2019年09月18日

リニア計画を改めて考える集い@飯田市 9月28日

リニア計画を改めて考える集い
 リニア着工から3年。名古屋では出水、中津川では崩落・陥没でトンネル掘削工事が中断、静岡ではいまだ着工できず。瑞浪ではウラン、大鹿では多量の粉じん。駅周辺の立ち退き対象者の移転先も不十分。大鹿村はトンネル残土で一杯なのに持って行く先がない。もともと無謀な計画が、自然や地域の人を前に、立ち往生をしはじめました。いまいちど、リニアの無理を見直しましょう。
日 時:2019年9月28日(土) 13:30 〜
会 場:飯田市 上郷公民館
    (長野県飯田市上郷飯沼3145-1) Google Map
報 告:中央アルプストンネル陥没事故についての報告
     南木曽町・坂本満さん(技術士・応用理学部門)
講 演:南アルプスにトンネルを掘ると・・・地質学者の立場から
     松島信幸さん(地質学者・理学博士)
資料代:500円 
主 催:飯田リニアを考える会
リニア集会

関連記事
山口トンネル崩落事故を考える交流会@中津川市 2019年9月22日
山口工区陥没、鉄道・運輸機構が原因と対策を発表 2019年5月28日
タグ・山口非常口(このブログで関係記事一覧)

posted by ict工夫 at 20:12| 集会・講演会

2019年08月26日

山口トンネル崩落事故を考える交流会@中津川市 9月22日

山口トンネル崩落事故を考える交流会 パート Ⅱ
日時 : 2019年9月22日(日) 14:00〜
会場 : 中津川市山口公民館 (岐阜県中津川市山口1616番地3 0573-75-2126)
講師 : 松島信幸氏(日本地質学会名誉会員)
講師 : 坂本 満氏(技術士・応用理学部門)
主催 : リニアを考える岐阜県民ネットワーク
山口トンネル崩落事故

岐阜県の関連サイトは以下と思います(2019年8月26日 確認)
岐阜県環境影響評価審査会
岐阜県環境影響評価審査会地盤委員会の開催広報 2019年8月20日開催・中央アルプストンネル工事(山口工区)における地盤沈下に係る環境保全措置について(2回目)
環境影響評価の実施状況(令和元年7月5日現在)(1回目は未掲載)
中央新幹線(東京都・名古屋市間) 2 環境影響評価法

山口工区についてブログに書いた記事は以下の通りです・・・
2019.05.28 山口工区陥没、鉄道・運輸機構が原因と対策を発表 2019年5月28日
2019.04.26 山口工区陥没、続報
2019.04.09 中央アルプストンネル(山口)非常口工事の土砂崩落
2016.08.22 中央アルプストンネル(山口非常口)工事は鹿島JV(説明会 2016.12.15)

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 10:48| 集会・講演会

2019年07月03日

いのちの水を守ろう!川勝知事にエール!リニア集会 2019年7月13日

【7月13日】いのちの水を守ろう!川勝知事にエール!リニア集会

日 時  2019年7月13日(土) 13時30分〜16時00分
場 所  静岡県男女共同参画センター 「あざれあ」 第2会議室
      静岡市駿河区馬渕1丁目17-1
内 容  学習講演会
      演題 「南アルプストンネル工事と水減少問題」
      講師 塩坂邦雄氏(工学博士)
     ネットワークからの報告
      報告者 県民ネットワーク共同代表
主 催  リニア新幹線を考える静岡県民ネットワーク
参加費  資料代300円
 リニア中央新幹線をめぐり、静岡県内では南アルプスにおいて大規模なトンネル工事が計画されています。しかし、大井川の減水問題やエコパークにかかわる残土置き場の問題などから、静岡県は「環境影響などの懸念が払拭されていない」ことを理由に依然として工事着工に合意していません。
 川勝知事は6月28日の記者会見で、「南アルプスに値段は付けられない。これだけのお金を積めば工事させてくれるということを言っているわけではない」と、JR東海の金銭補償による着工容認を否定しました。
 こうしたなか、リニア新幹線を考える静岡県民ネットワークでは、リニア工事が大井川水系に及ぼす影響をあらためて学習するとともに、川勝知事が決して工事着工に合意しないことを求めて集会を開催します。
 「いのちの水を守ろう」の県民の声で、川勝知事を後押しし、リニア工事を許さない運動をつくっていきましょう。ふるってご参加ください。

この情報は冒頭リンク先の 静岡自治労連(静岡自治体労働組合総連合)広報ページで確認し記事にしました。
静岡県でのリニア中央新幹線事業の諸問題はリニア開業遅れを主題としてマスメディアでも報じられるようになりましたが、開業の遅れをもたらすであろう沿線各地での諸問題を知る人々は少ない、夢のリニア新幹線への幻想から、問題を知ろうともしていないようだと私は思っています。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 22:00| 集会・講演会

2019年05月16日

リニアトンネル掘削によるくらしと環境への影響@相模原学習会 5月25日

日時・2019年5月25日(土) 13:30〜16:30
会場・ソレイユさがみ セミナールーム1
   神奈川県相模原市緑区橋本6-2-1
内容・
 お話し 住宅地と山岳部のリニアトンネル掘削による
     くらしと環境への影響は? 〜橋本と津久井の場合〜
     早川芳夫さん
 報 告 「社内の現状-働く者から見えること、思う事」
     JR東海労働組合 執行委員長 木下和樹さん 
資料代 500 円
主催・リニア新幹線を考える相模原連絡会
リニア中央新幹線学習会
私は相模原地域のリニア中央新幹線事業に関して未だ不勉強ですが、このブログではタグ「相模原市」を設定しています。
相模原市政情報 > 交通 > 鉄道 > リニア中央新幹線 は確認しています。
posted by ict工夫 at 23:08| 集会・講演会