2017年10月04日

相模原市での区分地上権事情と地権者交流会の開催 10月8日

この記事は リニア新幹線を考える相模原連絡会 の「ストップリニアニュース」から引用して掲載しています。
タイトル
リニアのトンネルを通すため、土地・建物の利用が制限される
 区分地上権とは、トンネルの建設にあたり、土地の地下の一定の範囲(トンネルの上下左右にトンネルを保護するための保護層を加えた範囲)を、JR 東海が永続的に使用(地権者の権利を制限)できる権利のことです。
 民法、土地収用法などで、公共の事業の用に供するため、土地を収用・使用できるという規定があります。憲法で侵してはならないとされる財産権が「公共の福祉」の名の下に、補償と共に最終的には収用できるとされています(土地収用法)。
区分地上権の補償と用地測量
 補償は、用地補償調査(用地測量)→補償金額の算定→契約→区分地上権の設定登記、補償金の一括払い といった流れになっていますが、JR 東海は、調査、測量等で一時的に地権者の土地に立ち入ることがで きるとされています(日の出前、日没後は立ち入れない。立ち入る際には土地所有者に告げなければなら ないなどの制約があり、)しかし「正当な理由」があれば、立ち入りや一時使用を拒むことはできます。
トンネル上にあるマンションは立ち退けというJR東海
 トンネルの深さが浅いエリアでは、リニアのトンネル建設範囲にビルの基礎杭があたるなどの理由で、 マンション(4 階以上)の立ち退きの可能性があるというケースも出ています。橋本地区では4カ所あると いわれています。
リニアは「公共」事業といえるのか? 補償はきちんと行われるのか?
 リニアは、「公共の福祉」にかなったものとして居住者の財産権を制限できるものなのかどうか、拒め ないのか、居住地の地価をもとにした「補償」方式で、地権者の利益が損なわれることはないのか、用地 測量を受け容れなければならないのか? など多くの問題点があります。JRの要求が具体的に出てくるの はこれからになりますが、地権者・居住者同士がバラバラでなく、情報を共有し連携を強めて、JR 東海や 相模原市と対等の立場で話し合えるような対抗力をもつことが必要ではないでしょうか?
【編注】この内容は参加された方の傍聴報告です。講師が準備されたレジメではありません。
公共事業改革市民会議のサイトに リニア中央新幹線 があります。
ストップ・リニア!訴訟 ニュース 第1号 も転載されています。

リニア新幹線を考える相模原連絡会の2017年9月20日付けニュースのPDFファイルは未公開なのでネットで確認した画像から引用します。

ニュース

同じニュースで第1回の地権者交流会で話された意見が紹介されています。

ニュース

この記事ではトンネル区間の区分地上権についての考察ですが、相模原市には関東車両基地が建設される鳥屋地区での土地収用もあります。この件は トラスト運動の第2弾、相模原市鳥屋地区で(2016年04月24日)の記事を書いています。委細は「リニア新幹線を考える相模原連絡会」サイトを参照してください。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県

2017年09月29日

JR東海の工事実施計画で神奈川県駅のホーム位置が変更されました

2017年9月25日にJR東海は「中央新幹線品川・名古屋間の工事実施計画(その2)の認可申請について(平成29年9月25日)」を広報しました。
『(2)工事実施計画(その1)から変更する事項』の中で『停車場平面図』 では神奈川県駅(相模原市)の駅のホーム中心を西に移動することが縦の赤線で示されています。工事実施計画(その1)は2014年8月に提示されたものですので、比較する為に工事実施計画(その1)資料から切り出した画像を示します。

2017年9月25日の変更申請で 品川起点 38km024m が赤の縦線で示されています。
神奈川県駅2017年9月計画図

2016年8月26日の計画図では 品川起点 37km958m です。

神奈川県駅2014年8月計画図

引用図は大きな図を切り出したもので、赤の縦線の末端に品川起点の距離が記載されています。原本をご確認ください・・・JR東海サイトで 全国新幹線鉄道整備法の手続き で公開されています。
JR東海の工事実施計画では図の表示は右方が名古屋、左方が品川となっていて南北逆転ですので、図を逆転させ通常の地図表示(左方が名古屋、右方が品川)にして引用掲載しました。
ちなみに名古屋駅の図では 品川起点 285km605m は(その1)も(その2)も同じです。

神奈川県や相模原市の行政が、この変更について県民、地域の人々にどのように広報しているかは未確認です。駅に関係する土地収用に影響する事も考えられますが、認可申請段階でどのように行政が動けるのか私には分かりません。
国土交通省が工事実施計画(その2)の認可申請をどのように扱うのかも未確認です。
工事実施計画変更資料は改めてWebサイトで整理する予定です。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県

2017年08月10日

相模原市でリニア車両基地回送ルートの旅客線化を要望する市民協議会発足(報道記録)

この事案から感じたこと−「人のふり見て我がふり直せ」の諺がありますが、リニア事業については私ももっと学ぶべきことが多いと反省しました。
リニア回送線活用を 旅客線化へ市民協議会相模原(Yahoo!ニュース 2017年8月8日 配信・カナロコ by 神奈川新聞)| 神奈川新聞の当該記事
 回送線の活用を−。JR東海が相模原市緑区鳥屋地区に建設を計画しているリニア中央新幹線関東車両基地への回送線の旅客線化を求める市民協議会が発足した。利便性向上と地域の発展につながるとして、地元自治会関係者や経済界のトップが顔をそろえた。山陽新幹線の博多南駅を先例に、今後は情報収集や分析を進めるとともに、JR東海や国、県などへ要望活動を行っていく。
 (2017年8月)5日に同区中野で開催された設立総会には、発起人として旧津久井4町の商工会、観光協会、自治会連合会、財産区、リゾート施設の代表ら約20人が参加。会長に就任した関戸昌邦さん(津久井商工会会長)は「視察やアピールが大事になってくる。要望もアクティブに実行していきたい。この地域はまとまりが強い。こうした基礎を背景にいろいろな方々の力をお借りしたい」と結束を強調した。
 地元選出の国会議員4人が顧問、同じく県議2人が相談役、市議10人が参与に就任した。
 事務局を置く津久井商工会や出席者の説明によると、車両基地への回送線を旅客線化した先例は山陽線新幹線のケースがある。JR西日本の車両基地(博多総合車両所)と博多駅間の約8・5キロを旅客線化する要請活動の結果、車両基地に博多南駅を新設し、在来線として営業運行することになった。
 開業時の1990年には1日当たり4546人だった乗降客は、2014年に1万3517人と大幅に増え、地元の福岡県那珂川町の人口も約3万6千人から増加し、5万人を超えている(15年国勢調査)。
 橋本駅近くに建設されるリニアの神奈川県駅(仮称)と関東車両基地の間もほぼ同距離で、鳥屋地区に新駅を設置することで、人口減少に歯止めをかけ、観光を含めた地域の活性化を目指すとしている。

Yahoo!ニュースページにある読者コメントをお読みいただくと良いでしょう。神奈川新聞がYahoo!ニュースに配信した理由は投稿されるコメントを市民協議会の皆様にもお読みいただく事だろうと思います。
「地元選出の国会議員4人が顧問、同じく県議2人が相談役、市議10人が参与に就任」・・・氏名を確認できたらここに記録する予定です。
「リニア中央新幹線」について、この市民協議会の方々は知識が乏しいことに、この記事をお読みになった沿線各地の方々はお分かりになると思います。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県

2017年01月27日

リニアが来るまち/相模原市を取材した動画を紹介します

「リニアが来るまち」認定特定非営利活動法人映像制作ワークショップ(OurPlanet-TV) が取材・作成され、YouTube その他のサイトで 2017年01月24日に公開されました。
(YouTube 掲載はリンク切れなので削除しました 2017.09.16)

時速500キロで走る「リニア中央新幹線」の工事が始まっている。品川−名古屋間を約40分で結び、「夢の超特急」と呼ばれているが、工事による環境破壊や住民の立ち退き問題など多くの問題をはらんでいる。
リニア駅の建設で移転を余儀なくされた神奈川県立相原高校。リニアの非常口を掘る計画が出ている相模原市藤野でパーマカルチャー活動を行う設楽清和さん。車両基地が計画されている相模原市緑区鳥屋で暮らす栗原晟さんなどを取材した。
  制作:井澤宏明、國見功、水野礼菜
(2016年 秋期映像制作ワークショップ完成作品)

この動画で紹介されている相模原市緑区鳥屋地域のことを、私は トラスト運動の第2弾、相模原市鳥屋地区で(2016年04月24日)を書いています。
相模原市藤野地区 については私は知識がありません。国道20号線で通る時にこの辺の国道は狭過ぎると思うだけですが、芸術家の町らしく 神奈川県立 藤野芸術の家 があるのを知っていますので、いつか、そのうち・・とは思っています。

相模原市に関するリニア新幹線問題については、「リニア新幹線を考える相模原連絡会」 から全貌が理解できます、必読サイトでしょう。
お蔭様で私のリニア情報サイトでは相模原市については未整理ですませています。

鳥屋の問題をはじめ相模原地域についてはジャーナリストの樫田秀樹さんが多数の取材報告をされています・・・
リニア、引っ越して来たら、そこはリニアが地下走行する家だった。相模原市緑区(2016/12/21)
リニア、土地トラスト地をみんなが楽しむ場所に変える取り組みが始まった。第一回目は掃除。 鳥屋の土地トラスト運動(2016/12/19)
リニア、第2回裁判での裁判長の鋭い質問に被告はどう答えるか?鳥屋の栗原さん意見陳述(2016/12/12)
リニア、第二回口頭弁論の原告証人は栗原晟さん。たまたま記事を書いていた 週刊金曜日 2016年11月18日号記事の紹介(2016/11/28)
リニア、土地トラスト始まる。「百害あって一利なしの計画のために、私の土地は譲れない」 相模原市緑区鳥屋地区(2016/05/01)
リニア、不動産業者の跋扈 相模原市緑区牧野の牧馬(まぎめ)地区、非常口予定地(2015/10/08)
リニア、一口情報。その2。神奈川県相模原市緑区小倉地区。(2015/09/09)
リニア、一口情報。その1。神奈川県相模原市緑区寸沢嵐地区。(2015/09/07)

相模原市は平成22_2010年4月1日に政令指定都市になりました。
2013年9月のリニア中央新幹線環境影響評価準備書では、『中央新幹線(東京都・名古屋市間)法対象条例環境影響評価準備書(川崎市) 法対象条例準備書(川崎市環境影響評価に関する条例第56条による)』のように、相模原市対象の準備書も出るかと思っていたのですが、それはありませんでした。
政令指定都市の権限増大が地域行政のリニア推進政策に役立っているようなら、政令指定都市指定もリニア絡みだったのかなと感じたことを思い出します。

にほんブログ村相模原情報
posted by ictkofu at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県

2016年04月24日

トラスト運動の第2弾、相模原市鳥屋地区で

「リニア新幹線を考える相模原連絡会」が2016年4月22日に記者会見し、相模原市緑区鳥屋の車両基地建設予定地の一部に地上権を設定する「土地トラスト」運動を始めたことを明らかにしたと、神奈川新聞が報じました・・・「トラスト運動開始 リニア反対の市民団体」(2016年4月23日) 公開記事なので誰でも全文を読めます。

「リニア新幹線を考える相模原連絡会」は リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会 とは別に独自の活動されているようですが、公式Webサイトは sagamihara-g.mond.jp です。
「リニアを考えよう!コミュニティー」Facebook で4月23日に投稿された記事から「土地トラスト」運動の詳細や連絡先がわかります。私はこの投稿を見て神奈川新聞なら記事にしているはずだと確認しました。神奈川県民の多くの方がリニア事業の問題点を理解されることを期待したいと思います。

カナロコが言及している山梨県中央市での「立ち木トラスト」については、その活動主体である「リニア・市民ネット」の記事があります・・・2015-09-08 立木トラスト@山梨 最近の動き
立ち木トラスト始まる。山梨県中央市でまずは405本(樫田秀樹さん 2015.08.07)は丁寧な記事です。樫田さんのブログには相模原地域の状況が書かれた記事が複数あります。
私は 「岐阜県大垣署の住民情報漏えい事件から立ち木トラストについて考えてみた」(2015年07月30日)という記事を書きました。

にほんブログ村相模原情報
posted by ictkofu at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県

2015年08月23日

ターミナル駅と同等の停車本数確保を求める神奈川県期成同盟会の決議

リニア中央新幹線建設促進神奈川県期成同盟会
『平成27年7月27日(月曜日)、ワークピア横浜において、平成27年度リニア中央新幹線建設促進神奈川県期成同盟会総会を開催しました。総会では、平成26年度決算報告や平成27年度予算承認のほか、以下の決議を採択しました。』から抜粋・・・
『5 全国との交流連携の窓口にふさわしい魅力ある駅となるよう、ターミナル駅と同等の停車本数を確保すること。』

私は 2015.07.13 「沿線地域活性化の為の運行ダイヤを山梨県知事が要求すべき」 とこのブログに書きました。
神奈川県期成同盟会が関連決議をしていたことに気付いたので記録しておきます。この件は リニア中央新幹線情報ホームページ で整理しておく予定です。

posted by ictkofu at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県

2014年03月16日

環境影響評価審査意見、神奈川県

中央新幹線(東京都・名古屋市間)に係る環境影響評価準備書に対する神奈川県環境影響評価審査会の答申について(記者発表資料 掲載日:2014年3月12日)
このページで公開されたPDFファイルから抜粋しておきます。(改行などは編者によりますので原文は必ずご確認ください。)

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県