頃事務所に全員が到着、JR東海が休日であることを理由に抗議文の受け取りを拒否したので、それを読み上げた上で、解散した。
当日は好天にも恵まれ、参加者も多かったので、初回のデモとしては成功と言ってよいだろう。(川村記)
以下に当日読み上げた抗議文を掲載します。
抗議声明
 2007年12月、東海旅客鉄道株式会社(以下、JR東海と略す)がリニア中央新幹線の構想を公表して以来、12年が経ちました。この間、JR東海のみならず、国も沿線各県もまた企業も団体も、まるでリニアの熱に浮かされたようにはしゃぎ続け、リニアの本質を見抜く力を失ったままです。

 リニアが通れば便利になる、リニアが通ればお金が儲かる、ただそれだけが絶対善で、いったいリニアが通れば私たちは何を失うのか、それを少しも考えようとしません。

 それにしても今日に至るまでのJR東海の事業の進め方に、私たちは呆れ返り憤ってい ます。全長286kmの環境アセスは、荘厳な南アルプスにトンネルを掘るという大自然 破壊に何の配慮もなく、わずか3年間で終ってしまいました。その結果アセスはアセス史上最悪のものと評価されるまことに酷いものになりました。そしてそうした杜撰なアセスの結果が、いまJR東海が直面している残土処分地の不足、大井川の水問題のこじれを惹き起こし、工事を進める上で大きな障害になっています。杜撰なアセスのツケがまわり始めたのです。

 一方沿線住民に対する説明も、一見丁寧さを装いながら、実態は住民の声に耳を傾けようとしません。また住民に必要な情報を出さないために住民の怒りと反発は増すばかりです。しかもJR東海の住民に対する態度は、高圧的で傍若無人そのもので、ただ一つ低姿勢になるのは、土地の売買対象の住民に無理を言う時くらいではないでしょうか。

 こうしたJR東海のやり方に、国は口をつぐんで黙認し、県はその手先となって用地収用のため奔走し、住民は孤立を深めるばかりです。たとえば騒音の問題一つとっても、騒音レベルの低減を願う住民の要望を無視し、JR東海の側に立つような山梨県の振舞は、決して住民の福祉を重視する自治体とは言えないでしょう。

 またJR東海は、リニア新幹線を自社費用で造ると公言しながら、10年もたたぬうちに財政投融資によって3兆円の公金を手にし、また沿線自治体の公費投入を当然とし、半ば公共事業として工事をすすめています。杜撰なアセス、約束違反、住民騙し、等々の数々の不正を重ねながら、JR東海はリニア工事を続行しようとしています。

私たちは声を大にして訴えます。
 JR東海は住民の声を聞け!
 JR東海は南アルプスにトンネルを掘るな!
 JR東海は財投3兆円を国に返せ!
そして何より
 JR東海はリニアの工事を中止せよ!
私たちはリニア計画が中止されるまで、1都6県の沿線住民と手を携えて闘っていきます。

2020年2月24日
 リニアはいらない! 2.24 統一行動委員会 参加者一同
【上記記事は 2020年3月2日 追録】 ストップ・リニア!訴訟ホームページ に掲載された 2020年2月29日公開のPDFファイルから横書き文章に変換し、さらに編者が部分修正、追記しました。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 21:24| 集会・講演会

2020年01月18日

南アルプスにリニアはいらない全国集会@川崎市 2020年1月19日

この集会を報じた記事がありましたので記録しておきます。
南アルプス壊す工事 リニア沿線住民ら全国集会 川崎(2020年1月20日 しんぶん赤旗)
 JR東海が国と一体で進めるリニア中央新幹線(東京・品川―名古屋間)の建設工事に反対するリニア新幹線沿線住民ネットワークと「ストップ・リニア!訴訟」原告団は19日、川崎市麻生区で「南アルプスにリニアはいらない」と題した全国集会を開きました。約210人が参加しました。
 地質学者で静岡県中央新幹線環境保全連絡会議委員の塩坂邦雄さんは、大井川源流部のトンネル工事で懸念される水資源への影響について「静岡県から山梨県側に約210万立方メートル、長野県側に約10万立方メートルもの水が流出する。静岡県に戻すとしても生態系を破壊する。JR東海はどうするのか」と批判しました。
 五十嵐敬喜・法政大学名誉教授は「南アルプスは2014年にユネスコエコパークに指定され、世界自然遺産と同等の価値を有している」と強調。「自然環境を完全な状態で保護することが求められ、開発行為は厳しく規制される。トンネルを掘ることは絶対に許されない」と指摘しました。
 元日本自然保護協会保護室長の辻村千尋さんは「JR東海は南アルプスルートを決定したあとで、絶滅危惧種の生息域での対策を示している。環境への影響を回避しているとは言えない」と述べました。
 東京と神奈川の沿線住民が工事の現状や問題点を報告しました。
「地下トンネルは生態系壊す」 リニア建設反対市民がシンポジウム(2020年01月20日 カナロコ by 神奈川新聞)
 JR東海が進めるリニア中央新幹線の建設に反対する市民団体「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」と「ストップ・リニア訴訟原告団」は19日、川崎市麻生区の麻生市民館でシンポジウムを開き、地下トンネルが南アルプスの豊かな自然を破壊する危険性について意見を交わした。
 JR東海は2027年に品川―名古屋間の先行開業を目指し、各地で工事を進めている。しかし、山梨、静岡、長野の3県にまたがる南アルプスの地下を貫くトンネルの掘削工事について、静岡県の大井川に注ぐ地下水を減少させるとの懸念が強く、同県は着工を認めていない。  シンポジウムには、静岡県中央新幹線環境保全連絡会議に専門委員として参加する塩坂邦雄さん、弁護士で法政大名誉教授の五十嵐敬喜さんらが出席した。  五十嵐さんは「南アルプスはユネスコ(国連教育科学文化機関)のエコパークに登録されており、世界遺産と同等に扱うべきものだ」と指摘。「開発行為はエコパーク指定に反するもので、開発の許可処分を取り消し、工事は中止されなければならない」と訴えた。  塩坂さんは、南アルプスは今でも年数ミリの隆起が測定されている山である点を強調。「地下トンネルは断層を突っ切ろうとしている。地震時に断層が動けば、リニアの走るトンネルはどうなるのか。トンネル工事で地下水も一気に噴出する可能性があり、生態系を壊す。大井川流域の砂漠化を招きかねない」と強い懸念を示した。  会場の参加者からも、工事が自然環境に及ぼす影響を懸念する意見や質問が相次いだ。
南アルプスにリニアはいらない
巨大土木事業からの自然災害を訴える全国集会
日 時:2020年1月19日(日) 14:00〜16:30
会 場:神奈川県川崎市 麻生市民会館大会議室
シンポジウム
   塩坂 邦雄氏(静岡県中央新幹線環境保全連絡会議委員)
   辻村 千尋氏(前日本自然保護協会保護室長・自然保護アナリスト)
   五十嵐敬喜氏(弁護士・法政大学名誉教授)
   進行:川村晃生(ストップ・リニア!訴訟原告団長・慶応義塾大学名誉教授)
資料代:500円
主 催:ストップ・リニア!訴訟原告団・リニア新幹線沿線住民ネットワーク
協 賛:リニア新幹線を考える登山者の会大鹿村の十年先を変える会
全国集会@川崎市
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 19:18| 集会・講演会