2019年09月06日

2019年9月5日の愛知県・静岡県知事会談の結果(報道記録)

◇ 2019年09月06日 10:56〜11:12 国土交通省会見室 石井啓一大臣 会見要旨

(問)リニア中央新幹線の関係で1点伺います。 昨日ですが、静岡県知事と愛知県知事が会談しまして、大井川の流量減少問題に関して、JRと静岡県との意見調整に関して、国に更に調整を求めていくという考えで一致しました。
これを受けて国土交通省の対応を今後どうされていくお考えでしょうか。

(答)昨日、静岡県知事と愛知県知事が会談されたことは承知しておりますけれども、会談は御二人の間だけで行ったと聞いておりまして、その中身については承知していないところであります。
 リニアの静岡工区の件につきましては、まずは科学的知見等に基づきながら検討が進められることが重要でありまして、国土交通省といたしましては、先月行われました意見交換会の出席などを含めまして、こういった科学的知見に基づく検討が円滑かつ迅速に進められるよう環境整備等に努めてまいりたいと考えています。
◇ 2019年09月06日 11時57分 リニア開業へ側面支援=菅官房長官(時事ドットコム)
 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、静岡県がリニア中央新幹線の静岡工区の着工を認めず、2027年の開業を危ぶむ声が出ていることに関し、「開業予定に影響が及ばないよう国土交通省として必要な調整を行っていく」と述べ、同県とJR東海の協議を政府として側面支援する姿勢を示した。

やっと政府が動き出した。国土交通省だけの問題では無いことが明確になると共に国会審議も繰り返され、リニア中央新幹線事業の実相が国民にも理解されて来る、時の政府は抜き差しならない立場に追い込まれていくでしょう。

官房長官の定例記者会見(首相官邸)

◇ 2019年9月5日 リニア未着工で愛知・静岡知事会談、平行線に終わる(毎日新聞)

 リニア中央新幹線の静岡県内の工区が未着工となっている問題で、愛知県の大村秀章知事と静岡県の川勝平太知事が(2019年9月)5日、名古屋市中区の愛知県公館で会談した。予定通りの2027年開業を主張する大村知事は「開業時期の延期は容認できない」と述べる一方、着工を認めていない川勝知事は27年開業を「現実的ではない」とし、平行線に終わった。
【中略】
 川勝知事は、トンネル掘削によって静岡県内を流れる大井川の水量が減少することなどを懸念しており、同県はJR東海や国土交通省などと協議している。この日も「トンネルを掘れば何が出るかわからない。多くの静岡県民は心配している」などと主張した。
 一方、「リニア中央新幹線建設促進期成同盟会」会長の大村知事はこれまで「静岡県は科学的論拠にのっとってJRと協議すべきだ」としていた。
(大村知事は)会談後、「水の問題まで一事業者のJRに任せるのは酷」などと述べ、国交省に対し、利水問題や環境保全まで含めた調整を強く求める姿勢を示した。
 面談は非公開で、予定より10分長い約40分間行われた。大村知事は「国の積極的な関与を求めるという点では合意できた」と総括。川勝知事も「川勝がJRとけんかをしているという誤解は解けた」と話した。【竹田直人】
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 09:46| 静岡県

2019年08月20日

大井川の流量減少問題協議に国土交通省も出席(報道記録)

静岡県中央新幹線環境保全連絡会議「地質構造・水資源専門部会」及び「生物多様性専門部会」委員と東海旅客鉄道株式会社との意見交換会の開催(2019年8月13日 記者提供資料/静岡県くらし・環境部 環境局水利用課、自然保護課)
1 「地質構造・水資源専門部会」意見交換会(2019年8月20日開催)に関する報道記録です。
2 「生物多様性専門部会」意見交換会(2019年8月21日開催)の報道記録を追記しました。
【Yahoo!配信の記事にはYahoo!の仕様により読者からコメントが投稿されています。】

リニア意見交換「静岡県とJRの理解促す」 国交省が初同席(2019.08.20 静岡新聞)

 リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事に伴う大井川の流量減少問題を巡り、対策を検討するための静岡県環境保全連絡会議地質構造・水資源専門部会の有識者とJR東海の意見交換会が(2019年8月)20日午前、県庁で始まった。国土交通省から派遣された職員が初めて立ち会い「県とJRの理解促進に努めたい」との姿勢を示した。
 JR、他のリニア沿線自治体などが国の調整を求めていた。立ち会った同省鉄道局施設課の森宣夫環境対策室長は取材に「JRと専門部会委員の話を聞くために来た」と述べ、「委員がどのような問題意識を持っているか、それに対するJRの対策はどうかに注視したい」とした。21日に予定される同会議生物多様性専門部会の意見交換会にも出席する。
 県はこれまでの有識者とJRの協議内容を踏まえ、流域市町や利水団体の意見も加えた中間意見書を6月にJRへ送付した。意見交換会はJRが中間意見書に対する回答を作成するため、有識者の求めている対策を確認する場として開かれた。20日は午前、午後に委員2人ずつがJR側の担当者と対策に関する質疑を実施。1人目の塩坂邦雄委員は工事で突発的に湧水が発生した場合の対応や、流量減に伴う生態系への影響についてただした。

静岡県中央新幹線環境保全連絡会議
このページの末尾 「5 関連情報」の項目で 「中央新幹線建設工事における大井川水系の水資源の確保及び水質の保全等に関する質問書や意見書」 に関して静岡県からの送付とJR東海からの回答が時系列で公表されています。
それらの内容は後日Webサイトで整理するつもりです。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 22:00| 静岡県

2019年08月15日

静岡工区の当面の進め方について・続報、石井大臣会見要旨

2019.08.15 国土交通省記者会見

記者(問)先日(2019年8月9日)、リニア中央新幹線の静岡工区について、「当面の進め方について」という文書を発表されて、その中で国土交通省は「状況に応じて検討の促進等に努める」という表記がされていると思いますけれども、場合によっては積極的な仲介役を担うお考えがあるのかということと、具体的にどのような検討促進策を検討されているのか、お考えをお聞かせください。

大臣(答)
 リニア中央新幹線の静岡工区につきましては、国土交通省といたしまして、引き続き必要な調整や協力等を行っていく旨を、これまでにも会見等でお答えさせていただいてきているところでありますが、そういった状況の中で、今月(2019年8月)5日に、静岡県知事から、陳情にお越しになった際に、県とJRとのやりとりの場に然るべき方が来ていただけるとありがたい旨のお話を受けました。
こうした知事からのお話なども踏まえまして、本事業を円滑に進めていくため、国土交通省は静岡県及びJR東海と、今後の当面の進め方について確認を行いまして、(2019年8月)9日に3者で合意いたしました。
これを受けまして、早速、静岡県から、来週(2019年8月)20日、21日に開催されます専門部会委員とJR東海の意見交換会への立ち会いとして、国土交通省の担当者の出席の要請がありまして、鉄道局からは担当者を出席させる予定との報告を受けています。
本件につきましては、まずは、科学的知見等に基づきながら、専門部会におきまして検討が進められることが重要でありまして、国土交通省といたしましては、先ほどの意見交換会への出席などを含めまして、こういった検討が円滑かつ迅速に進められるよう、環境整備等に努めてまいりたいと考えています。

記者(問)今の静岡のリニアの件なのですけれども、大臣として、これ以上静岡県と東海の話し合いが進まないことで工事が遅れてしまうことによって、どれぐらい工事が遅れると目標としている2027年の開業への遅れの影響が出る可能性があるのか、そういった見通しなどのお考えはありますでしょうか。

大臣(答)
 先ほど申し上げましたように、リニア中央新幹線の静岡工区については、静岡県側から南アルプスを通過するトンネルによって大井川に水資源の確保について問題提起がされておりますので、この件について科学的知見に基づいて専門部会において検討が進められることが重要であると考えておりまして、工期の遅れ等については、まだそういったことを検討する状況にはないと承知しております。
(年月日は編者が表記修正しました。)

◇ 2019年08月09日 静岡工区の当面の進め方、国土交通省・静岡県・JR東海打合せの結果
国土交通省 ⇒ 政策・仕事 ⇒ 鉄道

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 23:00| Comment(0) | 静岡県

2019年08月09日

静岡工区の当面の進め方、国土交通省・静岡県・JR東海打合せの結果

リニア中央新幹線静岡工区の当面の進め方について
令和元年8月9日
国土交通省
静 岡 県
東海旅客鉄道株式会社

○ リニア中央新幹線は、全幹法やアセス法等に基づき進められ、国民生活や経済活動へ大きなインパクトをもたらす重要な事業であること、また沿線自治体等からの期待も大きいことから、できる限り早期の実現が望まれる。

○ 一方で、大井川の水資源の確保は静岡県にとって切実な問題であり、またエコパークに登録された南アルプスは我が国において貴重な自然環境を有する地域の一つであることから、これらへの影響を回避・軽減するための措置を適切に講じていく必要がある。

○ このような状況の下、JR東海は水資源の確保や自然環境保全のための措置について真摯に検討し着実に実施するとともに、静岡県は科学的知見等に基づきながら、必要となる行政上の手続きを速やかに進めることが求められている。

○ 以上を共通の基本認識として、国土交通省、静岡県及びJR東海は、本件を進めるにあたり、当面、以下を確認する。

 (1) 水資源や自然環境への影響を回避・軽減するための措置については、現時点における科学的・工学的な観点から検討されるものであり、その検討の場として静岡県は専門部会を設けている。

 (2) JR東海は、静岡県立ち会いのもと専門部会の委員などから提示された意見や質問の趣旨等を確認しながら検討を深め、6月6日付けの中間意見書に対する最終的な回答を作成する。その際には、科学的な根拠等を示しながら県民や利水者にとってわかりやすいものとなるよう努める。

 (3) 静岡県は、この検討の場として専門部会を設けている経緯に鑑み、上記(2)の手続きを経てJR東海から回答が提出された際には、速やかに専門部会を開催し、科学的・工学的な検討を有識者等に委ねつつ専門部会が円滑かつ迅速に進むよう努める。

 (4) 国土交通省は、専門部会における検討を見守りつつ、状況に応じて検討の促進等に努める。

リニア中央新幹線事業で静岡工区(南アルプストンネル工事)の着工遅れと、それを静岡県政の問題と批判する愛知県知事の談話などがマスメディアで報じられています。今回の会合は事業を認可した国土交通省の提案により開催されたものです。
一口で言えば「大井川問題」と呼べるでしょう。大局的には「南アルプスをトンネル通過する問題」と言えるかも知れません。
この件はブログでまとめられる単純なものではないので、いずれWebサイトで整理します。

続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 23:00| Comment(0) | 静岡県

2019年06月20日

南アルプストンネル静岡工区の着工時期は不明(報道記録)

リニア本体工事「着工、現段階で認めず」 静岡県知事改めて強調(2019/6/19 17:03 静岡新聞)

 静岡県議会(2019年)6月定例会が19日開会し、川勝平太知事は所信表明で、リニア中央新幹線建設に伴う大井川水系の水資源保全について、JR東海から十分な説明がなく、利水者や地域住民に納得、安心してもらえる状態に至っていないと指摘。現地視察の所感も踏まえ「このような状況や(県がJR側に送った)中間意見書に対する回答を受けていない現段階では、本体工事の着手を認めることはできない」と改めて強調した。
 中間意見書は、県が有識者で構成する専門部会や利水関係者の意見を踏まえて取りまとめ、6日にJR東海に提出した。川勝知事は「誠意ある回答を求めている。利水者や地域住民に真摯(しんし)に向き合い、納得してもらえる回答を期待している」と述べた。
 また、13日に建設予定地を視察し、複雑な地質構造や貴重な生態系を有する南アルプスの自然環境を確認したと説明。「工事に利用する道路の安全性が確保されておらず、(川の)流量も見た目には少ない状況も確認できた」と指摘した。
 6月定例会の会期は7月8日までの20日間。子どもの安全確保や豚コレラ対策など4億6200万円を追加する2019年度一般会計補正予算案など22議案を審議する。

静岡新聞 Yahoo!ニュース版(この記事には読者のコメントが多数あります)
静岡県議会 | 議会定例会・令和元_2019年6月
リニア中央新幹線 静岡県の情報、中途半端ですが参考記事にリンクしてあります。 リニア中央新幹線事業に関する静岡県行政、議会からの情報詳細は後日整理する予定です。(リニア事業とは関係無い自分の仕事を優先しております)

posted by ict工夫 at 12:00| Comment(0) | 静岡県