2021年06月24日

“夢の超特急”リニアの行方は(NHK静岡 特集記事)

2021.06.23 “夢の超特急”リニアの行方は 異を唱える静岡県知事 (NHK政治マガジン
著者・NHK静岡局記者 高橋 路さん(2016年入局。静岡局に赴任して6年目。現在は、県政キャップ。富士山を眺めるのが好き。)
【以下の中見出しです】
 川勝「争点はリニア」
 “命の水”めぐって…
 川勝のエゴか?
 リニア所管の国土交通副大臣で対抗
 土俵に誘い込まれた自民党
 対照的な選挙戦
 流れ決めた“リニア”
 “夢の超特急”の行方は
【記事の最後は以下のようにお書きになっておられます】
 川勝はリニアをどう決着させようと考えているのか。
 ぶつけてみた。
  「新型コロナで新幹線の乗客は減り、オンラインの時代到来で移動の必要性も低くなった。川勝のせいではなく、リニアそのものの足元が崩れてきている。このまま進めていいのか、一度立ち止まって考えるべきだ。意思決定できる人の説得を試みたい」
 すでに2027年の開業は難しくなっている。
 静岡県民の民意と、JR東海、それに国土交通省との間で、川勝は、どのような着地点を探るのか。
 “夢の超特急”の行き先は、まだ見えない。
私がリニア中央新幹線建設事業で発生する大井川減水について記事にしたのは、2013年11月09日 リニア工事の渇水で静岡県民63万人分の水道水が消失? が最初でした。
以後、このブログでは タグ・大井川 を設定して記事を続けています。
このNHK記事を拝読して、これまでの経過を的確に踏まえた内容だと理解できますが、私のサイトではそれぞれの段階での審議経過の整理などは未処理です。コロナ禍の為にリニア情報を整理する時間も奪われている現状なのです。そんな時に拝読したこのNHK記事をブログでご紹介させていただくことにしました。
posted by ict工夫 at 08:30| 静岡県

2021年05月26日

大井川“命の水”と“生物多様性”を守る活動(紹介)

大井川の水を守る62万人運動  今回のクラウドファンディングを実施された組織のホームページです。
リニア新幹線を考える静岡県民ネットワーク(Facebook)

大井川“命の水”と“生物多様性”を守る活動にご支援をお願いします。(支援募集は5月30日(日)午後11:00まで)(以下、部分引用)
 みなさんは、JR東海の「リニア中央新幹線南アルプストンネル工事」の影響で、大井川の“命の水“が減り、流域の暮らしと南アルプスの生物多様性が大きく損なわれるかしれないということをご存知ですか?
 わたしたちは、JR東海に科学的根拠に基づいた十分な説明を求めてきましたが、実現されていません。また、県は国交省と環境省に情報開示と議論を求めていますが、誠実な対応がされているとはいえません。科学的根拠を欠いたまま、また、十分な議論がなされないままに、トンネル工事が進められることがないよう、そしてなにより、南アルプスの恵みである大井川の“命の水”と“生物多様性”を守りたいという思いで、活動をはじめました。
リニアを考えよう!コミュニティー (リニア問題を取り上げている Facebook)で知りました。静岡県の有志が開設されてリニア中央新幹線沿線各地の人々も参加されています。時にはリニア中央新幹線事業推進を説かれる方々の投稿・議論もあるので、私も情報を得る為に時々拝読しています。
 Facebookにログインしていれば、メンバー登録していなくても通常のブログなどと同様に読むことができます。ですから、マスメディア、ジャーナリスト、行政関係者など多彩な読者がおられるのではないかと私は思っています。
クラウドファンディングに気付いたので上記のようにサイトを確認して、このブログでもご紹介しておく事にしました。
posted by ict工夫 at 22:58| 静岡県

2021年03月15日

大井川流域市町首長と国土交通省との意見交換会、2021年3月14日開催

国土交通省・2021.03.10 リニア中央新幹線建設に関する 流域市町首長と国土交通省との意見交換会について
リニア中央新幹線整備における大井川水系の水資源保全と南アルプスの環境保全に関して、国土交通省と大井川流域市町首長による意見交換を行います。
 日 時:令和3_2021年3月14日(日) 15:00〜17:00
 場 所:島田市民総合施設プラザおおるり 第3多目的室
     (住所:静岡県島田市中央町5−1)
 議 事:リニア中央新幹線静岡工区について
 出席者:<流域市町>
     中野焼津市長・塚本掛川市上下水道部長・北村藤枝市長 
     鈴木袋井市副市長・裄V御前崎市長・長谷川菊川市長・杉本牧之原市長
     田村吉田町長・鈴木川根本町長・染谷島田市長
     <国土交通省>
     上原鉄道局長・江口技術審議官(鉄道)・嘉村中部運輸局長
 主 催:国土交通省
◇ 2021.03.15 説明資料「もっと分かりやすく」 流域10市町長、国交省と意見交換【大井川とリニア】(2021年03月15日 静岡新聞)
 国土交通省は14日、リニア中央新幹線南アルプストンネル工事に伴う大井川流量減少問題に関する流域10市町の首長らとの意見交換会を島田市で開いた。同省の働き掛けによる会合は2回目で、いずれも非公開。2月末に開かれた第9回国交省専門家会議を踏まえ進捗(しんちょく)状況の説明が行われたが、市町側は「もっと分かりやすい説明資料が必要」と指摘、「会合は着工についての地元理解を得る場ではない」とも強調した。
 国交省鉄道局の上原淳局長と江口秀二技術審議官、流域市町からは島田、藤枝、牧之原の3市長と吉田町長がそれぞれ終了後の取材に応じた。上原局長は「専門家会議で中立的に議論していることを、きちんと説明する場」と会合の趣旨を説明した一方、市町側は座長コメントの解説など国交省が用意した文書について「地元の人が理解できるような言葉に置き換えてもらいたい。今のままでは地元に説明できない」などと改善を求めた。
 専門家会議は次回会合でこれまでの議論の取りまとめが予定されているが、染谷絹代島田市長は「不確実性が伴う中でどれだけリスク回避ができるのか、議論はこれから。まだまだ続くと思っている」と述べた。
【中間省略、末尾のみ引用します】
 意見交換会では市町側から「専門家会議終了後も国がJR東海への指導の継続を」「新型コロナ感染症の影響を踏まえてリニアの採算性を見直す必要がある」などの意見も出たという。
国土交通省が提唱して開催した大井川流域自治体首長との会合は今回が2回目になるようです。
 リニア中央新幹線建設に関する流域市町首長と国土交通省との意見交換会について(令和3年2月17日 国土交通省)
過去の状況やこの話合いに関する報告などを各自治体がどのように地域の人々に伝えているか、それぞれの自治体議会ではどのような質疑応答がなされたか・・・色々と確認したいことは多いです。
コロナ禍が一段落したらリニア中央新幹線事業については改めて各地の情報を確認していく予定です。マスメディア情報だけで判断する事を私は避けたい、それは新型コロナウイルス問題でも同じです。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 22:51| Comment(0) | 静岡県

2020年12月24日

静岡県知事川勝平太氏はJR東海に事業凍結促す(報道記録)

◇ 2020.12.24 JRに事業凍結促す 知事、国有識者会議も批判 /静岡(毎日新聞 2020年12月24日 地方版 会員限定有料記事)
 未着工のリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、川勝平太知事は23日の定例記者会見で、国土交通省の有識者会議が結論を出し、地元住民の理解が得られるまで事業を凍結するようにJR東海に促した。有識者会議についても「運営に問題がある」と批判した。
 川勝知事は「有識者会議で(県が求める)47項目を全て議論して県の専門部会に持ち帰り、住民が納得して、初めて工事ができる」と説明。「有識者会議を重視してJRが事業を凍結すると表明すれば、識者も科…
【有料記事ですので、読者のログイン無く読めるのは此処までです。】
 川勝知事は「有識者会議で(県が求める)47項目を全て議論して県の専門部会に持ち帰り、住民が納得して、初めて工事ができる」と説明。「有識者会議を重視してJRが事業を凍結すると表明すれば、識者も科学的議論に集中できる。我々も安心感が高まる。凍結は中止ではない」と述べた。
 座長談話に対しても「誠に問題だ。『印象操作』『結論ありき』と極めて厳しい意見がある。国交省は反省しなくてはならない」と指摘。「有識者会議はJRのための会議ではない。中立公正の意味をもう一度、考えてほしい」と語った。12月の第7回有識者会議後に出た座長談話は条件付きでJR東海の「湧水全量戻し」の計画を認めているが、「詭弁だ」と反発した。  また、2021年の知事選に立候補するかを問われたが、「今は新型コロナの真っ最中。争っている場合ではない。危機を脱しなくてはならない。平常と同じことをすべきではない。数カ月前だから表明するという理屈は成り立たない」と答えた。【山田英之】
静岡県知事 記者会見、2020年12月23日の定例記者会見は、このページに掲載されます。記者質問と知事答弁もそのまま掲載されるのが常です。
◇ 2020.12.24 リニア 川勝知事「南ア工事凍結表明を」(2020年12月24日 05時00分 (12月24日 11時36分更新) 中日新聞)
 リニア中央新幹線の南アルプストンネル(静岡市葵区)工事を巡り、静岡県の川勝平太知事は二十三日の定例会見で、国土交通省の有識者会議の議論が深まっているとは言えないとして、議論を客観的に進めてもらうため「JR東海が本体工事を凍結すると表明するべきだ」との考えを示した。
 しかし、JR東海の金子慎社長は同日の定例会見で、有識者会議は「水問題の議論が相当進捗(しんちょく)している」として会議で一定の結論が出れば早期開業を目指す考えを明らかにし、川勝知事と違った認識を示した。
【中略】
 川勝知事は、過去七回の有識者会議では生態系への影響などの課題が残っており「議論が深まっているとは到底言えない」と強調。「JR東海が本体工事を凍結すると表明すれば、(有識者会議は)安心して科学的議論に集中できる」と主張した。
 「凍結」の意味を問われると「有識者会議で結論が出て、地元の理解を得るまで実質工事はできない、とJRが公式に言うことが凍結だ」と説明した。
 一方、金子社長は、リニアの静岡工区着工に向けた作業基地整備を川勝知事が認めなかったことに触れ「静岡工区は工事が進捗していないが、(他の工区は)着実に進めた」と話した。「(有識者会議の)めどがたった上で(静岡県に)工事開始を求めれば、開業時期の確たる話ができると思う」と見通した。 (大杉はるか、牧野新)
JR東海・ニュースリリース のページはありますが、これまでリニア中央新幹線事業に関して地域行政や国民から提示されている問題について話が出た社長記者会見の内容がJR東海サイトに掲載されたのを私は見たことがありません。私はメディア報道で知るのみです。
新型コロナウイルス君達もただ黙々と全世界を侵略しているだけです。新型コロナウイルス同様に恐ろしいリニアウィルス蔓延の様相かなとも思う今日この頃です。
◇ 2020.12.24 リニア「JR東海は工事の凍結を宣言すべきだ」(宮川純一 2020年12月24日 11時00分 朝日新聞)
 【静岡】リニア中央新幹線の静岡工区を巡る問題で、川勝平太知事は23日、「JR東海が工事を凍結すると表明すれば安心感が高まる」と述べた。4月に始まった国土交通省の有識者会議についても「環境影響に関する議論が深まっているとは到底言えない」と総括し、同省や同社を牽制(けんせい)。対立は越年する見通しとなった。
【中略】
 同日の定例会見で語った。有識者会議に関し、「約束した全面公開をしていない」「座長コメントが会議全体の中身を反映していない」とこれまでの見解を繰り返した。そのうえで流域や県議会から「(座長コメントなどは)印象操作、結論ありき、不信の塊との声が寄せられている」と紹介。国交省の運営を批判した。
 また、「有識者会議はJR東海のための委員会ではない。(国民の安全を最優先にする)原子力規制委員会が原発を動かすためにやっているものではないのと同じだ」と苦言を呈し、「来年から改めてほしい」と述べた。一方で、「1滴の水も漏らさず、生態系に全く影響がないなどと住民に説明できれば、その日から工事ができる」とした。
 品川―名古屋間の2027年開業に向けて、金子慎社長と会談した6月から半年になることを踏まえ、「品川―名古屋は部分開通に過ぎない。大阪までの開業を2037年にどう間に合わせるかが重要」と述べた。(宮川純一)
posted by ict工夫 at 22:33| 静岡県

2020年10月30日

国交省有識者会議で大井川流量維持の議論(報道記録)

◇ 2020.10.29 河川流量維持議論本格化へ 国交省・有識者会議(2020年10月29日 05時00 中日新聞)
 リニア中央新幹線の南アルプストンネル(静岡市葵区)工事を巡り、(2020年10月)27日に開かれた国土交通省の有識者会議第6回会合では、大井川上流でのトンネル掘削が中下流域の地下水量に与える影響について、「極めて小さい」という方向性が確認された。ただ、河川流量の維持が前提で、次回以降の焦点となる。 (大杉はるか、牧野新)
 JR東海は上流域と、中下流域の地下水などの成分分析結果を公表。大きな差が出たことなどを根拠に、「中下流域の地下水の主な源は大井川の表流水と付近の降雨と考えられ、河川流量を減少させなければ影響は極めて小さい」とした。
 会議はJRの見解に一定の理解を示し、影響が小さいことが「科学的・工学的な見地から確認された」との座長(福岡捷二中央大研究開発機構教授)コメントを発表。ただ、委員からは、川の表流水と地下水との関係を含め、上流と中下流のつながりを指摘する声も多く出された。一部報道が伝えた大井川直下の湧水に関するJR東海の調査資料も提出された。
 今後は、河川流量が維持されるのかの議論が本格化する。JRは県境付近のトンネル掘削で一定期間、山梨県側に湧水が流出することを認めており、流出量の新たな推定値が次回会議で示される予定だ。県は流出を認めない方針で、県担当職員は「これからが正念場」と話す。
以下、有識者会議での各委員の意見内容が紹介されていますが引用は略します。
国土交通省は 交通政策審議会 > 陸上交通分科会 > 鉄道部会 > 中央新幹線小委員会 で長年の審議に基づき大臣が認可したリニア中央新幹線事業について再検討する立場には無いと私は思っています。事業内容について検討・審議をするなら独立組織が、例えば日本学術会議に委託して特別委員会を構成し検討するとか、国民が納得できる方法が望ましいと思います。 私はコロナ禍問題の確認を続けているので国土交通省有識者会議の審議状況も曖昧なのですが、国土交通省が乗り出して来た時から彼等の審議で問題解決はあり得ないと考えています。まるで太平洋戦争の戦犯を日本軍の軍法会議で裁くようなものでしょう。
◆有識者会議 主な議論 ◆地下水への影響  森下祐一・静岡大客員教授(地球環境科学)  JR東海が行ったトンネル掘削の影響を推定する解析方法の精度に対し、「問題があり、不確かさがかなりあるはず」と不満を漏らした。トンネル工事によって地下水位が下がる範囲が大井川上流の椹島(さわらじま)付近で収まっているとするJRの報告に対し、「言い切ることが可能なのだろうか」と問題提起した。  沖大幹・東京大教授(水文学、水資源工学)  掘削の地下水への影響についてJRと静岡市が異なる条件で調べた解析結果を踏まえ、「南に行くにつれ、(地下水量への)影響が小さくなるという結論を得ても良い」と述べた。  大東憲二・大同大教授(環境地盤工学)  静岡市とJRの解析方法の目的の違いを指摘した上で「静岡市の解析を今後、生態系の評価でうまく活用してほしい」と注文した。  徳永朋祥・東京大教授(地下水学、地圏環境学)  水が川や海、地下、雨などさまざまな状態でつながる水循環の考えに基づき、「中下流域の地下水がどこから来ているかを考えると、水循環的には上流域で地下に行き、下流では、河川水に出る場合がある」とし、上流と中下流域の地下水の連動について示した。  福岡座長(河川工学、水災害工学)  議論を取りまとめ、「今の中下流域に与えるトンネル工事の影響に対し、一つの重要な知見を提供したと思う」と指摘。中下流の利水者らに分かりやすく説明するため、JRに対し、(大井川周辺の)水循環の概念図を作成するよう指示した。  ◆大井川直下の湧水懸念  丸井敦尚・産業技術総合研究所地質調査総合センタープロジェクトリーダー(地下水学)  「大量湧水の懸念がある」と記載されている資料に対し、JRは本坑トンネルと大井川の交差部(大井川直下)で実施したボーリング調査の結果を根拠に「大量湧水の可能性は少ない」と説明。丸井委員はボーリングの調査方法を尋ねた。  徳永委員  JRのボーリング調査結果を踏まえ、「亀裂が連続する所でしばしば湧水が発生する。断層だけ見ておけばいいというかたちに偏り過ぎないよう留意を」と呼び掛けた。 ◆副知事 一問一答  有識者会議にアドバイザーとして出席した難波喬司副知事は会議後に会見し、中下流の地下水への影響について、県民への分かりやすい説明や、さらなる議論が必要との認識を示した。一問一答は以下の通り。  中下流域への影響は少ないと一致した。  精緻な議論がされ、分かりやすかった。科学者が精緻な議論するのは大事だが、そのままでは県民には理解されないので、概念図のようなものがあれば県民に説明できる。  国・有識者会議の議論が分からないとなれば受け入れないか。  科学的根拠に基づき精緻な論理展開がされているか。科学者がみてふに落ちるかが一つ。県・専門家会議には専門家がいるので分かるが求められているのは県民に分かってもらうこと。  今後の課題は。  全量が戻されれば影響は極めて小さいと結論が出た。懸念している、全量の戻し方、一部戻されない期間が残っている。中下流域の水影響が極めて小さいと明らかになったわけではない。  一部報道機関が伝えた非公開資料が示された。  公開が実現したので良いと思っている。十分な情報公開がされていない懸念は残る。
posted by ict工夫 at 04:23| Comment(0) | 静岡県