2019年03月04日

山梨県リニア中央新幹線関連事業のこれからは

私の記事 「山梨県新知事、長崎幸太郎氏のリニア中央新幹線関連の事業構想」(2019年01月30日) にコメントを戴いたのでレスを書きました。今後の記事の予稿みたいな内容になってしまいましたが、自分の覚えの為に記事にしておきます。

県政が進めたリニア駅周辺地域活性化計画には3つのポイントがあると思っています。
 1.甲府市、昭和町、中央市を一体化して観る都市計画
 2.リニア中央新幹線山梨県駅の停車頻度と予約制
 3.山梨県駅と県内各地を結ぶ交通の利便性

1.コンパクト・シティに関する問題ですし、人口減少と財政問題で、いずれ合併構想が出てくるかも知れません、山梨県甲府市は2019年4月1日に特例市から中核市になりますが人口は少ない。(編注1

2.山梨県駅利用客数と予約制の問題です。利用者数を1時間2本(片道)に変更した予測値が県庁から出ましたが根拠は疑問です。
JR中央線が特急予約制になったことで予約制リニアのテストになるように思えます。鉄道利用にもスマホを使いこなす技が必要な時代になりました。(編注2

3.駅が現在計画地なら現状ではバス交通の利便性確保しかありません。
 JR東海のリニア計画が分かった時、身延線がありながら何故離れた場所に駅なのかと思い、中間駅は地域の要求で置くだけの通過駅に過ぎないからだと私は理解したのです。
東京〜名古屋〜大阪を短時間で結ぶためのリニアであり、停車頻度もそれにより決まった、だから駅周辺開発など無駄だと。
国土交通大臣はそれを踏まえて認可し、沿線地域をなだめる為にスーパーメガリージョン構想を打ち出したが、本質は3都市一体化に過ぎない。(編注3)

長崎知事が身延線近接地に駅を置くという策を打ち出された事は、おそらく国土交通省・JR東海とその話が始まっているからかも知れません。(編注4)
しかし、それにより山梨県駅停車回数が増えるかどうかは未知の問題です。
駅が無くて南アルプスと大井川への影響だけの静岡県問題がありますのでJR東海が静岡県サービスとしても身延線運行と一体化した山梨県駅停車を考慮するかどうかは全くわかりません。

私は長崎知事構想の成行きに注意しながらリニア中央新幹線事業を見ていきたいと思っています。

上記3点では言及していませんが、山梨県内はじめ沿線各地の環境影響問題などは全く別な話です。
工事期間10年間我慢すれば済む事と、その間に発生するかも知れない事故と、リニア開通後も軌道近接地域で生活を続けられるだろうかと思えるような問題とがあるのです。
そして、リニアは見るだけ乗るだけで現状工事問題に無関心な方々も、自分や家族が乗った時に安全なのかと考えて、色々出ている情報を確認してみることは最も大切なことです。

(編注1)中核市への移行について(甲府市公式サイト特集ページ)
(編注2)JR東日本3月のダイヤ改正は見直さず、2月5日の社長記者会見(私のgooブログ記事)
(編注3)「国土のグランドデザイン2050」との関係(スーパーメガリージョンについて私のWebサイト記事です)
(編注4)知事JR東海社長と面会/先月末 リニア中間駅位置「確認中」(2019年3月7日 読売新聞山梨版)思いがけず読売新聞記事が出ましたので追記しておきます。2月26日にJR東海の金子社長が、就任された長崎知事への挨拶として県庁を訪れ面会されたとのことです。

上記末尾に付記したことから具体的には以下のような事があります

◇早川芦安連絡道路建設計画 (リニア中央新幹線工事発生土の処理で建設されている山梨県事業です。進捗状況の広報が明確とは思えません。)

◇リニアの見える化と騒音問題 (実験線から南アルプストンネルまでの県内区間は高架橋で市街地も通過します。)

◇工事発生土の処理 (早川町での置き場、仮置き場についてはJR東海が公表していますが、県内各地で計画されている発生土処理について情報の所在が不明です。)

◇リニア山梨県駅計画地の変更 (西にズレて身延線近傍になったとき、現在地計画で予定された発生土による埋め立て計画はどのように変わるか。それにより山梨県内発生土処理予定に変更は無いのか。)

◇事業情報の公開 (リニア中央新幹線事業の進捗状況については県政からの的確随時の広報が無い状況と思えます。県民への情報提供について長崎知事県政はどのように改善していくか。)

その他諸々の事を含めて、長崎知事の施策を拝読して考察を続けたいと思っています。山梨県政が沿線他都県の状況を確認して自県の事業計画との整合性にはどのように配慮しているかも重要なポイントです。
posted by ictkofu at 23:00| 山梨県

2019年02月16日

山梨県はリニア中央新幹線関連事業を大幅に変更か(報道記録)

メディア情報をチェックしていて気付きました 「駅周辺整備見直し」に波紋 県、計画策定作業凍結 (2019/02/14 05:00 読売新聞山梨版)部分画像として引用しておきますので本紙をご一読ください。

2019-02-14 読売新聞記事

長野県知事は 平成31年2月県議会定例会における知事議案説明要旨(平成31_2019年2月13日) を発表しています。この中で(高速交通網の整備)の項目において、長野県のリニア中央新幹線関連事業と国が進めるスーパー・メガリージョン構想との関連にも触れておられます。スーパー・メガリージョン構想は私も取り上げていますが考察は中断したままなので、いずれまた・・・リニア駅周辺に箱物作ればOKという話では無いことだけは確かです・・・

posted by ictkofu at 12:40| 山梨県

2019年01月30日

山梨県新知事、長崎幸太郎氏のリニア中央新幹線関連の事業構想

【山梨知事選】長崎氏が初当選 自民など一丸、「組織戦」勝因 後藤氏、訴え浸透せず(産経新聞山梨版 2019.1.29 07:01)から部分引用です。(文中◇印は編者によります)
ちなみに、山梨県知事現職の後藤斎さん任期満了は2019年2月16日、長崎幸太郎さんの知事就任は2月18日(月)になります。2月16日までに後藤知事からの事務引継ぎが行なわれます。山梨県議会の2月定例会は2月26日(火)から3月15日(金)までの18日間の予定です。

◆就任後取り組み リニア新駅整備「一から見直す」
 長崎幸太郎氏は(2019年1月)27日夜の知事選当選後の取材に、中部横断自動車道の県負担軽減や、現県政が進めるリニア環境未来都市の計画見直しなど、就任後の取り組みを語った。

 ◇ 長崎氏は、建設中の中部横断自動車道への県の関わりを「停滞の象徴的事例」とし、トンネル工事難航による開通の遅れで増額される約100億円の県負担の軽減や、北部区間(長坂−八千穂間)の事業推進を「目に見える形で前へ展開したい」と強調した。

 ◇ 長崎氏は「国に本県に配分する地方交付税を増やす制度改正を求め、負担を削減したい」と公約しているが、具体的な交渉方法や負担軽減の成果など、選挙戦でアピールした「国とのパイプ」をどう生かせるかが問われる。

 ◇ 8年後に開業予定のリニア中央新幹線新駅の乗降客について、現県政は「1日最大2万人」と予測するが、長崎氏は「根拠が分からない」と疑問を呈した。
 「精査し直し、人を呼び込むための理由をつくり、(全体を)一から見直すことになるのではないか」と述べ、「リニア環境未来都市」計画を全面的に見直す考えを明らかにした。
 この結果、リニア新駅の周辺整備は、横内正明元知事が打ち出した「交通アクセス拠点」案、これを撤回した後藤斎知事のリニア環境未来都市構想に続き、3回目の計画策定となる。
 長崎氏はこれまで、国際展示場の整備などを提案しているにすぎず、就任後はより具体的なビジョンが問われそうだ。

◇ 中部横断自動車道については、別ブログの 中部横断道カテゴリー で記事を書いてきました。
長崎氏が「停滞の象徴的事例」と言われる意味が不明ですが、中部横断自動車道の工事遅れ(完成遅れ)を後藤知事の責任とすることはできないと思います。
山梨〜静岡間は【新直轄区間】(担当・国土交通省甲府河川国道事務所)と【有料区間】(担当・中日本高速道路株式会社)で工事区間が分かれています。山梨〜長野の北部区間は国交省甲府河川国道事務所が担当ですが、県内着手が遅れているのは国交省の環境影響評価、事業進行に問題があるようなのです。
中部横断道建設については横内正明氏(元山梨県知事)を支援したグループが検討された記録が残されています。【中部横断自動車道路 ふるさと山梨を考える会 第二回勉強会 平成18(2006)年7月】 この当時の検討は経済・財政的問題であって環境影響評価などは考察されていません。現在の南部区間遅延は想定外の断層破砕帯などによるトンネル工事の難航によるものです。工期延長で山梨県負担が増えるのは直轄区間の地元負担制度によるものなので、長崎氏なら政府との交渉で負担を軽減できるのかも知れませんが。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 20:09| Comment(2) | 山梨県

2018年09月05日

山梨県早川町で台風21号に避難勧告、リニア新幹線工事作業者の方々は?

避難準備の情報・勧告・指示 避難に関する3つの情報とは(みなさまのNHK 2018年9月3日 14時26分)
『自治体が住民に避難を呼びかけるために発表する情報は、「避難準備の情報」、「避難勧告」、それに「避難指示」の3つがあります。』(以下略)

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 02:40| 山梨県

2018年07月26日

リニア中央新幹線山梨県駅整備、山梨県有識者会議が開催された

基本計画中間報告は秋に リニア環境未来都市創造会議(2018年7月27日 山梨建設新聞)

 リニア環境未来都市創造会議(中井検裕会長・東京工業大学大学院教授)の第2回本部会議が(2018年7月)26日に開かれ、前回会議の意見対応や各部会からの検討状況が報告された。宿泊やコンベンション機能を考える場合、民間の意見は欠かせないとして調査期間を考慮。中間報告の時期を秋に延期するとした。
【中略】
 議事では、まず事務局側から前回会議の意見への対応が説明された。駅・駅舎に関してはJR東海からとして、過去に発表されたリニア中央新幹線中間駅のイメージと景観シミュレーションの資料が提供された。
 また県駅利用者(乗降客数)については12年度に1日あたり1万2300人を推計したが、調査から5年が経過していることから見直しを行っていると報告。精査中で結果は本部会議に示される。
 続く交流振興部会からの検討状況では導入機能として、交通結節点、インフォメーション、宿泊、コンベンション、飲食・物販、広場・公園、公共的の7つの項目を挙げ、それぞれの課題および検討事項を示した。
 このうち、宿泊、コンベンションおよび飲食・物販機能については、国土交通省の地方ブロックプラットフォームを活用してサウンディング調査を行い、民間事業者の助言・提言を得る考えを説明した。この調査は9月に実施されることから夏ごろをめどとした中間報告が秋にずれ込む旨が伝えられたが、年度内の基本計画策定に変更はないとした。
 産業振興部会からは、あまり予算をかけずにリニア山梨県駅を構想する、6月までに検討された総合的開発計案、座長の私案として提案されたテーマを絞った開発計画案の3案が示され、現状報告とした。
 これらの報告を受け、各委員からは「路線を決める必要がある」「地元参加も考慮して土地利用の段階から暫定的措置を考えた方がよいのでは」「9年後をイメージして」「リニアそのものを資源とする観点が抜けている」など、各自が意見を述べた。
 最後に中井会長は「関連する部分もあるので各部会間で意見交換できる機会を」との提案が挙がり、次回会合までに機能面での集約や論点整理に期待がされる。

リニア環境未来都市創造会議(山梨県)
東京工業大学中井検裕研究室

リニア 新駅拠点の仕組みを(2018年07月26日 NHK甲府放送局ニュース)

9年後の開業を目指すリニア中央新幹線の駅の整備を考える県の有識者会議が、(2018年7月)26日開かれ、招かれた国の検討会の委員が「農業が盛んな山梨県の強みを生かして新たな駅を拠点にリニアを活用する仕組みが必要だ」と指摘しました。
【中略】
リニア中央新幹線の開業に向けて県は駅周辺の整備について有識者会議を設置し検討を進めています。
26日はリニアによる都市の一体化を検討する国の委員を務める多摩大学学長の寺島実郎さんが招かれ、大都市の間にある甲府のようないわゆる「中間駅」の役割について話しました。
寺島さんは「大都市の間に位置する“中間駅”は多様な人材が行き交う拠点となる可能性がある」とし、甲府市に建設が予定されている新駅について「農業が盛んな山梨県の強みを生かしてリニアを活用し、都市部の人に農業を体験しに来てもらうなど、駅を拠点にした仕組みづくりが必要だ」と指摘しました。
有識者会議では駅の役割などの議論を重ね、今年度中に駅周辺整備の基本計画を策定することにしています。

リニア駅周辺整備・秋には計画案提示へ(UTYテレビ山梨ニュース 2018.07.26 18:45)

山梨県甲府市大津町に建設予定のリニア駅について、県は駅周辺に整備する施設の機能や配置のイメージについて秋以降にも具体的な案を示すことになりました。
【中略】
リニア中央新幹線をめぐり県は甲府市大津町に建設予定の駅周辺の整備について検討しています。 きょうは駅南側の観光と産業振興エリアのあり方を話し合う有識者の会議が開かれ、県は不動産開発などを手がける民間の事業者から意見やアイディアを聞く「サウンディング調査」を9月に都内で行うことを報告しました。
その上で駅周辺に整備する施設の機能や規模、それに配置のイメージについて秋以降に複数の案を提示すると説明しました。
出席した委員からは「駅周辺の整備だけでなく、その周りの地域との関わりも検討すべき」「自動運転など最新技術を取り入れた計画にする必要がある」などの意見が出されていました。
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県

2018年07月01日

山梨県中央市は田富北小学校の仮設校舎を10月着工予定(報道記録)

中央市が仮設校舎に着工へ 2小学校の移転改築で(2018年6月7日 山梨建設新聞)
リニア中央新幹線軌道にかかるので移転するのは中央市立田富北小学校です。

 中央市は本年度(2018年度)、田富北・豊富両小学校の仮設校舎を建てる。移転や改築に伴うもので6月補正予算案に事業費を計上した。予算可決後入札を行い、市議会で本契約承認を求める。建築確認などの手続きの後、着工は田富北が(2018年)10月ごろ、豊富は年末になる見通しだ。
 リニアのルートにかかるため田富北小は同校南側にある市民体育館を取り壊した跡地に移転する。新校舎完成まではまだ数年かかるため、それまで市民体育館南側の「田富ふるさと公園」に仮設校舎を建てて使う。
 仮設校舎は公園内の北西部分に建てる。S造2階建てで延床面積は3092㎡。上空から見てL字型の建物となる。6月補正案には事業費2億8655万円を計上。7月にも入札を行い施工者と仮契約を結ぶ。8月初旬にも開かれる予定の臨時市議会で本契約の承認が得られれば施工者が建築確認申請などの手続きを進める。
市教委は「着工は10月ごろになるのではないか」とみており完成は来夏になる見通し。来年(2019年)8月には仮設校舎への引っ越しを終え同9月から始まる2学期に間に合わせる。同校の生徒数は(2018年)5月現在で274人。
 豊富小は普通教室棟を改築するため同校グラウンドに仮設校舎を建てる。S造2階建て1708㎡の規模。生徒数は182人で教室6部屋などを設ける。入札は田富北小より遅い時期、8〜9月になるもよう。9月の定例市議会で本契約の承認を得て年末着工を目指す。完成は来年3〜4月ごろを見込んでおり5月のゴールデンウィーク(GW)に引っ越す。  現在の校舎は学校が夏休みとなる来年8月を中心に解体。その後新校舎の建設を始め2021年のGWまでに完成させる計画だ。現校舎は築55年が経ち老朽化が進む。教室は12あるが児童数の減少から現在メインに使っているのは6教室だけという。

甲府市立中道北小学校と同様なケースですが、現状移転の費用はJR東海が負担することになっています。田富北小学校は ふるさと公園 に移転と伝えられたことがあったので、私はそう思い込んでいました。【ふるさと公園が候補 中央市の田富北小の移転先(2016年6月29日 山梨建設新聞)】
田富北小学校 現在地の南側にある 中央市立田富市民体育館 を取り壊した跡地に移転ならリニア中央新幹線高架橋との距離は仮設校舎より近くなります。
【参照図は2014年11月6日に開催されたJR東海による中央市の事業説明会資料から】

2018年6月6日付け山梨建設新聞の報道によりますと、中央市の6月補正予算には田富北小の移転に伴い新都市公園内に新設する市民体育館については基本設計費1479万6000円が盛り込まれ2020年度着工・完成を目指す。田富北小児童らが利用している人道橋の架け替え工事費6536万7000円も計上した、とのことです。

この件は報道記事によるもので中央市の公式情報は確認していません。市民体育館を移転させてから跡地に田富北小学校を移転する為にまず仮設校舎を建設するなどに至った経緯、それらの費用のどこまでがJR東海により補償されるのかなど、私は未確認です。
現在の市民体育館の在る場所が小学校の移転場所として最適と判断されたのだと思いますが、体育館の移転を先にして、それが完成してから田富北小学校の新築・移転とする計画ではリニア軌道の建設に間に合わないのでしょうか。山梨県内リニア軌道建設の詳細な日程計画も確認しておきたいと思います。

posted by ictkofu at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県

2018年06月16日

山梨県リニア新幹線事業の啓発冊子に係る住民監査請求と監査結果

第1 監査の請求
 1 請求の受付/2 請求の要旨 (1)請求人の主張 (2)請求人の措置の要求 (3)事実を証明する書面
第2 請求の要件審査
第3 監査の実施
 1 請求人の証拠の提出及び陳述/2 監査対象事項/3 監査対象部局/4 監査の方法
第4 監査結果及び判断
 1 事実関係の確認 (1)リニア中央新幹線の整備について (2)整備方針について (3)本件冊子の作成について (4)本件冊子の配布について (5)本件冊子の作成及び配布に係る支出の状況について
 2 監査委員の判断 (1)本件冊子の内容の妥当性 (2)本件冊子の配布及び広報の妥当性 (3)まとめ

冊子「リニアで変わるやまなしの姿」の作成及び配布に係る損害の補填等を求める知事措置請求の監査結果について

山梨県公報

第1 監査の請求

1 請求の受付
 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「自治法」という。)第242条第1項の規定に基づく山梨県職員措置請求書(以下「請求書」という。)が、平成30年4月17日、甲府市 川村晃生、中央市 藤田英明 外9名(以下「請求人」という。)から提出された。

2 請求の要旨
 請求書及び請求書に添付された事実を証明する書面に基づき、請求(以下「本件措置請求」という。)の要旨を、概ね次のとおりと解した。

(1)請求人の主張
○ 山梨県は、県内の小・中学校、高等学校の児童・生徒を中心に、リニアの利便性を県民に広報するため、冊子「リニアで変わるやまなしの姿」(以下「本件冊子」という。)を約1,200万円の経費をかけて15万部作成し、平成30年2月初旬に県内の学校や市町村等に配布した。

○ 本件冊子の内容は、山梨県が策定したリニア環境未来都市整備方針(以下「整備方針」という。)に基づいて、漫画によりリニアの利点のみを希望的観測に拠りつつ羅列したものにすぎず、沿線住民や乗客への影響、さらには自然破壊や財政など、国民が背負うことになる負の問題点には一切触れていない。
 リニアによって変わる山梨の姿は、リニア開通に伴う騒音、振動、日照等による沿線住民の生活被害や、南アルプスのトンネル掘削をはじめとする自然破壊、また、リニア実験線への県費の投入や国による3兆円の財政投融資など、様々なデメリットがあるにもかかわらず、それらについては完全に無視し、一言も言及しないという点で、極めて一方的かつ偏向した内容になっており、このような内容の冊子を作成し、県民に広報することは、それ自体大きな過失である。

○ 本件冊子を作成し各学校へ配布する際、教育委員会を経ずに山梨県から直送したことは、手続上適切ではなく、また、情報をコントロールし、生徒に一方的な価値観を植え込もうとするこのような冊子を、県内の公立、私立を問わず、全ての小・中学校、高等学校の児童・生徒に配布したことは、更に大きな過失である。
 このことは、憲法第13条前段の「個人の尊重」及び憲法第26条の「教育を受ける権利」のほか、それらを受けた教育基本法第2条 ・学校教育法第21条の「教育の目標」に示される「幅広い知識と教養」「真理を求める態度」「個人の価値の尊重」「公平な判断力」等に抵触する。

○ さらに、リニアの負の部分や沿線住民等の疑問や苦痛に対しては無視し、何らの配慮も示 されていない本件冊子を作成し広く県内に配布する行為は、憲法第92条に基づく自治法第1条の趣旨(地方自治の本旨に基づく民主的で公正な行政)に抵触するとともに、沿線住民等が有する憲法第14条の「平等に取り扱われる権利」や憲法第13条後段の「幸福追求権」を侵害するものである。

○ 本件冊子の作成及び配布に係る違法性を踏まえると、それらに関する契約自体が無効である。

続きがあります・・・
タグ:事業評価
posted by ictkofu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県